英語学習

暗記カードはNG⁉️ 間違いだらけの4つの英単語暗記法/黒坂岳央

英単語の記憶法は、間違ったやり方をすると途端に効果が半減します。今回は英語学習の著書もあるビジネスジャーナリスト黒坂岳央さんが、多くの人が陥ってしまう間違った英単語暗記法について注意を促します。

英単語の記憶法については、人によってそのスタイルにはかなりのばらつきがあります。

私は日頃から、私の著書やブログを読んだ読者から、「この英単語暗記法で効果はあるのでしょうか?」といったお問い合わせを頂くことがよくあります。

それらの質問のなかには、「そのやり方では、効果は出ないだろう」と感じてしまうものもあります。

そこで今回は、多くの人が陥ってしまう間違った英単語暗記法について取り上げます。

同じことをやらないよう、反面教師として活用してください。

NG例① 書いて手で覚える

真面目で一生懸命な人ほど、ガリガリ手で書いて覚えようとします。一つの単語に向き合う時間こそ長いものの、とても非効率的な暗記法です。

まず、日本人が暗記するべき英単語の分量は「7000語前後」とかなりの数です。

これだけの数を手で書いて覚えるというのは、あまりにも時間がかかりすぎます。

脳の記憶のメカニズムに照らして考えると、英単語の暗記は一にも二にも反復で決まります。

脳は何度もインプットされる情報を「重要だ」と認識する機能があります。英単語も英文や会話の中で何度も何度も遭遇する内に脳が抵抗なく、スッと覚えるようになっているのです。

手で書いて覚えるとなると、時間がかかりすぎて反復の回数をこなすことができません。

「絶対に忘れないように」と思うほど、記憶ができなくなるという悪循環に陥ります。

NG例② 暗記カードを使う

暗記カードとは、金属のリングの輪っかを通すもので、表に「house」と書いて、裏に「家」と書いて覚えるものです。

この暗記カードは、子供が暗記する時には使えるかもしれませんが、すでに多くの知識や人生経験を積んだ大人にはまったく不向きな学習法です。

大人の脳は文脈を通じて、類義語や反意語など情報が整理されたものを覚えられるようにできています。

暗記カードを使った無味乾燥な学習では、こうした文脈から切り離されてしまうため、学習成果が半減してしまうのです。

こうした理由から、暗記カードはそんな大人の脳の性質を無視した、非効率な学習法だといえます。

NG例③ 英会話の中で自然に身につける

時々、英会話だけで英語力を向上させることに幻想を抱いている学習者がいます。「会話をすれば英単語も自然に頭に入るのでは?」と考えてしまうのはよくありません。

英語力とは「読む・書く・話す・聞く」という総合的なコミュニケーション能力を指します。そのなかで、英単語力は根底にある極めて重要な要素です。

会話だけで数千もの英単語を覚えるとなると、とても非効率なのです。

大人の英語学習者は、英語を「文脈を通じて」「反復する」ことで頭に入れる必要があります。英会話においては、会話の中に「文脈」は存在するのですが、「反復」が難しいという側面があります。

例えば、「appropriate(適切な、適した)」という単語を覚えるにあたって、会話だけでこの単語を覚えるとなると、何度もappropriateを使った会話をする必要があります。

英単語は本来、何度も何度も文脈の中で遭遇する過程で、無理なく長期記憶に放り込んで暗記するべきなのです。

英会話レッスンの中で、7000語をまんべんなく脳内に入れることはできるでしょうか。答えはNO。

英会話では、会話に頻出する英単語しか覚えることはできないのです。

NG例④ 辞書で調べずに推測に頼る

英語多読などでは時々、「いちいち辞書を引かずに意味を推測しましょう」と言われます。それを真に受けて、推測不可能な局面でも頑として辞書を引かずに、類推しようとしてしまう学習者がいます。

一番の理想は英単語を覚えていなくても、自然に推測が働いて、辞書を引かなくても意味を理解して読み進める素材を手にとることです。

わざわざ類推せよと言われなくても、無意識に意味を推測して読むものです。

問題は、自分の実力をかなり超える読み物を手に取り、推測が役に立たない場面で辞書を引くのを否定してしまうことです。その場合はさっさと辞書を引いて、正しく意味を理解するべきだと考えます。

◇ ◇ ◇

以上、多くの人が陥ってしまう間違った英単語暗記法について取り上げてきました。今回紹介したように、多くの人が陥ってしまう間違った英単語の暗記法にはいくつもあります。

繰り返しますが、大人の英語学習者は英語を「文脈を通じて」「反復する」ことで頭に入れることが必須です。

その学習法は文脈を通じて反復できているかを常に気をつけながら、学習の落とし穴にはまらないよう注意していきましょう。

黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。

【書籍紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった! 』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 「フルーツカービング」世界チャンピオンが英語を学ぶ理由/黒坂岳央
  • 中級者が陥りがち!? 「英文法」にまつわる6つの誤解/黒坂岳央
  • まず「摩擦」を取り除け! 英語学習を成功に導く最初の一歩/黒坂岳央
  • 「オンライン英会話」で伸びる人と伸びない人の3つの違い/黒坂岳央
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • まるでマンガ!? グローバル部署に漂う二次元感/英語力ゼロなのに海外営業部(10)

  • 地球の3分の1が担当エリアになっちゃった!? /英語力ゼロなのに海外営業部(9)

  • ドイツに、シンデレラ城が実在!? ヨーロッパ周遊記(1)/ちはっぴー

  • 「英語なんてもう辞めたい!」からやる気を取り戻す方法/黒坂岳央

  • “blackmail”って何のこと?/色・天気の英語雑学クイズ(14)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る