英語学習

英語を聞き流すは間違い? 会社員が実践したい英語の「正しい聴き方」/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

日本人が英語のリスニングを苦手にするのは、細かい音の区別が苦手だからと言われます。苦手を克服するための正しい「聴き方」についてイングリッシュ・ドクター 西澤ロイに教えてもらいました。

日本人が英語リスニングを苦手とする理由

英語のリスニングは、日本人にとって非常に難しい問題です。私は、ネイティブの英語であっても聞き取れるようになる「正しいリスニング方法」の指導を行なっています。今回は、リスニングの基礎についてお伝えしたいと思います。

日本人が英語のリスニングを苦手としやすい原因は、日本語に存在する音が英語よりもずっと少ないからです。

例えば、母音は、日本語には「あいうえお」の5つしかありません。しかし、英語は「ア」に近い音だけで3つあり(例:hat<帽子>、hot<熱い>、hut<小屋>)、母音は倍の10個以上存在します。

カタカナで「ライト」に対応するのもright<右、正しい>、light<光、軽い>の2つがありますし、「シン」に対応する単語はsin<罪>、shin<すね>、thin<薄い>の3つです。

その結果、日本人は「細かい音の区別」が苦手な傾向があります。ですから、できれば発音の練習からしっかりと行なった方が良いですし、英語を聞く時にも、音に集中して真剣にリスニングすべきです。

英語を聞き流していませんか?

しかし、世の中には「聞き流せばOK」「英語のシャワーを浴びれば聞き取れるようになる」という誤解が広まっています。

年齢が1桁くらいの子どもの場合であれば、英語圏に住み、英語のシャワーを浴びていれば聞き取れるようになるでしょう。しかし、大人には高い確率で当てはまらないのです。

子どもが英語を聞き取れるようになる理由は、そもそも「全ての言語音を聞き取れる耳と脳」を持って生まれてくるからです。日本語の環境に住んでいれば、日本語音だけが聞き取れるようになりますし、英語の環境に長くいれば、英語音に対応していくのです。

逆に、聞こえてこない音を聞き取れる必要はありませんので、余計な脳細胞は刈り取られていきます。ですから日本人はLとRの区別がつかなくなるのです。さらに大人が、自分が発音できない言語音を聞き流した場合には、脳が雑音として処理してしまうことが明らかになっています。ですから、特に初心者の人は、英語を聞き流してはダメなのです。

中には、聞き流すことによってリスニング力がUPしたという経験がある人もいるかもしれません。元々、リスニングの経験が少ない人であれば、慣れることで「聞き取れるようになった」と感じるケースもあるでしょう。しかし、もし正しい方法でリスニングをしていれば、もっと成果が出ているはずなのです。

リスニング力を効率的にUPするための2つの指針

世の中には、リスニングに関して様々な情報があふれています。ですが、その中には表面的なテクニックも多いのでご注意ください。これからお伝えする2つのポイントが根本に当たります。

①音だけに集中して真剣に“聴く”
②テキストを確認して、目と耳を一致させる

これらができていない方がほとんどなのです。ひとつずつ、見ていきましょう。

①音だけに集中して真剣に“聴く”


まず、真剣に聞くことが欠かせません。先ほどもお伝えしたように、聞き流してばかりでは、効果は上がりませんから。

しかし、真剣に聞いているつもりでも、音だけに集中できていない人がほとんどなのです。音だけに集中するのではなく、多くの人が「意味を考え」たり、「推測」をしたりしながら聞いてしまっているのです。

例えば、hutという単語を聞き取って、意味が理解できるためには3段階のプロセスを踏んでいます。まず、発音記号で書くと[hʌt]になる“音”が聞こえてきます(A)。次に、それがhutという“言葉”であると分かり(B)、最後にそれが「小屋」という“意味”だと理解できます(C)。広い意味でのリスニングは「A.音」→「B.言葉」→「C.意味」という3つのステップを踏んでいるのです。

さて、日本人の一番の弱点はどこかというと、Aの「音」を聞き取るところなのです。ですから、音だけに集中してリスニングをしないといけません。

しかし、「英語が聞き取れるための耳のトレーニング」ができている人は本当に少ないのです。意味を考えたり、推測したりしてしまうことによって学習のフォーカスが「意味を理解すること」にすり替わってしまい、せっかくのリスニング学習の効果が薄くなってしまうのです。

大切なのは「音だけと向き合うこと」――。意味を考えず、推測もしないように意識をして、真剣に音と向き合ってみてください。

②テキストを確認して、目と耳を一致させる

ここでよくいただく質問が「意味を考えないと、意味が分かりません」というものです。もちろんおっしゃる通りですから、後でしっかりと意味を考え、掴むようにしてください。

大切なのは「後で」の部分です。同時にやってはいけません。耳を鍛えたければ、音だけに集中しないといけないのです。

その後で、しっかりとテキストを確認してください(テキストのない音声はリスニングの教材として不適切です)。意味が分からなければ、知らない単語などを調べ、きちんと意味の解釈を行なってください。しかし、それよりも大切なのが、「目と耳を一致させる」ことなのです。

テキストを見た時に、目で見ている英文がどのように発音されるか、というイメージがきっと脳内にあるはずです。初心者の方であれば「カタカナ読み」かもしれませんね。

そして、聞き取れない場合はそのイメージが、耳から実際に聞こえる音声とは異なっているわけです。

ですから、大切なのは耳から聞こえる音声に、目で見ている英文を一致させること――。

しっかりと確認しながら念入りに聞いてみてください。

「この単語はこうやって発音されるのか」
「このフレーズはこうやって聞こえるのか」

という気づきがきっとあるはずです。そして、その音声を何度も何度も繰り返し(もちろん真剣に)聞くことで、脳内にある音のイメージを書き換えていくのです。

なおそこで、「どうしてもそうは聞こえない」「音がどう変化しているのか分からない」という場合には、誰かに質問して、その疑問はなるべく早いうちに解消しておきましょう。

リスニング方法のまとめ

英語がきちんと聞き取れる人は、英文を見た時に、それがどう発音されるかが分かります。そして、自分でもその音を真似て、発音することができるのです。

そうなれるために、リスニングをする際には

①音だけに集中して真剣に“聴く”こと
②テキストを確認して、目と耳を一致させること

を徹底してみてください。それだけで、これまでとは学習効果が全然違ってくることがきっと体感していただけると思います。

そして、もっとリスニング力をUPさせたいと思う方は、ぜひ発音のトレーニングもしっかりとやってください。

◇ ◇ ◇

なお、正しいリスニング方法についてもっと詳しく知りたい方のために、2時間分の特別講座の動画を無料で公開しています。以下にある参考動画から、4分間のダイジェスト版の動画をどうぞ。

西澤 ロイ

【著者紹介】西澤ロイ(にしざわ・ろい)
イングリッシュ・ドクター®︎(英語のお医者さん)。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。TOEIC満点(990点)、英検4級。著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破。

■公式HP:English Doctor

◼︎参考動画
・この英語音声が聞き取れますか?【英語リスニングの秘訣ダイジェストShort ver.】



【書籍紹介】
◼️『頑張らない英文法』
◼️『頑張らない基礎英語』
◼️『頑張らない英会話フレーズ』

【参考情報】
◼️英語が聞き取れない原因は「左脳リスニング病」という英語病だった!?
◼️英語リスニングの秘訣ダイジェストShort ver.
カテゴリ:英語学習

関連記事

特集をもっと読む

英語学習の人気記事ランキング

もっと見る

{ カテゴリ別ランキングを見る }

英語学習で人気のキーワード

ページトップに戻る