英語学習

「○○力」を鍛えれば英語力は格段に上がる!/できる人の英語勉強法②

勉強しているのになかなか英語が上達しない……そんなあなたに、カリスマ英語講師が25年かけて築いた英語勉強法の集大成を大公開!『完全保存版 できる人の英語勉強法』(安河内哲也著)からご紹介します(第2回)。

「反射力」と「動作力」を磨くことが最重要

日本人の多くが、英語を国語や数学、理科、社会といった「勉強」と同じものとしてとらえてしまっている背景には、昔ながらの日本の英語教育があると思います。

中学、高校、ヘタをすれば大学にいたるまで、英語の授業では、知識や理論を中心に教えています。そして、知識や理論の量が多ければ多いほど、「英語ができる人」と評価されます。実際の場面で英語が使えるかどうかは二の次なのです。

さらに、そうした授業と評価にどっぷり漬かってきた人は、社会人になってもその習慣を変えることができません。必要に迫られ、英語の勉強を再スタートしたときにも、あいかわらず知識や理論を増やすことにばかり集中してしまいがちです。


しかし、これではいつまでたっても英語を使えるようになりません。英語などの言語は、その場で使いこなせてナンボのものです。知識や理論をどれほど持っていようと、実際の会話で使えなければ、「言語能力が高い」とはいえません。

実際の会話の場面で英語を話せるようになるには、「反射力」と「動作力」が絶対に必要です。

たとえば、会議で、英語で “ What is the advantage of introducing your product?”(御社の新製品を導入する利点は何ですか)と尋ねられる場面を想像してください。

このとき、頭のなかで「『生産性』って英語で何て言うんだろう? 」とか「『社内での省電力化を促進する』ってどういう文章にすればいいんだろう? 」なんて考えているヒマはありません。即座に反応する必要があります。

頭のなかにストックされている知識から必要なものをピックアップする反射力と、それを言葉として発していく動作力とが求められるのです。

つまり知識を「自動化」しなくてはなりません。


そのことに多くの日本人が気づかないままでいます。そのため、英語を学ぶ際、反射力や動作力を鍛えるという発想が持てないでいるのです。

反射力・動作力がゼロなら、いくら知識・理論があってもダメ!

私は、トータルの英語力とは、「知識・理論」×「反射力・動作力」で決まると考えています。

それに当てはめると、英語の知識・理論がたとえ「1000」あったとしても、反射力・動作力が「0」では、「1000×0=0」。トータルの英語力はゼロになってしまいます。

一方、知識・理論がたとえ「5」であっても、反射力・動作力が「5」であれば、「5×5=25」となり、トータルでの英語力はこちらのほうがはるかに高くなります。

日本人の場合、伝統的な英語教育のせいか、知識・理論が「1000」で反射力・動作力が「0」の人が少なくありません。「こんなに頑張っているのに、何で私は英語がしゃべれないのだろう」「TOEICで高得点なのに、何で英語が話せないんだろう」と悩む人は、まさにこのタイプかもしれません。

向いている方向が間違っているのです。知識が1000、2000……と増えていっても、反射力・動作力がゼロであるかぎり、英語は一向に使えるようにはなりません。

もし、反射力・動作力が1、2……と鍛えられていけば、知識・理論の量はかなりのレベルに達しているのですから、英語力は一気にアップします。

【ACTION!】
英語の反射力・動作力を少し伸ばすだけで、トータルの英語力はぐんと伸びる!

安河内 哲也

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】安河内 哲也(やすこうち・てつや)
東進ハイスクール、東進ビジネススクール講師。企業研修講師(TOEIC対策など英語)。(有)ティーシーシー取締役。言語文化舎代表。
高校時代はクラス44人中42番目という成績で、大学受験に失敗。しかし、浪人時代に短時間で成果をあげる“超効率的”な勉強法をあみだし、偏差値80台へと成績が急上昇。志望校(上智大学外国語学部・慶應義塾大学文学部)に合格する。
以来、「勉強は“時間対効果”だ」をモットーに勉強法の研究を続ける。
現在は、成績不振に悩む受験生やTOEICを受験する社会人を、短期間で成績アップに導くカリスマ講師として活躍する。また、自身も多忙な毎日の合間をぬって、さまざまなジャンルの勉強を続け、TOEICテストLR+SW合計1390点(満点)、英検1級、通訳案内士国家試験、国連英検特A級、1級小型船舶操縦士など、さまざまな資格を取得する。

【書籍紹介】『完全保存版 できる人の英語勉強法』(KADOKAWA)
「英語」の勉強は、他の教科の勉強とは違う――。カリスマ英語講師である著者が、25年間、数多くの生徒を教え、自分でも実践して成果をあげた英語勉強法の集大成を本書で大公開。英語の勉強をはじめる前に、ぜひ知っておいてほしいこと、そのすべてがここに!

あなたへのオススメ記事

  • 英文法は英語学習の“最強のツール”/できる人の英語勉強法⑥
  • 英文の暗誦や「プレゼン」にも挑戦!/できる人の英語勉強法⑤
  • 英語音読の基礎練習を着実にやろう/できる人の英語勉強法④
  • 英語力アップのカギは「音読」だった!/できる人の英語勉強法③
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 外国人旅行客に「3語以内」で道案内する英語フレーズ/西東たまき

  • 海外ヘ行っても英語力は向上しない! 海外生活の厳しい現実/黒坂岳央

  • 英語学習嫌いだった僕が激変した、あるきっかけ/藤沢篤

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る