英語学習

海外の人と会議をすることになったら…! とっさに使いたい英語の一言/西東たまき

毎回特定のシチュエーションをピックアップし、いつもの英語に加えてみたい表現と、その使い方例をご紹介していきます。今回は、海外の人との会議で使いたい一言についてご紹介。

はじめまして! 西東たまきと申します。

毎回1つのシチュエーションをピックアップし、いつもの英語に加えてみたい表現と、その使い方例をご紹介していきます。初回は「海外の人との会議で使いたい一言」です。

会議で意見を述べる前のポイント

会議を活発にするには、場の雰囲気作りに貢献することも大切です。

進行役を務めるときも一般参加者として加わる場合も会議で最初に自分の口を開くときは、まず一言挨拶を挟んでから発言しましょう。

●Good morning everybody.
●Hi everyone.

初めて会う参加者がいるときは、上記に加えて自己紹介も添えるとスムーズに運びます。

●I'm 〇〇 and I'm the manager of the development department of our Nagoya branch.
(私は名古屋支社開発部課長の〇〇と申します。)

フォーマルに響く“I am”の代わりにあえて“I'm”と省略形を使うことで、親しみやすくリラックスした雰囲気を出します。

進行役から意見を述べる機会を与えられたときは、発言に入る前に“Thank you Mr 〇〇/Ms 〇〇/Chair”の一言を挟むと余裕を感じさせますよ。“chair/chairperson”は「議長、進行役」のことです。

意見を述べた後のポイント

意見を述べた後は次のようなフレーズを使うと参加者の反応を促すことができます。

●(Do you have) any questions / comments?
(何かご質問/ご意見はありますか?)
●What do you think?
(どう思われますか?)
●Would you like to add anything?
(何か付け足すことはありますか?)

そして、最後は定番フレーズで明快に締めくくりましょう。

●Then, that's it from me. Thank you.
(それでは、私からは以上です。)

使ってみたい英語フレーズ

発言時の基本マナーが分かったところで、シンプルながら便利な表現をいくつかご紹介します。

【I got your point.(あなたの言いたいポイントは分かりました)】

「分かりました」というときによく使うのは、“I understand”や“I see”などのフレーズ。しかし、ここで挙げたフレーズは「あなたの論旨を把握しました」というニュアンスを強調したいときに使います。賛成も反対も示さないニュートラルな表現です。“point”という単語を活かして様々なフレーズにアレンジ可能です。

●I don't get your point.
(あなたの言いたいことが分かりません。)
●What's your point?
(あなたの言いたいことは何ですか?)
●You are missing the point.
(あなたの論点は、ずれています。)
●My point is~
(私の発言の主旨は~)

【It's worth ~ing(~する価値がありますね)】

“worth+~ing”の組み合わせで「~する価値がある」です。提案や計画などに対し前向きな姿勢を示すことができます。

●It's worth re-examining.
(再検討する価値がありますね。)
●I thought it was worth risking my carrier .
(自分のキャリアを賭ける価値があると思ったのです。)

否定形にすれば「~する価値はない」になります。

●It's not worth spending our time.
(我々の時間を割くほどの価値はないでしょう。)
●It wasn't worth doing.
(やってみる価値はなかった。)

【Based on ~ (~を基にすると)】
資料や想定などをたたき台にして話を進めるときに便利な表現です。

●Based on your assumptions,
(あなたの想定を基にすると)
●Based on these figures,
(これらの数値を基にすると)
●Based on the latest information,
(最新の情報を基にすると)
●Based on the fact,
(事実を基にすると)
●Based on the performance of the past three months,
(過去3か月の実績を基にすると)

【last but not least(最後ではありますが)】
論点を明確にするため、「まずは」「次に」といった具合で要点を挙げることがありますよね。英語では次のように進めていきます。

●Firstly,
(まずは、最初は)
●Secondly,
(2つ目は)
●Next,
(次に)
●Lastly / Finally,
(最後に)

そして、ここでもう一つ手持ちのフレーズに加えてみたいのが“last but not least”です。「最後になってしまったが、決して些末なことではなく同じように重要事項」であることを強調して述べるフレーズです。

●Last but not least, we’d like to appreciate your ceaseless support.
(最後になりましたが、あなたの絶え間ないご支援に感謝申し上げます。)

【So / Well / Then(間を埋める言葉)】
発言の間をつなぐ言葉も覚えておくと助かるものです。あまり使い過ぎると耳障りになりますが、上手に使えば活き活きした印象を作り、テンポよく進めるのに役立ちますよ。

【Well(では/そうですね)】
話を切り出したり、仕切り直すときの合図のような働きをします。

●Well, can I start?
(では、話始めてよろしいですか?)
●Well, I think it's done.
(さて、もうこれで良いでしょう。)

言葉に詰まった時にも下記のように使えます。

●Well…that's a problem.
(そうですね…それは問題ですね。)

【Then(それなら/そういうことであれば)】
普段は“See you then(ではその際に)”“Alright then(そういうことなら)”などのように使うことが多い単語ですね。間投詞的に使うと、相手の意見や状況を受けて発言を転換するのに使えます。

●Then, it will depends on the circumstance.
(それなら、状況によって変わってきますね。)
●Then, I don't think I can agree.
(そういうことなら賛成しかねます。)

【So(なので/それでは)】
結論に向けて話を導くのに使います。

●So, that’s how I came to question about that.
(そういう訳で、それに関して私は疑問を持ったわけです。)

“So?”と疑問形にすると、「で、それで?」と人の話を促す表現になります。疑問形で使うときは、相手の発言を導き出すよう穏やかな口調で言ってください。言い方次第では攻撃的にも聞こえてしまいます。

複数の意味がある英語表現は、気持ちの込め方で使い分けるのがポイントです。

Glossary-使える英単語


ちょっと違いを出せる便利な単語を、ピックアップしてご紹介します。是非、あなたの単語帳に加えてください。

■alternative(代わりの)

●Any alternative idea?
(代わりの意見はありませんか?)

■constructive(建設的な、前向きな)

●Any constructive criticism is welcome.
(前向きな批判は歓迎します。)

■productive(生産的な、収穫のある)

●Today's meeting was very productive.
(今日の会議はとても有意義でした。)

以上、英語で会議をするときに使ってみたいフレーズを挙げました。

いつものボキャブラリーに取り入れてみてくださいね!


西東 たまき

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】西東 たまき(さいとう・たまき)
貿易実務や国際機関海外事務所勤務等を経て、現在は日本語および英語で記事を執筆するフリーランスライター。実用英語、海外生活・文化に関する記事を中心に、既存のアフリカ情報とは異なる視線からの東アフリカ・タンザニアの様子なども様々なブログやコラムで紹介している。

公式フェイスブックページはこちら

あなたへのオススメ記事

  • リスニング力を伸ばしたい人向け! レベル別オススメ書籍と効果的な使い方/谷口恵子
  • 「海外留学」に向いている会社員、向いていない会社員の差って何?/藤沢篤
  • 海外の人と初対面のご挨拶することになったら……! とっさに使いたい英語の一言/西東たまき
  • 英語初心者も! ちょい足しで差をつける定番の「はじめまして」/多岐川恵理
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

英語学習の人気記事ランキング

  • 英語は江戸っ子気質!? 核心から率直に伝える英語の語順/忘れない中学英語(7)

  • アップから引き画に…英語の語順は映画のカメラワークで理解/忘れない中学英語(8)

  • 新しい「見方」で忘れない! 現在完了形のタブーと好相性表現/忘れない中学英語(6)

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る