英語学習

英語学習嫌いだった僕が激変した、あるきっかけ/藤沢篤

「英語は勉強の対象である」という考え方を変え、「誰かとコミュニケーションをとる」「知らない世界とつながる」にするだけで、英語の勉強法とやる気はグッと変わります。ブロガーの藤沢篤さんが体験談を語ります。

「必要なのはわかってるけど、昔から英語の勉強は嫌いなんだよなあ……」
「英語の勉強って何のためにやるかわからなくて、やる気でない……」

という声をよく聞きます。

何を隠そう、昔の僕もこのような気持ちでした。

中学1年生で初めて英語を勉強し始め、高校、大学に至るまでつきまとった英語の勉強。

その間ずーっと、僕にとって英語は「めんどくさいもの」「必要ないのに勉強させられてるもの」でした。

そんな英語学習嫌いだった僕が、一人で海外を半年も旅するようになり、アメリカ人とバーで2人で何時間も話すようになったきっかけと、その独学の方法を紹介します。

僕の英語観を変えた、中国人女性とのエピソード

僕が「英語」の価値観について話すとき、避けては通れないエピソードがあります。

20歳の時に、温泉旅館に家族で旅行に行った時の話です。

温泉から出て部屋に戻ろうとしていると、女将さんと、中国人らしき女性グループが困った様子で話しているのが見えました。

中国人らしきグループ(実際は台湾人でした)が英語で何かを話してるけども、女将さんが全く理解できていない様子を見て、少しだけ盗み聞きしてみました。

すると、ギリギリですが、女性の言うことが理解できました。

と言っても「greeen shampoo(緑のシャンプー)」という単語だけでしたが。

それでも僕は、何か自分が力になれるかもと思い、彼女たちの間に入りました。

すると女性たちは「緑のシャンプーを温泉に忘れてしまった」ということをつたない英語で言っていました。そのことを理解した僕は、すぐに女将さんにそのことを伝えました。

すると女将さんは店の奥から「これでしょ」と言わんばかりに緑のシャンプーを持ってきてくれました。

そこにいたみんなが笑顔になり、僕は何か偉大なことを成し遂げたような気持ちになりました。

このとき僕は、「英語」は勉強の対象ではなく、他人と他人が意思疎通するための「手段」だと知りました。

英語をマスターすることは、テストで点数を取ること以上に、大きな意味があることを実感したのです。

「勉強する対象」から「コミュニケーションの手段」に変化

20歳で通訳まがいのことができるなら、勉強なんて必要ないじゃん、と思ったかもしれません。

しかし上記エピソードで台湾人女性が話した英語は、基礎的で、単語を並べただけのものだったので、僕も理解することができました。

まだまだ僕は英語を勉強する必要があり、この時から、僕の英語に対する考えは少しずつ変わりました。

それまでの僕は、英語の勉強は「テストで点をとるため」「TOEICで高得点をとるため」「問題に正解するため」にするものでした。

このエピソード以降、少しずつそれが変わりました。

英語を勉強することは「誰かとコミュニケーションをとるため」「誰かを助けるため」「自分の知らない世界とつながるため」にするものになったのです。

目的が明確になったことで、やる気が上がった

想像してほしいのですが、英語の勉強を上記の2種類の動機ですると、勉強中のやる気が全然違います。

新しい単語を覚えるにしても、ただテストに出題されるから覚えるのではなく「この単語はどんな時に使われるだろう?」「どんな人が使うだろう?」と思うようになります。

そうして具体的な場面を想像しながら単語や文法を覚えるほうが学習効率が高いことは、最新の英語学習ではよく知られています。

とはいっても、「いきなりそんなドラマチックなエピソードに出会えないよ!」という方に、具体的に自分のモチベーションを変化させる方法を紹介します。

リスニング教材、シャドーイング教材を「自分で探す」

僕の英語の独学のメインは「リスニング」と「シャドーイング」です。

この2つは一般的ですが、僕が普通と違う点は「教材を自分で探している」という点です。

書店に売っている英語学習の本についているCDでもよいのですが、それだとどうしても「勉強している」感がぬぐいきれません。

そこで「自分が聞きたい、理解したい、マスターしたい音源」を探す努力をします。

僕の場合は「アルケミスト」という小説が好きだったので、アルケミストの英語のオーディオブック(ナレーターが本を読み上げている音源)を探しました。

ポイントは、この「音源を探す」段階も、英語の勉強になっている点です。英語の音源は、英語のサイト内にあります。

僕の場合は「audible.com」や「amazon.com(amazon.co.jpではなく)」で探しましたが、英語のポッドキャストやニュースアプリでもよいでしょう。

英語のサイト内で、お目当ての教材を見つけて、カートに入れて、支払いをするのですが、その時は英語を「勉強」しているのではなく、純粋に「手段」として見ています。

英語のサイトで買い物ができると、それだけで自信がつきます。

そうして手に入れた「アルケミスト」の英語音源は、レベルが高すぎて勉強には不向きでしたが、それならもっと簡単で、自分が興味を持てる、カンタンな教材探しをがんばることになります。

自分の「理解したい」気持ちを高めよう

自分の興味のある教材だと、リスニングもシャドーイングも楽しくなり、「勉強している」というよりは「内容を理解したい」「この本を英語でも読みたい(聴きたい)」という感情が自然と湧いてきます。

独学で英語を勉強するときは、小手先のテクニックよりも、いかにして自分の中の「理解したい」という気持ちを生み出せるかの方が、ずっと重要なのです。

この記事を読んで、英語勉強嫌いだったみなさんが、少しでも楽しく独学できるようになると嬉しいです。


藤沢 篤

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】藤沢 篤(ふじさわ・あつし)
プロブロガー・アフィリエイター・作家。ブログからの収益で生活する「プロブロガー」になって5年目。IT分野、英語関連、旅、働き方、恋愛、ダイエットなど様々な分野の記事を執筆する。ブログと並行して複数のアフィリエイトサイトを運営し、マルチな収入源を持つ。
2016年には電子書籍分野にも参入し、その著作は15冊を超えている。フリーランスとして独立したい人をサポートする講座「田舎フリーランス養成講座」の講師を勤める。また、半年の海外バックパッカー旅を複数回行い、マニラとセブ、それぞれの語学学校への留学経験がある。
■Blog:ふじさわブログ

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 青い海、魅惑的なナイトライフ…フィリピン語学留学の体験者が語る「誘惑に負けない英語上達法」/藤沢篤
  • 「海外留学」に向いている会社員、向いていない会社員の差って何?/藤沢篤
  • 英会話をガチで学ぶ「専属トレーナー付き英会話スクール」とは何か?/藤沢篤
  • 「期間」と「上達度」は正比例しない! 語学留学の「期間」の決め方/藤沢篤
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

英語学習の人気記事ランキング

  • 元不登校の私が、英検準1級を突破できた勉強法/ちか

  • 主語が会長、動詞が社長! 目的語が役員なら他はなくてもいい平社員/忘れない中学英語(9)

  • 日英翻訳者が愛用! 簡潔に言える・書けるようになる「省エネ英単語」とは?

  • 社長が会社に欠かせないように、動詞がない英文はありえない!/忘れない中学英語(10)

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る