英語学習

「オンライン英会話」で伸びる人と伸びない人の3つの違い/黒坂岳央

近年低価格化でハードルの下がっているオンライン英会話ですが、そこには注意点もあります。今回は、英語学習の著書もあるビジネスジャーナリストの黒坂岳央さんが、オンライン英会話でやりがちな失敗について解説します。

かつて「英会話」はコスト高で通う手間が必要という、ハードルの高い学習法でした。

しかし、「オンライン英会話」の台頭により、月額わずか数千円の投資で、たくさんの英会話の練習ができる環境が整いました。

低コストで自宅で受講できるオンライン英会話の登場により、ハードルの低くなった英会話ですが、それにより実力をつける人がいる一方で、気軽な気持ちで英会話に挑戦して失敗をする人も多くいるのです。

今回はオンライン英会話で伸びる人と、伸びない人の差を取り上げます。

伸びない人① フリートークをやりっぱなし

オンライン英会話は、フリートークがあります。お互い簡単な挨拶を交わして、軽い自己紹介をした後、「さあ、今日はどんなことを話そうか!?」と英会話講師に話を振られます。

しかし、なんとなくフリートークをしても、それで英語力が向上することはありません。

英会話も目的意識が重要です。

私は大学院のMBA受験をする際、オンライン英会話で大学院受験の英語面接の練習台になってもらいました。

英語面接では、大学院への志望動機や、研究内容への理解を求められるわけですが、そこでの回答が不十分だったりわかりにくい部分を講師に指摘してもらい、模範解答をもらっていたのです。

それにより、英会話レッスンの回数を重ねることで、上達するのが感じられました。

漫然と表面的な会話の練習をしても、ビジネスや海外の大学留学で通用する英語力は備わる事はありません。

伸びない人② 基礎力がない

「使えば使うほど成長する」という好循環フェーズに入るためには、絶対に基礎力が必要です。

たとえばある程度読解ができるようになれば、読めば読むほど読解力も語彙力もつきますが、それには英文法や英単語、それからスムーズに波乗りするような英文読解力が必要です。

それは英会話でも同じことです。ある程度の英文法や英単語力がなければ、どんどん使って上達するというフェーズに入ることはありません。

先生の使う単語や表現が毎回わからないようでは、その都度つまずいて効率が悪く、上達することもありません。

基礎をサボるために会話に逃げる人は、結局伸びません。英会話も基礎の上に成り立つものですから、基礎からは逃げられないと思ってください。

伸びない人③ 復習をしない

英語は、今のあなたの実力より少し上のレベルに取り組むことで、上達していくものです。それは筋トレをして筋肉を太らせるには、トレーニングで負荷をかける必要があるという話と同じことです。

負荷をかける練習をする上で重要なのは、「復習」です。自分のレベルより背伸びして頑張るわけですから、分からないフレーズや表現などが毎回出てきてしかるべき。

しかし、そこで復習することなく、分からないところをわからないまま放置してしまっては、成長することはありません。

私は、アメリカの大学に留学していたとき、ディスカッションや講義の中で分からない表現などがあったら必ずメモをして、次までに復習を重ねていました。メモをしていたことが試験に出題され、そこでしっかりと点数を取ることができたのです。

英会話も同じです。先生が使ったフレーズなどがわからなければ、その都度面倒でも調べて、潰しておきましょう。

復習をすることで、次から「分からない表現」が「使える表現」に変わりますから、やればやるほど成長するわけです。そうした地味な取り組みを軽視しない人が、成長できる人なのです。

思考停止しても、英会話は上達しない

今回紹介した、オンライン英会話で伸びない人の3つの特徴にはある共通点があります。それは、「思考停止」ということです。

思考停止とは、「どうすれば伸びるのか?」という成長についての思考を止めてしまっているということです。

「オンライン英会話を楽しくやっていれば、そのうち勝手に上達するだろう」と考えずにやってしまう人は、英会話に限らず、伸びることはないということです。

英会話は英文読解と異なり、相手と会話が自動的に進んでいきます。ですので、思考を停止させても「1時間やった」という実績が残ります。そのため、「時間をつぎ込んでも成果が出ない!」という状況に陥ってしまうわけです。

しかし、読解は違います。自分が能動的に意識をリーディングに向けなければ、読解は一歩も進みません。

英語は時間より密度が重要です。つまり、ぼんやり英会話をやるより、積極的に、主体的に改善を繰り返しながら密度濃く取り組むことが重要なのです。

オンライン英会話は安いぶん、ついつい雑なレッスンの受講を繰り返してしまいがちです。

伸び悩んでいる方にこそ、この記事を読んで自身の英会話への姿勢を振り返ってみてください。

黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった! 』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 「フルーツカービング」世界チャンピオンが英語を学ぶ理由/黒坂岳央
  • まず「摩擦」を取り除け! 英語学習を成功に導く最初の一歩/黒坂岳央
  • オンライン英会話でネイティブ講師と会話してみたら…!?/ちはっぴー
  • 英語ペラペラな人の頭の中では何が行われているの?/黒坂岳央
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • 真の英語力は「独学」でしか身につかない/黒坂岳央

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

  • 「r」と「l」も怖くない! これならできる発音マスターテク/英会話もったいない③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集