英語学習

大人の英語学習は「頑張らない」が基本!/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

大人になってからの英語学習は、暗記科目ではないということを心に留めておくことが大切。「イングリッシュ・ドクター」西澤ロイさんに、英語学習を続けるために心構えを教えてもらいました。

英語学習を「頑張るべきもの」だと思っていませんか?

英語は頑張るべきもの。頑張って英単語を覚えたり、文法を覚えたりしないといけない……そんなふうに思っていませんか? 今回はこの誤解を解消していきましょう。

学生時代に受けた英語の授業をちょっと思い返してみてください。まず、Lessonが進むごとに新たな英単語が登場し、それらを暗記させられませんでしたか?

文法に関しても、be動詞、代名詞、疑問文、否定文、三単現のs、現在進行形、助動詞、過去形……などのように次々に新たな項目が登場し、やはり暗記になりがちです。

そして、定期試験や受験などのために、英単語や文法をひたすらに覚え、問題を解きまくる――。それが学校で求められた英語力であり、結果として英語は「暗記を頑張らないといけない科目」として刷り込まれてしまっています。

これ以上の「暗記」はNG!

しかし、大人になって英語を学びなおそうと思った時に、「英語は頑張るべきものだ」という認識のままでいると非常に危険です。

ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、学生の時に求められたのは、ボキャブラリーや英文法などの「知識を叩き込む」ことでした。しかし、大人になって求められるのは、英語をうまく使って「目的を達成する」ことであり、必要となる英語スキルが大きく異なります。

ですが、過去の思い込みに引きずられて、以下のような英語学習を行なってしまう人が後を絶ちません。

・英会話で使える(らしい)単語やフレーズ、英文などをたくさん覚えようとする。
・英文法に関する書籍を買ってきて、1冊を完璧に仕上げようとする。

暗記型の英語学習は長続きしません。ですから挫折してしまう人が多いのですが、さらに「自分の努力が足りないんだ」とか「自分には英語は向いていない」などと、誤解に拍車をかけてしまいやすいのでご注意ください。

「頑張らない」英語の学び方とは?

物事には「量」と「質」という2つの側面がありますよね。「頑張って英語を覚えよう」とすると、無意識のうちに、知識を増やすという「量」に偏りがちです。

しかし、学生時代の努力によって、英語に関する基礎的な知識は(本人は忘れていると思っていても)既にある程度身についています。それをうまく生かせるようになる――、つまり「質」を高めることの方が重要なのです。

既に持っている知識の質を高めるためには、2つの方法があります。

①知識を見直す(英語感覚を掴む)

1つ目は、既に持っている知識を見直すこと。日本語訳や日本語での解説を「暗記」をしていた事柄(単語や文法)について、「英語感覚」を基にした、より正しい理解に近づける、という意味です。

例えば、前置詞のonを昔は「~の上に」と習ったかもしれません。また「日付のon(例:on Friday)」「go onで"続く"」「turn on the lightで"明かりをつける"」など様々な用法がある、と個別に暗記していませんか?

基本的な単語(前置詞や動詞)には「コア(核)」と呼ばれるイメージが存在します。前置詞onのコアにあるのは「接触」という感覚です(このことは知っている方が多いかもしれません)。

さらに、そこから派生する様々な用法についても、感覚的に(「なんとなく」という意味ではなく「感覚に基づいて納得がゆく」形で)理解することが大切なのです。

先ほどのonの例ですと、例えば「turn on the light(明かりをつける)」は「接触」というイメージから「スイッチON」を意味することは想像に難くないでしょう。では「go on(続く)」や「日付のon(例:on Friday)」はいかがでしょうか?

まず「go on」は、電池式の電車のおもちゃをイメージしてください。「スイッチON」にしたら、ONの間ずっと「動き続ける」はずです。つまり、onは「続く」というイメージにも広がるのです。

「go on」は、電池式の電車のおもちゃのイメージ。
「go on」は、電池式の電車のおもちゃのイメージ。

また「日付のon」に関しては、カレンダーを思い浮かべるとよいでしょう。何らかの予定が「金曜日の上に乗っかっている」としたら、それは「on Friday」だと思えてくるのではないでしょうか。

「日付のon」は、カレンダーを思い浮かべる。
「日付のon」は、カレンダーを思い浮かべる。

「知識を見直す」ためには、コアイメージと個々の用法の両方を感覚的に掴むことが大切です。教材としては、暗記を強いる従来型のものではなく、英語感覚がつかめるように分かりやすく導いてくれるものを探すと良いでしょう。

②実際に使う
もう1つ、知識の質を高めるために重要なのは、実際に使ってみることです。

学生時代の「覚え方」は、実際の英語コミュニケーションでは役に立たないケースが多いでしょう。なぜならそれは、学校のテストを解くための手法だったからです。

-----
例:彼らは朝に、音楽を聞きます。
They listen (  ) music in the morning.
-----

上記のような穴埋め問題であれば、前置詞のtoを選べる人が多いでしょう。しかし、実際に自力で英語を使う際には、そもそもlistenを使うのか、それともhearを使うのかを選ばなくてはなりません。

つまり、実際に英語を使うことを想定すると、単語の学び方や理解の仕方を根本的に変える必要が出てきます。

listenとhearを使い分けられるためには、まずそれぞれの意味の違いを理解する必要があります。また、それぞれの使い方(動詞の後ろに何がくるのか/前置詞は何を使うのか)を知っておくことも重要です。

また、言いたいときにその言葉がパッと口から出てくるようにする必要もありますよね。そのためには、ただ「覚えよう」とするのではなく、実際に口から出すなどして、使ってみることも欠かせません。

まとめ:興味・好奇心を大切に

ここで「覚えることがたくさんあって大変そうだ」と思ってしまった人もいるかもしれません。ですが、英語は暗記科目ではないことを思い出してください。大切なのは、自分で「これを言いたい」「この単語を使えるようになりたい」という気持ちなのです。

頑張って知識を増やそうとしたところで、その知識は「使えるもの」にはなりません。頑張る必要はないのです。既に知っている知識がたくさんありますから、まずは英語で何かを言おうとしてみてください。その時にいろんな疑問が出てくるはずです。

・これは英語でどう言うのだろう?
・この単語はどうやって使うのだろう?
・この英文で合っているだろうか?

そういった疑問を1つひとつ解消していくことが重要ですから、誰かに質問したり、調べたりしてみてください。興味や好奇心に従って、または疑問を解消することを通じて、知識を1つひとつ見直していきましょう。そして「使える知識」を増やしていくことが上達への早道なのです。

「頑張らずに」英語が学べる参考教材

【知識を見直し、英語感覚を掴める書籍】
・『頑張らない英文法』&『頑張らない基礎英語』(あさ出版)
中学校で学ぶ英文法を「暗記」ではなく「納得」しながら学びなおせる二部作。第1弾の『~英文法』は5万部のベストセラーであり、続編となる『~基礎英語』は「時制」にフォーカスした内容となっています。

【英語を使いながら学べるやり直し英会話教材】
・「頑張らない英会話レッスン」
英語の知識を増やすのではなく、既に知っている知識を最大限に活用し、自信をもって英語が話せるようになるための2ヶ月間のオンライン英会話講座。「既に英語を話せる力が十分ある」ことに気づける約5時間分のレッスン動画が無料で見られます。

『頑張らない英文法』『頑張らない基礎英語』『頑張らない英会話フレーズ』
『頑張らない英文法』『頑張らない基礎英語』『頑張らない英会話フレーズ』

西澤 ロイ

【著者紹介】西澤ロイ(にしざわ・ろい)
イングリッシュ・ドクター®︎(英語の”お医者さん”)。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」をなおす専門家。TOEIC満点(990点)、英検4級。
著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破。
メディア出演多数。「めざせ!スキ度UP」の他、コミュニティFMにてレギュラー番組・コーナーを4本オンエア中。

■公式ウェブサイト:English Doctor

【書籍紹介】
◼️『頑張らない英文法』
◼️『頑張らない基礎英語』

【オンライン英会話講座】
◼️「頑張らない英会話レッスン」

StudyWalker「英語学習」カテゴリの記事を読む
カテゴリ:英語学習

関連記事

  • 日本人が大の苦手! 英語のRとLの音を区別するコツ/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 「pleaseをつければ丁寧になる」はウソ。英語における敬語の仕組みを知ろう!/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 英語を聞き流すは間違い? 会社員が実践したい英語の「正しい聴き方」/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 誰も教えてくれなかった! カタカナのマル秘活用法/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • NEW
    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

  • 地球の雑学クイズ

    地球の雑学クイズ

  • 中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

    中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく!  東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

    思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

  • 突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

    突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

英語学習の人気記事ランキング

  • 日米の「宗教」の捉え方はこんなに違う/アンちゃんの「世界観を知れば、英語はもっと面白い! 」

  • よく使うのによく間違う「look」と「see」と「watch」/この英語、どう違う?②

  • 「よろしくお願いします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「遠慮いたします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る