英語学習

とっても簡単! 5秒で「質問」する極意/ITエンジニアの英語術

現場で必要になのは中学英語の知識ではなく、誰でも身につけられる「5秒でチャット」する技術! 『ITエンジニアの英語術 最強の教科書』(板垣政樹著)で、本当に必要な英語力を学びましょう。今回は第5回目です。

「聞きたいことがあるんだけど」――質問する

まず、チャット全般にあてはまる重要なコツは、とにかく短く伝えることです。「短い方がよい」ではなく、「短くなくてはいけない」と考えてください。短い英語しか使えないと思えば、難しいことを言うのはあきらめ、自然と伝えたいこともスリムになってきます。そこで、英語は常に「新聞の見出し」に収まるように話をしてください。最初の一文は最も重要なポイント1つに絞って表現。次の文は残った内容の中での最重要ポイントをまた1つ選ぶ。チャットのやりとりはこうやって短い発言を積み重ねていきます。見出しを探りながら話すことこそが5秒で話せる内容を見つける重要なコツなのです。

英語は新聞の見出しのように短く
英語は新聞の見出しのように短く

これをまず「質問する」というケースの中で考えてみましょう。たとえば、次のようなケースがあったとします。皆さんなら開口一番、どんな英語を使って会話をスタートさせますか?

【Case】
顧客からのデータを保護するためにデータを暗号化するモジュールを作らないといけません。同僚からあるオープンソースのコードを紹介してもらいましたが、使い方がいまひとつわかりません。

こんな状況でチャットをするとしたら、あなたはまず相手に対してどんな英語でスタートしますか? ごく自然に頭に浮かぶ日本語は次のようなものだと思います。

先週、紹介してくれた例の暗号化のAPIなんだけど、パラメーターがよくわからなくて、いくつか聞きたいことがあるんだけど。

日本語なら何気なくこう話を切り出すでしょうが、これをそのまま英語にしようとするのは完全NGです。仮に頭に浮かんだ日本語をそのまま英語にできたとしてもだめなのです。

チャットの例で考えていただくとわかると思うのですが、この文章を英語でタイプするのに5秒で済むでしょうか? 無理ですよね。

チャットの発言は常に5秒を目指します。そこで5秒で言える英語を見つけるために、「ここで言いたいことの見出しは何なのか」を考えてみてください。このチャットをスタートさせた最大の目的は「質問をすること」です。質問の内容はAPIやパラメーターのことなのですが、見出しに入るポイントは1つだけ。だとしたらストレートにこう言う他ありません。

I have a question.
(質問があります)

質問チャットは常にこの1点だけでスタートさせます。質問の状況や内容に惑わされることなく、まずはかんたんにチャットを始めることができます。

「そんな単純なこと、誰でもわかるよ」と思うかもしれませんが、このI have a question.の本当の重要性を理解していただきたいのです。質問がある場合、日本語ではふつう「すみません、質問してもよろしいですか?」と言います。

May I ask you a question?
(質問してもいいですか?)

ていねいなやりとりをしたいと思うとこう聞くのが適当なのですが、この質問にNoと答えることはほぼありません。そうであればこの質問で始めるのは全くのムダなのです。1秒でも速くやりとりを進めることを優先する現場ではこうしたムダなことはとことん排除していきます。

チャットのスタートはまずは一言、自分がなぜチャットを始めたかを開口一番でズバッと言ってください。質問パターンでは、「今すぐ何かが聞きたい」ということを相手に伝えるために、ストレートに「質問があります!」という一言で切り出すのです。

さて、I have a question.にはちょっとしたバリエーションがあります。上記のようにシンプルに聞く以外にも、「時間を取らせないのでちょっと質問に答えて」というニュアンスを入れたい場合は、次のようにも言えます。

I have a quick question.
(ちょっと質問があります)

これはもっと短く表現できます。

A quick question!
(ちょっと質問です! )

もし「~について質問があります」と言いたい場合でも、次のように短く済むのであれば、最初の一言で伝えてしまってもかまいません。

I have a question about+質問したいこと

たとえば、

I have a question about the planning.
(計画について質問があります)

A quick question about the web socket.
(ウェブソケットについてちょっと聞きたいんだけど)

しかし、「~について」の部分に複雑な表現を詰め込むのは問題です。

I have a question about the idea you suggested in the meeting about the bug report process…
(会議で提案したバグ報告プロセスについての考えで、質問があるのですが…)

この場合は「君の提案について質問がある」とだけ言えばよいのです。

I have a question about your suggestion.
(君の提案について質問があります)

実際の質問の中身には、その次に続く発言の中で触れれば問題ないので、最初に頭でっかちに「~についての」を言う必要は全くないのです。「でも、何の質問かわからないと相手も困るのでは」と思うかもしれませんが、チャットを受ける側にとっては、長々と最初の1文をタイプされるより、内容がはっきりしていなくてもまずは「質問がある」と教えてくれた方がずっとましです。

このようにチャットのトピックとしては質問をするケースがかなりの割合を占めているので、I have a question. で始めるパターンを理解するだけで、スタートでフリーズするようなことはかんたんに避けることができます。

質問があるときは I have a question.で始める
質問があるときは I have a question.で始める

(つづく)

著:板垣 政樹 / イラスト:2g(ニグラム)

【著者紹介】板垣 政樹(いたがき・まさき)
米国Microsoft社のAI部門にて、パーソナルアシスタント「コルタナ」の音声認識、言語認識データ並びに個人データ管理のプロジェクトを担当。これまで、音声認識モデルのツール開発やビッグデータのプラットフォーム開発など機械学習インフラに関連したプロジェクトに従事。著書に『ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30』(秀和システム)などがある。

【書籍紹介】『ITエンジニアの英語術 最強の教科書』(KADOKAWA)
中学英語の復習はいらない。必要なのは「5秒でチャットできる力」! 米国マイクロソフトでシニアプロジェクトマネージャーとして活躍する著者が教える、本当に必要な英語力を身につける方法。現場で必要になるのは膨大な「中学英語の知識」ではなく、誰にでもすぐ身につけられる「5秒でチャット」をする技術です。「5秒チャット」のテクニックを身につけるだけで、難しい単語、文法の暗記、発音の練習をすることなく、現場で必要な英語を最短ルートで身につけることができます。
カテゴリ:英語学習

関連記事

  • 面識のない人にも使える!「5秒チャット」で相談するコツ/ITエンジニアの英語術
  • とっても簡単! 5秒で「相談」する極意/ITエンジニアの英語術
  • とっても簡単! 5秒で「確認」する極意/ITエンジニアの英語術
  • とっても簡単! 5秒で「依頼」する極意/ITエンジニアの英語術
  • NEW
    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

  • 地球の雑学クイズ

    地球の雑学クイズ

  • 中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

    中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく!  東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

    思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

  • 突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

    突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

英語学習の人気記事ランキング

  • ゆるキャラ文化の源流を発見!/北欧女子オーサのニッポン再発見旅⑦

  • お金がなくてもいつも何とかなる知人/北欧女子オーサのニッポン再発見旅⑤

  • 「ととと」「こしか」…方言は難しい!/北欧女子オーサのニッポン再発見旅⑥

  • 日本人はビックリするほど人を信じている!/北欧女子オーサのニッポン再発見旅④

  • 「study」と「learn」の違いを説明できますか?/この英語、どう違う?①

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る