英語学習

日本人が大の苦手! 英語のRとLの音を区別するコツ/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

英語のRとLがうまく聞き取れない理由は、どちらの音も日本語に存在しないためです。イングリッシュ・ドクター西澤ロイさんが、RとLの違いが分かるようになるための学習方法について解説します。

RとLが聞き取れない理由は……

英語音の聞き取りに関して、日本人が苦手とする代表的な音がRとLの区別です。その違いが分かるようになるための効率的な学習方法について、今回はお伝えします。

まず、RとLがうまく聞き取れない理由は、どちらの音も日本語に存在しないからです。日本語の「ら行」に近いのはRの音ですが、実はネイティブスピーカーにとってはRとLは全く別の音。それらがごっちゃになるという感覚自体がなかなか理解できないものだそうです。

さて、音声学における定説として言われているのは、「自分で発音できない音は聞き取れない」ということ。逆に言えば、自分で発音できるようになることが、聞き取る上で重要なポイントとなります。

スキルを効率的に身につけるコツ

発音に限りませんが、大人がスキルを効率的に身につけるためには以下の3つのプロセスを経る必要があります。

1.やり方を理解する
2.(意識して)できるようにする
3.自然にできるようになる

なお、世の中では「たくさんやりなさい」「繰り返しやって体で覚えなさい」という指導がなされることがよくありますよね。

それは、1と2の後であれば効果的ですが、そこを飛ばして「いきなりたくさんやる」という話になってしまうと、根性論になりがちですのでご注意ください。

RとLの発音に関して言えば、まずはしっかりとそれぞれの発音を理解して、そして、意識して発音できるようになることが欠かせないのです。

Rは、舌の動きを感じるべし

まずは、Rについて発音方法を理解した上で、実際に発音できるようになりましょう。

Rの発音方法について「上あごに舌がつかない」「舌を弾かない」という説明がなされることがあります。その情報は正しいのですが、そもそも自分の舌が上あごを弾いているという意識自体がない人がほとんどなのです。

ですから、イングリッシュ・ドクターの“治療”としては、いきなりRの発音からは始めません。まずは、日本語の「ら」から発音していただきます。

練習1.日本語の「ら」と言ってみましょう。

練習2.日本語の「ら」を3秒くらいかけて、ゆっくりと言ってみましょう。

さてこの時に、舌の先が上あごにくっついてから弾いていることが感じられますか? 感じられるまで、練習2を繰り返してみてくださいね。

練習3.舌先が口の中のどこにも触れないように注意しながら「ra」と言ってください。

ゆっくりで構いませんので、舌先に気をつけながらやってみてください。

舌先が上あごに触れてしまっても大丈夫です。ただその時に「あ、弾いた」と気づけることが大切です。気づければ、自分で修正ができますよね。

練習4.舌先が口の中のどこにも触れないように注意しながら「ra ri ru re ro」と言ってください。

riとreの難易度がやや高いです。焦らずに、これもゆっくりと何度も何度も練習してみてください。

<ご参考>Rの練習1~4に関して、音声がある方が分かりやすいかもしれません。解説した音声「英語のRの発音方法、簡単なやり方を教えます[#1] 5 Minutes English」がYouTubeにありますので、よろしければ参考動画のリンクからお聴きのうえ、練習してみてください。

Lは舌を離さないのがコツ

Lは、舌の先を、上の歯の裏にくっつけて出す音です。歯の裏ですから、日本語の「ら行」よりも舌のつく位置は少し前です。

Lの発音イメージ
Lの発音イメージ

舌の位置が図のようになることで、舌の横を息が通って「ウー」のような音が出るのがLの音の基本なのです。

練習5.舌の先を、上の歯の裏にくっつけてLの音を「ウー」と出してみましょう。

舌をしっかりと押しつけて出すのがポイントです。そうすると、舌がちょっと疲れますよね。それでいいのです。

練習6.allを発音してみましょう。

多くの人が勘違いしているポイントがあります。例えばallを発音する時に、日本語の「る」だと舌を弾くことから、舌を離してしまうんです。しかし、本当のLの音は、舌を離さないため「オーゥ」に近い音になるのです。

舌を離さずに言えたならば、他の単語もやってみましょう。

練習7.callやbellを発音してみましょう。

bellの方がLの音が出しやすいかもしれません。今までのLの音は専門的には「ダークL」と呼ばれ、この音が基本となります。

次は語頭のLにいってみましょう。

練習8.「ウーlisten」のように、1秒間くらいLの音を出してからlistenを発音してください。

練習9.「ゥlisten」のように、長めにLを出してからlistenを発音してください。

<ご参考>Lの練習5~9に関して、解説した音声「英語のLの正しい発音方法を教えます[#2] 5 Minutes English」がYouTubeにありますので、よろしければ参考動画のリンクからお聴きのうえ、練習してみてください。

単語(短い音)で練習しよう

RとLの発音方法が理解できたところで、今度は単語を使って練習します。

練習10.Rの音が含まれる以下の単語を発音してみましょう。

・right(右)
・read(読む)
・room(部屋)
・red(赤)
・road(道)

練習11.Lの音が含まれる以下の単語を発音してみましょう。

・light(光)
・lead(導く)
・loom(織機)
・led(導いた)
・load(負荷)

テキストを確認しながらリスニングしよう

ここまで発音ができるようになっていれば、RとLが聞き取れる土台ができていることになります。

英語音声を真剣にリスニングして、テキストでしっかりとRとLの区別を確認してみてください。そして、聞き取れなかったところは集中的に何度も聞いてみましょう。

おまけ:無意識に言えるように練習しよう

これまでお伝えした内容に従ってきちんと練習やリスニングしていただければ、RとLが少しずつでも聞き取れるようになるはずです。ただし、早い音声になったり、ネイティブの生の英語となると、取り違えてしまったりすることもあるかもしれません。

もっとリスニングのレベルを上げるためには、自分でも「無意識」に発音できることが大切です。そのためには例えば以下のような発音練習もやってみてください。

練習12.先ほどの単語を2回連続、もしくは3回連続で言ってみよう。

例えば、
Right, right!
Light, light, light!
のように2回連続、3回連続で正しく言えるように練習しましょう。

練習13.Rが入った単語とLの入った単語を交互に2回ずつ言おう。

Right, light, right, light.
Loom, room, loom, room.
などのように交互に言ってください。

練習14.RとLがたくさん入ったフレーズや英文を言う練習をしよう。

・really long story
・Look at the mirror in the living room
・I like reading long novels written by Richard Loss.

◇ ◇ ◇

なお、正しいリスニング方法についてもっと詳しく知りたい方のために、2時間分の特別講座の動画を無料で公開しています。以下にある参考動画から、4分間のダイジェスト版の動画をどうぞ。

西澤 ロイ

【著者紹介】西澤ロイ(にしざわ・ろい)
イングリッシュ・ドクター®︎(英語の”お医者さん”)。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」をなおす専門家。TOEIC満点(990点)、英検4級。
著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破。
メディア出演多数。「めざせ!スキ度UP」の他、コミュニティFMにてレギュラー番組・コーナーを4本オンエア中。

■公式HP:English Doctor

【参考動画】
・英語のRの発音方法、簡単なやり方を教えます[#1] 5 Minutes English

//

・英語のLの正しい発音方法を教えます[#2] 5 Minutes English

//

・この英語音声が聞き取れますか?【英語リスニングの秘訣ダイジェストShort ver.】

//
カテゴリ:英語学習

関連記事

  • 誰も教えてくれなかった! カタカナのマル秘活用法/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 英語学習が長く続くための心構え/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 大人の英語学習は「頑張らない」が基本!/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • 英語「嫌い」の人が英語「好き」に変わるキッカケはある?/イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ
  • NEW
    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

    その「英語の常識」、間違ってます クイズ

  • 地球の雑学クイズ

    地球の雑学クイズ

  • 中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

    中学3年間の英語で身につける日常会話テスト

  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく!  東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

    思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100

  • 突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

    突然アタマが鋭くなる! 最強京大クイズ

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

英語学習の人気記事ランキング

  • 日米の「宗教」の捉え方はこんなに違う/アンちゃんの「世界観を知れば、英語はもっと面白い! 」

  • よく使うのによく間違う「look」と「see」と「watch」/この英語、どう違う?②

  • 「よろしくお願いします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「遠慮いたします」を英語で言えますか?/デイビッド・セイン

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る