英語学習

英語学習が長く続くための心構え/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

英語学習が続かないとき、そこにはいくつかの原因があります。イングリッシュ・ドクターの異名をとる西澤ロイさんに、英語学習が続かなくなる主要な5つの原因について教えてもらいました。

英語学習が続かない5つの理由

英語学習に関して、私のところに相談にいらっしゃる方の中には、英語学習で何度も挫折を経験している人が少なくありません。

「やる気はあるが、どうも英語学習が続かない」
「上達が感じられないので、モチベーションが続かなかった」
「仕事が忙しくなって、時間が取れなくなってしまった」

そのようにして、英語学習が続かなくなってしまうのにはきちんと理由があります。その中でも特に大きな5つの原因とその解消法についてお伝えしたいと思います。

続かない理由1・英語への苦手意識

第一に挙げたいのが、英語への苦手意識です。日本人の約2人に1人が英語嫌いだと言われますが、「イヤ」という感情が英語学習の継続を妨げるのです。

人間関係に置き換えてみましょう。あなたは、嫌いな人と一緒に時間を過ごしたいですか?

きっと、答えはNOでしょう。人は、嫌いな人は無意識に避けたくなるものですし、一緒にいるとストレスを感じたりもするでしょう。英語が嫌いだと、英語に対して全く同じことが起こるのです。

英語嫌いを解消する方法については、【英語「嫌い」の人が英語「好き」に変わるキッカケはある?】 の記事をご覧ください。

続かない理由2・暗記

英語を暗記科目だと思っていると、挫折の可能性が高くなります。

私たち大人の脳は、暗記に向いておりません。理屈の通らないことは、記憶に残りづらい上、覚えようというやる気も出づらいものなのです。これは脳科学で分かっていることです。

また、頑張って覚えても、きちんと理解できていないことはうまく使えないでしょう。ですから、暗記型の英語学習では上達も感じづらくなります。

それに、せっかく覚えたことも、忘れてしまいやすいため、また何度も覚える……というイタチごっこになってしまいやすいのです。

反対に、納得することができたら、おもしろいと思えますし、もっと学びたいという気持ちが生まれます。きちんと理解できることで、上達にもつながりやすくなります。

暗記ではなく、納得しながら英語を学ぶ方法については、【大人の英語学習は「頑張らない」が基本!】の記事をご覧ください。

続かない理由3・頑張ってしまう

英語を「頑張って学ぶべきもの」だと思っている人も少なくありません。

苦手意識があったり、暗記を嫌だと内心思っていたり……などと、心の中に英語学習に対するブレーキがまず存在します。そうすると、前に進むためには余計にアクセルを踏む必要が出てきます。その結果、英語学習をいざ始めるときに“頑張って”しまうのです(“頑な”<かたくな>に引っ“張る”と書きます)。

しかし、英語学習というのは、山登りのようなものかもしれません(山の高さは、人それぞれの目標によりますが)。登山でいきなり走り出したらどうなるでしょうか? 確実に息が上がりますよね。

他にも、英語が話せるようになる希望が大きいことの裏返しで、ワクワクして、いきなり走り出してしまう人も少なくありません。いきなり高額な教材などを張り切って購入したり、スクールに申し込んだりしますが、やはりすぐに息切れを起こしてしまいます。

「頑張りたい」気持ちや、英語ができる未来にワクワクするのは素晴らしいことです。ただ、英語学習は山登り。ご自分のペースでのんびりと続けていきましょう。

続かない理由4・自分に厳しすぎる

挫折しやすいもう1つのタイプは、自分に対して厳しすぎる人です。あなたは、英語を頑張って学んでいる自分のことを褒めたり、よくやっているなと思ったりすることはありますか?

もし答えがNOならば、ちょっと厳しすぎるかもしれません。

「英語を6年もやってきたのに、まだこんなこともできないのか」「こんな簡単なことも分からないなんて…」などと思ってしまったことのある人は要注意です。

ぜひ、一体何のために自分に厳しくするのか、その目的を考えてみてください。

自分に厳しい人は、それがもうクセになってしまっているケースがほとんどです。しかし、そうやって自分に厳しくしても、実は良いことはほとんどありません。せっかくの「やる気」が失われる原因になってしまうからです。

いきなり上達を求めてしまう人が多いのですが、まずは「英語学習を続ける」ことを目指してみてください。さらに言えば、英語学習を「楽しむ」ことも加えると良いでしょう。

英語学習を楽しく続ける――。それができたら、確実に上達していきます。上達を焦る必要はありません。努力している自分のことをしっかりと“ねぎらい”つつ、英語学習を楽しんでください。

続かない理由5・英語が非日常のままである

最後に、重要な質問をしたいと思います。

英語はコミュニケーションの道具だと言われますが、あなたの日々の生活の中に英語が入り込んでいますか?

英語が続かない人は、英語を例えば「勉強に向かってするもの」や「気が向いた時に触れるもの」だと考えていることがよくあります。

しかしそれでは、英語は「非日常のもの」のままであり、触れるために努力が必要となってしまいます。

大切なのは、英語を日常に取り入れることです。少なくとも、普段の生活の一部として、英語を存在させる必要があるのです。

私たちは、母国語である日本語と一緒に生活をしています。日本語に触れたり、使ったりするためには、何の努力もいらないはずです。

英語も同じ言語なのです。生活をしていると英語の音声がふと聞こえてきたり、英語が自然と目に入ってきたり、もしくは、英語をしゃべってみたくなったりするような環境をぜひ作ってみてください。

まとめ

英語が挫折してしまう原因を解消していけば、自然と英語学習は続きます。いや、英語“学習”という呼び方さえ、ふさわしくないかもしれません。

英語は道具に過ぎません。車の運転に例えるならば、免許を取ったばかりの人が楽しく車を乗り回していたら、運転は上達していきますよね。

英語も同じことです。ぜひ日常的に、楽しく英語に触れ、そして、どんどん使ってみてください。それが自然にできるようになれば、もはや英語で挫折することはありません。

西澤ロイ

【著者紹介】西澤ロイ(にしざわ・ろい)
イングリッシュ・ドクター®︎(英語の”お医者さん”)。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」をなおす専門家。TOEIC満点(990点)、英検4級。
著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破。
メディア出演多数。「めざせ!スキ度UP」の他、コミュニティFMにてレギュラー番組・コーナーを4本オンエア中。

■公式ウェブサイト:English Doctor

StudyWalker「英語学習」カテゴリの記事を読む
カテゴリ:英語学習

関連記事

  • 日本人が大の苦手! 英語のRとLの音を区別するコツ/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 「pleaseをつければ丁寧になる」はウソ。英語における敬語の仕組みを知ろう!/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 英語学習が続かない理由はこれだった! 英語学習アプリを活用して英語学習をアップデート/英語キュレーター・セレン
  • 忙しい社会人のための「英語学習」成功の秘訣/英語キュレーター・セレン
  • NEW
    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

  • 地球の雑学クイズ

    地球の雑学クイズ

  • 中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

    中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく!  東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

    思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

  • 突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

    突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

英語学習の人気記事ランキング

  • 日米の「宗教」の捉え方はこんなに違う/アンちゃんの「世界観を知れば、英語はもっと面白い! 」

  • よく使うのによく間違う「look」と「see」と「watch」/この英語、どう違う?②

  • 「よろしくお願いします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「遠慮いたします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る