英語学習

「海外留学」に向いている会社員、向いていない会社員の差って何?/藤沢篤

注目が高まる語学留学ですが、じつは会社員であっても、留学に向いている人とそうではない人がいます。「ふじさわブログ」を運営する人気ブロガーの藤沢篤さんが、留学をオススメする会社員の特徴を紹介していきます。

英語力。

これからの時代、英語力を「全く必要がない」と切り捨てるのは難しいでしょう。

いまや、国内にいようが海外にいようが、英語力の必要性は高まっています。

現在進行形で必要性は高まり続けており、さらに10年、20年後の自分のキャリアと世界の変化を考えると、日本も世界もどうなっているかはわかりませんが「英語を話せた方が人生の選択肢が広がる」という点においては誰しもが首を縦に振ることでしょう。

では、語学力を高めたい会社員がとるべき行動とは、なんでしょう?

英語力を高めるための方法はたくさんありますが、この記事では、「留学は、ありか、なしか?」ということについて書いていきます。

そして、留学をオススメする会社員と、留学をオススメしない会社員について紹介していきます。

海外留学の種類・期間

一言で「語学留学」と言っても、様々な国、期間が存在します。

この記事を書いている僕は、フィリピン留学に2回、1ヶ月ずつ行きました。

フィリピンはとてもメジャーな英語留学の国ですが、その他にもオーストラリア、カナダ、あるいはスペインのマルタ島などが英語留学先としては人気です。

そしてその期間も、1週間などの短いものから、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年など、自分で決めることができます。

では、そのような様々な留学が向いている会社員と向いてない会社員の特徴とはなんでしょう?

留学をオススメする会社員の2つの特徴

では、留学をオススメする会社員の特徴を紹介していきましょう。

【数ヶ月の休暇、休憩期間がある】

いわずもがなですが、海外留学をするためには、まとまった期間が必要です。一週間や二週間の短期でも留学は可能ですが、その程度の期間では、とても「英語力が上がった」と実感できるほどの成果は上がりません。

本当に英語力をアップさせたいのであれば、2ヶ月〜半年くらいの期間は確保する必要があります。
それほどの休暇をもらえる日本の会社はほとんどありませんから、「仕事を辞める」あるいは「転職期間中」に留学にいく必要があります。

それだけの休暇や、休憩の時間がとれるようであれば、次の理由もあり、ぜひ海外留学はオススメします。

【いろいろな文化、価値観に触れてみたいと思っている】

新卒から会社に入って以来、ずっと同じ会社に勤め続けていて「自分の世界を広げたい」と思っている方は多いです。

世の中には、様々な価値観、職業、文化が存在するのに、自分はひとつの会社だけで閉じこもっていると感じているのであれば、海外留学はオススメです。

海外留学に行って現地の文化に触れることで、日本や日本の文化を客観的に見ることができます。そして留学先で出会う日本人も、今までに出会ったことのない異業種、異文化の人と出会うことが多いでしょう。

海外留学はもちろん「勉強」のためにいくものですが、異文化に触れるという意味では「旅」に近いので、多くの異質なものに触れて、自分の価値観を広げたいと思っている方にはオススメです。

留学をオススメしない会社員の2つの特徴

海外留学は、どんなひとにでもオススメできるものではありません。
ここで「海外留学をオススメしない会社員」の特徴を書いていきます。

【特徴1・スキマ時間で学習しようと思っている(仕事を続けながら学習する予定である)】
普通に会社に通いながらでも、英語を勉強するための時間は確保できます。少し早起きするとか、行き帰りの電車の中。寝る前の30分。土日のうちどちらかスクールに通うこともできるでしょう。

海外留学に行くことは、一見すると勉強に集中できるように感じますが、実際にはバカンスやレクリエーション、新しい友人との出会いもあり、実際に勉強に集中できるのは1日3〜6時間が普通です。

1日3時間程度であれば、今まで通りの仕事をしながらでも捻出できなくはありません。

このように「スキマ時間」で学習しようと思っている方は、海外留学する必要はありません。

【特徴2・自分の進みたい方向性、分野が確立されている。】

もしもあなたが、「これから英語を使ってこういうことをしたい」という気持ちがハッキリ固まっていて、そのために海外にいく必要がないのであれば、国内でその準備をする方が適切です。

海外にいては、今後の人生のための地盤づくりのための活動は難しくなります。日本語の本を手に入れるのも一苦労ですし、会いたいひとにもなかなか会えないし、インターネット環境が整っているとも限りません。

このように、自分が英語を身につけた後に進みたい方向性が決まっているのであれば、国内で自力で勉強しつつ、その分野の準備をすることをオススメします。

逆に「これからなにをしていけばいいかわからない」という方は、海外留学に行き、異文化に触れ、異業種の友人を持つと良いでしょう。

そうでない、今後の方向性が決まっている方にとっては、海外留学は「雑音」が増える場でしかありません。

海外留学に行くべき会社員、行くべきでない会社員

このように、海外留学には語学力のアップだけでなく「異文化と、異業種の友人との出会い」がセットでついてきます。

「今後の生き方に悩んでいる」ような方にとって、それらは素晴らしい刺激になるので、積極的な海外留学をオススメします。

しかし「これから進みたい方向がほぼ決まっている」人にとって、海外という環境は不便になり、雑音が増えるので、国内でスキマ時間を活用しながら英語力を高める努力をするのがオススメです。

みなさんそれぞれにピッタリの英語力アップ方法が見つかるのを、応援しています!


藤沢 篤

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】藤沢篤(ふじさわ・あつし)
プロブロガー・アフィリエイター・作家。ブログからの収益で生活する「プロブロガー」になって5年目。IT分野、英語関連、旅、働き方、恋愛、ダイエットなど様々な分野の記事を執筆する。ブログと並行して複数のアフィリエイトサイトを運営し、マルチな収入源を持つ。
2016年には電子書籍分野にも参入し、その著作は15冊を超えている。フリーランスとして独立したい人をサポートする講座「田舎フリーランス養成講座」の講師を勤める。また、半年の海外バックパッカー旅を複数回行い、マニラとセブ、それぞれの語学学校への留学経験がある。

■ブログ:ふじさわブログ

【書籍紹介】
『勝手にコミットしろ。糖質制限フジザップ』

あなたへのオススメ記事

  • 英語を学習する人が知っておきたい、英語学習のウソ・ホント/ヒロ前田
  • 海外の人と会議をすることになったら…! とっさに使いたい英語の一言/西東たまき
  • 青い海、魅惑的なナイトライフ…フィリピン語学留学の体験者が語る「誘惑に負けない英語上達法」/藤沢篤
  • 「暑い」にもいろいろある!/Akaneの365日英会話フレーズ
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

英語学習の人気記事ランキング

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

  • 3ヶ月で東大合格! どんな試験でも使える英語勉強方法とは?/東大「ずる勉」(1)

  • 外国人に書類のミスや不備をやんわり指摘する英語フレーズ/西東たまき

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る