英語学習

「White Day」は日本発祥? 英語で説明してみよう!/西東たまき

1978年に日本で始まったホワイトデーは、英語圏の人にはまだまだ知られてないのが実情です。そこで今回は、英語でのホワイトデーの説明や、表現のヒントを挙げていきます。

バレンタインデーと対をなすイベントが、3月14日の「ホワイトデー」です。「バレンタインデーにチョコレートをくれた女性に、男性がキャンデーをお返しする日」とされていますね。

ホワイトデーは日本発祥のもの

実はこのホワイトデー、40年ほど前に始まった「日本発祥」のイベント。

1978年に日本で始まった“White Day(ホワイトデー)”は、今や韓国、台湾、香港などにも広がっているとはいえ、その他の地域ではまだあまり知られていないのが実情です。

そんなホワイトデーをもっと知ってもらうため、今回はホワイトデーの上手な説明や、この日に使える「英語表現のヒントと例」などを挙げていきます。

ホワイトデーを英語で説明するヒントと表現

まずは「ホワイトデー」を知らない人に、どんな日なのか説明してみましょう。

●White Day is the day to return a gift given on Valentine’s Day.(ホワイトデーとは、バレンタインデーにもらった贈り物のお返しをする日です)

日本のバレンタインデーとは異なり、海外では「男女ともにギフトを贈り合う日」がバレンタインデーです。そのため、そもそも日本のバレンタインデーは「女性から男性」にプレゼントする日になっていることを、知ってもらわなければなりません。

●Valentine’s Day in Japan is the day to give chocolates to men from women.(日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを贈る日なのです)

●Therefore, White Day is the day for men to give candies to women in return.(そのため、ホワイトデーは男性が女性にお返しにキャンデーを贈る日になります)

“give 〇〇 in return”で「お返しに〇〇を贈る」の意味になります。

なお、アメリカ英語では“candy”は必ずしも飴だけを指すものではなく、チョコレートなども含め「お菓子」の意味で使われることがあることも知っておくと良いでしょう。

●Candies are the most classic gift for the day.
(この日のギフトとして最も一般的なのがキャンデーです)

日本語では古典音楽を「クラシック音楽」といいますが、英語の“classic”には「古典」という意味はありません。「定番の、一般的な」という意味だと覚えておきましょう。

ホワイトデーがいつ、どのように始まったのかについても説明してみましょう。

●White Day was started from Japan in 1978.(ホワイトデーは1978年に日本から始まったものです)
●In fact, it was invented by a confectionary shop to promote sales.(実のところ、菓子店が販売促進のために考え出したものです)

ホワイトデーがどんな日か分かってもらえたら、次は、この日をどんな風に過ごしたいか聞くことができますね。以下のようなフレーズで、会話を引き出してみましょう。

●What would you like to plan for this White Day?(今回のホワイトデーには何を計画したいですか?)
●Do you have any plan for White Day?(ホワイトデーの予定はありますか?)
●Have you prepared for White Day?(ホワイトデーの準備は済みましたか?)

ホワイトデーの英語挨拶とフレーズのヒント

日本語ではホワイトデーの挨拶というのは特にありませんが、英語でホワイトデーを祝おうとするなら、バレンタインデーの挨拶フレーズを応用し、“Happy White Day”というのが良いでしょう。

“Happy Mother’s Day(母の日おめでとう)”や“Happy Anniversary(記念日おめでとう)”のように、“Happy 〇〇”は、おめでたい日を祝う万能フレーズになります。

●Happy White Day with all my thanks and love!(感謝と愛をこめてハッピーホワイトデー!)

メッセージは、バレンタインギフトへのお礼、日ごろの思いや感謝、好きな人に対しては愛情などを伝える内容とします。

●Thanks for your kindness.(あなたの優しさに感謝しています)
●Thank you for always making me smile.(いつも私を笑顔にしてくれてありがとう)
●I always admire and appreciate you.(あなたにはいつも敬服し、感謝しています)
●With the best of my love.(最大限の愛を込めて)

Glossary-使える英単語

ちょっと違いを出せる便利な単語をピックアップしてご紹介します。是非、あなたの単語帳に加えてください。

【obligatory】
「義務、恩義(obligation)」の形容詞形が“obligatory”です。「義理チョコ」は“obligatory chocolate”と表現できます。
●It is obligatory to return a gift on White Day even if what you received was an obligatory chocolate.(受け取ったのがたとえ義理チョコだったとしても、ホワイトデーのお返しはすべきでしょう)

【staple】
「主要なもの、定番のもの」を意味する単語です。本文の例では“classic”という言葉で表現しています。
●Candies are the staple gift for White Day.(キャンデーはホワイトデーの定番ギフトです)

【recipient】
“receive(受け取る)”から派生した言葉で「受け取り手」を意味します。
●It’s my turn to be a recipient.(今度は私が受け取る番です)

◇ ◇ ◇

「バレンタインデーにいただいた贈り物のお返しをする日」という発想は、平等といえましょう。実際は多くのケースで、もらったギフト以上の金額の品を返すことが多いようなので、出費額的には平等とは限らないかもしれませんが……。

子供から大人まで世代を超えて親しまれ、年齢を問わず楽しめるホワイトデーのようなイベントは、大事にしたいものですね。

西東 たまき

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】西東 たまき(さいとう・たまき)
貿易実務や国際機関海外事務所勤務等を経て、現在は日本語および英語で記事を執筆するフリーランスライター。実用英語、海外生活・文化に関する記事を中心に、既存のアフリカ情報とは異なる視線からの東アフリカ・タンザニアの様子なども様々なブログやコラムで紹介している。
公式フェイスブックページはこちら

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • アメリカの祝日「Memorial Day」はどんな日なの?/西東たまき
  • 日本の「電車」のマナーを英語で紹介するフレーズ集/西東たまき
  • 東京の花見スポットを外国人観光客に英語で案内してみよう/西東たまき
  • 外国人はバレンタインデーでどのように愛をささやくのか?/西東たまき
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • 真の英語力は「独学」でしか身につかない/黒坂岳央

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

  • 「r」と「l」も怖くない! これならできる発音マスターテク/英会話もったいない③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集