英語学習

真の英語力は「独学」でしか身につかない/黒坂岳央

実践的で仕事に使える英語力を身につけるために、最終的に必要な「独学」とは何でしょうか。英語独学によって自らのキャリアを切り拓いた経験を持つ、ビジネスジャーナリストの黒坂岳央さんが解説します。

「英語は先生をつけて教わるもの」――そんなイメージを持っている人は少なくありません。

結論を言えば、これは誤りです。

なぜなら、英語は独学で身につけることができるものだからです。

さらに言えば、専門分野の英語などは、独学でしか身につけることができないという事実があるからです。

英語多読なら独学で英語力が身につく

お断りしておくと、私は「学校で学ぶ英語のすべてがムダ」とは言いません。

プレゼンテーションやディスカッションといった分野は、聴衆や議論する相手がいてはじめて成り立つものですから、スクールという場で、講師や周囲の評価というフィードバックを受けながら上達していく性質があると言えます。

しかし、こと英語を運用する力について言えば、スクールの出番はありません。

私の英語力の90%以上は、「英語多読」によって培われたものです。

英語を多読するのに必要なスキルは、英単語、英文法、それから長文を読解する訓練です。

これらはすべて、独学でできます。

特に現代は、無料の解説動画やブログで学習を指南するシステムが整っています。

自分に必要な箇所、理解が十分でない箇所を重点的に、自分のペースで、自分の都合の良い時に学ぶことで、最短最速で身につけることが可能です。

実際、私はコールセンター派遣で働いている時代に、往復の通勤電車、職場の昼休憩などを使って英語に取り組んでいました。

英語多読で高い英語力を身につけて、アメリカの大学に留学して会計学を専攻し、その後外資系企業で外国人社員たちと一緒に働いてきました。

ビジネスプレゼンテーションやディスカッションなども経験しましたが、英会話スクールの入り込む余地は全くありません。

すべて独学で身につけた英語力だけで、海外の大学の講義についていき、外資系企業で国際経営企画の仕事をこなすことができたのです。

頭でっかちな英語の知識は役に立たない

英語は試験で点数を取るためにやるものではなく、運用して役立てるために身につけるものです。

ときどき、「語学マニア」の人がいて、マニアックな文型などに詳しい人がいます。実際、私の友人にもそうした人がいて、「趣味は文法書を読むこと」と豪語するほどの文法マニアです。

おそらく、私より文法の知識はあると思われます。

しかし、英語の実践力について言えば、私のほうが上だと思います。

なぜなら、海外の大学や外資系企業で実際の英語を使った経験を持っているからです。

確かに、友人の卓越した英文法の知識はかなりのものです。英文法を教える予備校の先生、英文法の研究者になれば、力を発揮できるでしょう。

ですが、仕事は需要と供給のバランスで成り立っていることを忘れてはいけません。

多くの人はマニアックな英文法の用法の知識より、メールや会議で意思疎通をするための活きた英語を求めています。

頭でっかちな知識より、役に立つ英語。学習者が身につけるべきはどちらか、言うまでもありません。

実践英語は経験でしか身につかない

「実践的な英語力」は、机の上でテキストをめくるだけでは身につきません。

私は英語多読で身につけた英語力を、大学や会社でアウトプットをしつづけました。

レポートやメールを買いたり、プレゼンテーションで上司に仕事の進捗報告をすることで、何百回、何千回と同じフレーズを英語で使い倒しました。

「わかりやすい英文の型」が身についたことで、ビジネスメールやミーティングで英語を使う上で「あなたの言っていることは分からない」と言われたり、誤解して伝わったことはありません。

これは私がすごいのではなく、経験を積めば誰でもできることなのです。

このような実践的な英語力を身につけたい人は、いつまでもお勉強をするのをやめて、英語を使う経験を積むという「独学」のフェーズに移行するべきです。

また、金銭的な独学の学習メリットは、無視できません。

学校で英語を学ぶとお金を払わなければいけませんが、経験を積みながら英語を使えば、お金をもらいながら英語力を手に入れることができるのです。

専門用語はスクールでは学べない

そして専門分野を英語で運用する話について言えば、これはもうスクールの入るスキは全くありません。

私は英文会計を学ぶにあたり、米国の大学で税務や国際会計基準を勉強しました。

そしてその学んだ知識を活かして外資系企業でファイナンスや英文経理の仕事をしましたが、「会計知識&英語」という分野においては、独学でしか身につけることはできません。

私はこれまで複数の外資系企業で働いてきましたが、そのうちの1社は米国系の会社でした。

英文経理の部署に配属された私は、日本の会計基準で作成した決算書を、アメリカの会計基準で計算し直した決算書を作り直し、米国本社にレポーティングをしていました。

「日本の会計基準→米国の会計基準」に変換する知識を、留学先の大学で教わった経験はありません。

日本では日本の会計基準を学び、アメリカでは米国の会計基準を学びます。

しかし、その基準の違いを理解して決算書を作り直す知識を体系的に提供しているスクールは、私が知る限りは存在しません。

よしんばあったとしても、その違いを米国のCFOにレポーティングするノウハウまでは、教えてもらえないでしょう。

私は会社の先輩社員から手作りのマニュアルを受け取り、ネットで検索をして情報を集めながら、苦心惨憺(さんたん)してレポーティングの業務にあたっていました。

私が経験したのは会計の分野ですが、これが法務でもITでも同じことが言えるでしょう。

ビジネスの現場で運用するためのすべてを、スクールは提供することはできません。

そのために、独学力を身につけて、都度自分で考え、調べながら対応するしかないのです。

◇ ◇ ◇

英語力も、専門分野を英語で運用する知識、スキル、ノウハウはすべて独学で経験で対応することが可能です。

そういう意味で、真の英語力は独学でなければ身につけることはできません。

黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 英語ペラペラな人の頭の中では何が行われているの?/黒坂岳央
  • 最速最短で英語学習のゴールに到達する「集中力」の作り方/黒坂岳央
  • 英語学習に失敗してしまう人の4つの共通点/黒坂岳央
  • 英単語を覚えるコツは心理学!? 楽して暗記する方法とは/黒坂岳央
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 「チャック開いてるよ」を英語で言うと?/多岐川恵理

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

  • 糖質制限中の平日ランチに迷った時のオススメ「チェーン店」メニュー/藤沢篤

  • 「じゃあ」「それじゃ」って英語で何て言う? /今日のタメ口英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る