英語学習

リーディング力を伸ばしたい人向け! レベル別オススメ書籍と効果的な使い方/谷口恵子

学校や試験対策で英語学習をやってきた人ほど、読書向きではない英文の読み方が身に付いてしまっているものです。英語学習コーチの谷口恵子さんが、適切な読み方を身につけられる良書をご紹介します。

リスニングやスピーキングに比べると、英語のリーディングについてはそこまで苦手意識はない、という方が多いのではないでしょうか。

リーディングは自分のペースで進められますし、試験でなければ辞書で調べながら読むこともできます。また、学校で英語を学ぶときにも、色々な英文を読まされてきたので、読むことには慣れているという方も多いかもしれませんね。

でも実は、学校で、あるいは試験対策の英語学習をしっかりしてきた人ほど、読書向きではない英文の読み方が身に付いてしまっているものです。それは、一字一句を精読して、意味がわからないと前に進めないという読み方です。洋書を読むとき、雑誌やウェブサイトなどで長い英文を読むときには、この精読的な読み方では、スムーズにストレスなく読んでいくことができません。

これは、日本語の本を読むときも同じではないでしょうか。一字一句、意識的に理解をしながら読むのではなく、流れに乗って、次々に頭に浮かんでくる意味をつかみながら、読んでいきますよね。しかし、一度身に付いてしまった英語の読み方を変えていくには、少しトレーニングが必要です。

今回は、そのように流れに乗って英文を読めるようになりたい、大人のための3冊をご紹介します。

時間をかけて楽しみながら読めるようになりたい人はこちら

【『快読100万語!ペーパーバックへの道』(ちくま学芸文庫/ 酒井邦秀・著)】

本書で勧めている方法は「多読」と呼ばれる方法です。コツは、(1)辞書をひかない、(2)わからない語はとばす、(3)むずかしかったらすぐ投げ出して次の本に移る、の3つ。

英文和訳をしながら勉強として英語を読むくせを取り除き、楽しみながら読んでいくための方法が多読です。大量に読むことで、このくせを少しずつなくしていくのです。

辞書をひかないということは、わからない語をとばしてもだいたい意味が推測できて、内容を楽しめるような本である必要があります。そのために、やさしい本から始めて、無理なく読めるレベルの本をどんどん読んでいきます。具体的には、graded readersと言われるレベル別の洋書を使って、徐々にレベルアップしていくのですが、本書の中では、どういったgraded readersを選べばいいか、ステージごとに紹介されています。

少しずつ好きなものを読んでいくうちに、いつの間にか英語力が身に付いて、スラスラ読めるようになっていく。そんなふうにリーディング力を上げていきたい方は、ぜひ本書を読んで多読に挑戦してみましょう。

短期集中のトレーニングをして読めるようになりたい人はこちら

【『学校では教えてくれない! 1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング』(プチ・レトル/谷口恵子・著)】

多読にも興味があるけれど、できれば短期間で読める力を身に付けたい、という方にはこちら。

本書では、1日30分×1ヶ月の速読トレーニング、記憶の仕組みを利用して楽しく効率よく単語が覚えられるブレイン・ボキャビル、単語を調べながらでもスムーズに洋書が読める電子書籍の活用の3つにより、「洋書を1冊読み切れる力」を短期集中で身に付ける方法をご紹介しています。


速読トレーニングをすることで、英文の読み方が変わり、読むスピードが格段に上がります。そして、速読トレーニング+電子書籍活用リーディングで、大量の英文でも疲れることなく読み続ける読書体力が身に付いていきます。さらに、ブレイン・ボキャビルによる語彙力強化で、リーディングがどんどん楽になります。


「今日から使える1ヶ月分の速読トレーニング教材」と、「洋書を読むためにまず覚えるべき厳選1000単語リスト」も付いているので、本書を使ってすぐに速読トレーニングとボキャビルを開始することができます。自分の好きな洋書を使って速読トレーニングをするのもお勧めです。

ぜひ本書を活用して、日々の情報収集や趣味の読書に活用できる本物の英語リーディング力を身に付けましょう。


早く洋書を読み始めたい人は?

【『どうすれば日本人は英語を話せるようになるのか!?』(IBCパブリッシング/アンドリュー・ロビンス・著)】

ある程度リーディング力には自信があるし、和訳しながら読むくせもついていない、という方は、どんどん洋書を読んでいくことで、さらにリーディング力が上がっていきます。しかし、単語力に不安があったり、やはり意味がわからない文があると気持ちが悪くて前に進めない、という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、日英対訳本がお勧めです。もちろん、本物の洋書を読みながら、その翻訳本を同時並行で読んでいくのもいいのですが、2冊持ち歩くのは大変ですし、翻訳本は読みやすくするために、訳が大きく変わっていることも多いものです。そこで、英語と日本語が左右ページに分かれて書かれているような対訳本を使うと、わからなかったときに内容を日本語訳で確認しながら読み進めることができます。

IBCパブリッシングからは日英対訳本が色々出ていますが、この一冊は内容も英語学習者向けで、役立ちます。本物の洋書リーディングに進む前の最後の練習としておすすめの一冊です。日本語も変に意訳されておらず、英語に該当する部分がわかりやすくなっています。英語のリーディング力を伸ばしたい人は、まずは右ページの英語を読んで、わからなかった部分は左ページの日本語訳を確認するという読み方で読んでみましょう。

◇ ◇ ◇

以上、英語のリーディング力を効果的に伸ばすための3冊をご紹介しました。英語力全般を上げるためのインプット方法としても、リーディングは重要です。読めば読むほど英語力が上がる、そしてさらに読みたくなる、そんなサイクルに入っていけるといいですね。


谷口 恵子

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】谷口 恵子(たにぐち・けいこ)
英語学習コーチ。TOEIC ・TOEFLリスニング満点。通訳案内士試験合格(2014年度)。日本オラクル、ソニーに勤務後、2013年英語学習コーチとして起業。楽しく効果的なセルフトレーニングで英語力を向上させる「タニケイ式英語学習法」を提案。忙しい社会人の英語学習をサポートするブログ「Enjoy Learning English」を運営。

【書籍紹介】
『快読100万語!ペーパーバックへの道』 (ちくま学芸文庫/ 酒井邦秀)
『学校では教えてくれない!1ヶ月で洋書が読めるタニケイ式英語リーディング)』(プチ・レトル/谷口恵子)
『どうすれば日本人は英語を話せるようになるのか! ?』(IBCパブリッシング/アンドリュー・ロビンス)

あなたへのオススメ記事

  • スピーキング力を伸ばしたい人向け! レベル別オススメ書籍と効果的な使い方/谷口恵子
  • 「あやふや読み」に要注意! 「読むだけ学習法」の重要ポイント/黒坂岳央
  • NEW
    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

英語学習の人気記事ランキング

  • 「英会話」と「カラオケ」、実は上達のコツが同じだった!

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

  • 【TOEIC】スコアアップの“極意”をTOEIC界最強の男と美女が伝授!

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る