英語学習

緑茶の美味しさを英語で伝えるときは何て言う?/西東たまき

日本の緑茶がいちばん香り高い季節が、5月の新茶シーズンです。新茶にまつわる「味わい」や「香り」の英語表現について、ライターの西東たまきさんが紹介します。

日本を代表する飲み物の一つが、緑茶ではないでしょうか。海外でも“green tea(緑茶)”は飲めますが、大抵の場合はティーバッグを使った薄いもので、日本の緑茶に慣れた舌には物足りないものです。

今回は、日本が誇る緑茶の中でもひときわ香り高い、5月の新茶についての英語表現を考えてみましょう!

「お茶」=「緑茶」ではない

「緑茶」は英語で文字通り“green tea”と言います。

日本語では「お茶」と言えば緑茶のことですが、英語で“tea”というと紅茶を指してしまいます。緑茶が欲しいときは、きちんと“green tea”と伝えなければなりません。

●May I have a cup of green tea? (紅茶を一杯いただけますか?)

なお“black tea”と言うと、ミルクなどが入っていないストレートの紅茶を指します。“black coffee(ブラックコーヒー)”と同じですね。

●Don't put sugar nor milk, please.(砂糖もミルクも入れないでください)

緑茶は、日本や中国ならではの飲み物のようなイメージがありますが、紅茶の生産で知られるインドや東部アフリカでも、“green tea”は生産・販売されていますよ。

海外ではティーバッグが主流ですが、やはり茶葉から入れたお茶の美味しさは格別ですね。英語で「茶葉」は文字通り“tea leaves”ですが、ティーバッグに対し、急須を使って入れる茶葉を“loose tea”と呼びます。

●I bought a packet of loose green tea as a gift from Japan.(日本からのお土産として、緑茶を一袋買いました)

緑茶を説明する英語表現

緑茶の魅力の一つは、フレッシュな味わいです。飲食物の「味わい、風味」を表現するのによく使われる単語が、“flavor”です。香りの良さに重きを置くなら“aroma”も良いでしょう。

●Enjoy the fresh flavor of green tea and revitalize yourself.(フレッシュな緑茶の風味を楽しんで気分を一新させてください)

緑茶の味についても表現してみましょう。

美味しく入れたまろやかな緑茶の味は、“sweet”で表せます。「甘い」という意味で使うことが多い言葉ですが、「まろやか」といった意味もあります。

美味しい水や空気は“sweet water”、“sweet air”と表現されることを思うと、ニュアンスが分かりやすいのではないでしょうか。

●A good cup of green tea is so sweet, and has the fresh scent.(美味しく入れた緑茶はとてもまろやかで、さわやかな香りがします)

緑茶を美味しく入れるには、コツがあります。紅茶を入れる要領で熱湯を使ってしまうと苦味が出るし、きれいなグリーンも出せません。

●Green tea shouldn’t taste bitter if it’s prepared correctly.(正しく入れた緑茶は苦くないはずです)

良質な緑茶ほど、お湯の温度や浸出時間には注意が必要です。せっかく良い茶葉を入手しても、入れ方が適切でないと台無しになりかねないことは、是非伝えておきたい注意事項ですね。

●Every type of tea has its own brewing formula, and it should be strictly followed to get the most out of your tea.(お茶の種類別に入れ方のルールがあります。お茶の味を最大限に引き出すためには、きっちり従うようにします)

●The water temperature to brew Gyokuro, the highest grade green tea, is as low as 50 degrees Celsius.(最もハイグレードな緑茶である玉露を入れる湯の温度は(摂氏)50℃ほどです)

緑茶は、健康効果の高い飲み物としても知られていますね。“benefit”はビジネスにおける「利益」のことですが、「恩恵、効能」といった意味もあります。

●Green tea has substantial benefits for your health.(緑茶には健康に良いたくさんの効果があります)

英語で「新茶」というには

「新茶」だからといって“new tea”では正しい意図は通じません。単に「新しいお茶」ではなく「新しく収穫したお茶」のことですから、“first harvest green tea(新たに収穫したお茶)”などと表現します。

“first flush green tea(一番摘みのお茶)”と言っても良いでしょう。

●The first harvest tea is distinctively valued for its freshness and delicate aroma.(新茶は、その新鮮で繊細な香り高さゆえ、特別な価値が置かれています)

「抹茶」の英語表現は?

日本語のまま英語で使われている言葉はいくつもありますが、「抹茶」もその一つです。

ただし、書くときはローマ字書きで“maccha”とするよりも、“matcha”と綴るほうが一般的です。通じないようであれば“finely ground green tea powder(極細かく挽いた緑茶の粉)”などと説明しましょう。

●There are various sweets flavored with matcha in Japan.(日本には抹茶を使ったお菓子がいろいろあります)

Glossary-使える英単語

ちょっと違いを出せる便利な単語をピックアップしてご紹介します。是非、あなたの単語帳に加えてください。

【scent】
心地良い香りのときはこの単語が使えます。

●The garden was filled with the scent of roses.(その庭はバラの香りでいっぱいだった)

【aroma】
飲食物の良い香りを表すときに使われることが多い言葉です。

●Pleasant aroma of Japanese green tea.(日本茶の良い香り)

【odor】
体臭など、好ましくない匂いを表すときに使います。“deodorant(消臭剤)”の中に“odor(臭)”が入っていますね。

●Musty odor was released from an old leather jacket.(古い革のジャケットからカビ臭さが広がった)

◇ ◇ ◇

日本酒も海外で有名な日本の飲み物ですが、アルコールを飲まない外国人も多くいる中で、すすめやすい飲み物が緑茶です。

世界中で健康志向が高まっている中、“green tea”を好んで飲んでいる人は海外でも少なくありませんが、その味は日本茶のおいしさには及びません。

ぜひホンモノのおいしさを伝えたいですね!

西東 たまき

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】西東 たまき(さいとう・たまき)
貿易実務や国際機関海外事務所勤務等を経て、現在は日本語および英語で記事を執筆するフリーランスライター。実用英語、海外生活・文化に関する記事を中心に、既存のアフリカ情報とは異なる視線からの東アフリカ・タンザニアの様子なども様々なブログやコラムで紹介している。
公式フェイスブックページはこちら

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 新しい上司が外国人だったら!? 自己紹介で好印象を与えるコツ/西東たまき
  • 東京の花見スポットを外国人観光客に英語で案内してみよう/西東たまき
  • 春に使いたい! 人生の節目に贈る英語フレーズ/西東たまき
  • 日本の春は桜でしょ! 英語で桜の文化を紹介しよう/西東たまき
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • 真の英語力は「独学」でしか身につかない/黒坂岳央

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

  • 「r」と「l」も怖くない! これならできる発音マスターテク/英会話もったいない③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る