英語学習

誰も教えてくれなかった! カタカナのマル秘活用法/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

「英語を学ばないといけないが、苦手意識が強い」という人は少なくないでしょう。イングリッシュ・ドクターの私はそれを「エゴイヤ病」(英語、イヤー!という英語病)と呼んでおります。英語が苦手だと、例えば単語を覚えたり、文法を学んだり……ということに対してやる気が出ないものです。

そこで私がご提案したいのは、カタカナをうまく活用する方法です。「カタカナを活用する」と聞くと、多くの人が早合点して「カタカナ発音をする」「アルファベットではなくカタカナで表記する」ことを想像します。

初心者向けにそのような教え方をする人も中にはいますが、私がお伝えしたい活用法は、そうではありません。「カタカナ“で”学ぶ」のではありません。「カタカナ“から”学ぶ」のです。

日本人は既にたくさんの英語知識を持っている

多くの日本人が、次のように考えています。

「自分は英単語や表現を知らない。だから英語ができないんだ」と。

そのように考えて、ボキャブラリーを増やそうと、頑張って単語やフレーズなどの暗記をする人がいます。しかしその前に、私たちは既にたくさんの英単語を、カタカナを通じて知っているのです。

中学で学ぶ動詞を例にしましょう。makeであれば「メイクアップ(makeup-化粧)」「メークドラマ」、takeはスポーツでバットやラケットなどを振る際の「テークバック」。

もう少し難しい単語を出すならば、solve(解決する)は知らないと思う人が比較的多い単語ですが、その名詞形の「ソリューション(solution-解決、解決策)」はビジネスで頻繁に使われます。

カタカナ語の辞典がいろいろと発売されていますが、ポケットサイズのものであっても、たいていは2万語以上が載っています。本格的なものであれば5万語は下らないでしょう。

もちろん、私たちがそれらのカタカナを全て知っているわけではありませんし、それらが全て英単語に由来するわけでもありません。しかし大事なのは、私たちがカタカナとしてたくさんの英単語を既に知っているという事実です。その“貴重”な知識を生かさずに、「私は英単語を知らない」などと思ってしまうのは、極めてもったいないことなのです。

カタカナという入り口“から”入るべし

ちょっと想像してみてください。

英語を学ばなければならない時に、今まで知らなかった10個の英単語をリストで渡されて、「これらを覚えなさい」と言われたらどう感じますか?

きっと、やる気が湧かないという人が多いのではないでしょうか。さらに用法や例文などを説明されても、興味が持てなくても仕方のないことです。

しかし、既にカタカナとして知っている/聞いたことのある言葉が、例えば、

・アプリ(ケーション)-application
・メタボ-metabolism
・デフォルト-default

などのように並んでいた場合にはいかがでしょうか?

きっと、拒否反応は出づらいはずです。そして、これらの単語について「本当の意味はこうなんだ」とか「実はこういう使い方もできる」などと言われたらいかがでしょうか? 全く知らない英単語と比べたら、ずっと興味が持ちやすいと思いませんか。

なぜデフォルトが「初期設定」と「債務不履行」!?

カタカナ“から”学ぶ具体例として、「デフォルト(default)」という英単語を取り上げて解説します。

デフォルトという言葉は、コンピュータ用語として出合っていた人が多いのではないでしょうか。「デフォルト設定」などと言い、「初期設定」のことを指します。

しかし最近になって、金融用語としてもデフォルトという言葉を耳にするようになりましたね。財政破綻しそうな国に対して「デフォルトの危機」だと表現しますが、「債務不履行」「債務超過」という意味合いです。

日本人の感覚からすると「初期設定」と「債務不履行」は全く別物であり、なぜ同じ言葉が使われているのか、想像が難しいと思います。しかし、defaultの語源に、その謎を解くヒントが隠されているのです。

defaultは、「失敗」を表すfailureと関係があります。その動詞形failが持つ意味合いは「失敗する」ことだけでなく「実施しない」こと。つまり、defaultには「やるべきことをやらない」という感覚があるのです。

パソコンを使用する際には、様々な設定をすることが求められます。しかし、するべき設定を何もしなかった時に使われるのが「初期設定-the default (setting)」なのです。

例:I don't understand why the default setting is "on" rather than "off".
(どうして初期設定がOFFでなくONなのか理解ができません)

また、債券に対する支払いの義務を怠る――つまり、払うべきお金を支払わなければ「債務不履行」になりますよね。

例:What will happen if that country falls into default?
(もしあの国が債務不履行に陥ったら、何が起こるのでしょうか?)

ちなみに、スポーツにおいて「欠場」もdefaultと言います。予定されていた、出るべき試合に出ないことだからです。

例:Hakuho won by default over Osunaarashi.
(白鵬は、大砂嵐の休場により不戦勝となった)

0を1にするのではなく、1を2、3、4……と増やそう

知らない単語を覚えようとするのは、「0を1にする」ことであり、なかなかハードルが高いと言えます。それよりもずっと楽に行なえるのが、既にある「1を2、3、4……に増やす」こと――。

カタカナ語の知識は、私たち日本人の「英語学習における隠し財産」のようなものです。たくさん隠されていますからぜひ発掘し、ご活用いただけたらと思います。

なお、上記の例文は全て拙著『英語は、「カタカナ」から学びなさい!』より引用しました。この文庫本は、見開き2ページに1個のカタカナ語を掲載しており、読み物として楽しく読み進めるだけで英語の勉強になりますよ!

『英語はカタカナから学びなさい!』
『英語はカタカナから学びなさい!』

西澤 ロイ

【著者紹介】西澤ロイ(にしざわ・ろい)
イングリッシュ・ドクター®︎(英語のお医者さん)。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。TOEIC満点(990点)、英検4級。
著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破。
メディア出演多数。「めざせ!スキ度UP」の他、コミュニティFMにてレギュラー番組・コーナーを4本オンエア中。

■公式HP:English Doctor

【書籍紹介】
『英語は、「カタカナ」から学びなさい!』
『頑張らない英文法』
『頑張らない基礎英語』
『頑張らない英会話フレーズ』

StudyWalker「英語学習」カテゴリの記事を読む
カテゴリ:英語学習

関連記事

  • 日本人が大の苦手! 英語のRとLの音を区別するコツ/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 「pleaseをつければ丁寧になる」はウソ。英語における敬語の仕組みを知ろう!/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 英語学習が続かない理由はこれだった! 英語学習アプリを活用して英語学習をアップデート/英語キュレーター・セレン
  • 英語を聞き流すは間違い? 会社員が実践したい英語の「正しい聴き方」/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • NEW
    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

  • 地球の雑学クイズ

    地球の雑学クイズ

  • 中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

    中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく!  東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

    思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

  • 突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

    突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

英語学習の人気記事ランキング

  • 日米の「宗教」の捉え方はこんなに違う/アンちゃんの「世界観を知れば、英語はもっと面白い! 」

  • よく使うのによく間違う「look」と「see」と「watch」/この英語、どう違う?②

  • 「よろしくお願いします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「遠慮いたします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る