英語学習

海外ヘ行っても英語力は向上しない! 海外生活の厳しい現実/黒坂岳央

何かあればすぐに「海外はいい。日本はダメ」という“海外幻想”。こんな幻想を持ち、海外ばかりに目を向けている人の勘違いを正すべく、ビジネスジャーナリストの黒坂岳央さんが自身の経験をもとに「海外のリアルな厳しさ」を解説します。

「海外で自分は幸せになれる! 海の向こうには地上の楽園があるはず!」

こんな思いで、語学留学やワーキングホリデーの参加を検討している、または「いつかは海外に住みたい!」という手段のために、日々忙しい時間の合間を縫って英語学習に励んでいる人も少なくないでしょう。

結論から先に言います。日本に不満ばかり言っている人は、世界中どこへいっても満足できません。

海外生活を現実逃避の目的にせず、あくまで「人生の選択肢を広げ、チャンスを得るための機会」にして頂きたく、「そんなに甘くない海外生活」の生々しい話をしたいと思います。

海外生活をしても、行動しなければ英語は使わない

「語学留学、ワーキングホリデーにいけば、積極的に行動しなくても英語を使わざるを得ない」と考えている人は少なくなりません。

しかし、それは思い違いです。

受身の姿勢では、英語を話す機会というのは驚くほど少ないのです。

私はアメリカの大学で会計学を専攻しました。

アメリカでは積極的に発言しなければ、その場にいないのと同じような対応を受けることになります。そして意見を出さない生徒の成績は、厳しい評価が付けられてしまうのです。

私はアメリカの大学で、他の生徒を押しのけて積極的に発言するようにして、落第せずに済みました。ですが、同じクラスには講義中に発言することなく、姿を消していった学生がいたのです。

また、海外で生活をしても自ら積極的に行動しなければ、英語をほとんど話さずに済んでしまいます。

私の知人でヨーロッパに住んでいる女性がいます。彼女は何年も海外に住んでいますが、日本にいた時と比べてほとんど英語の上達はないことを私に教えてくれました。

現地の友達はほぼ100%日本人のみで、たまに使う英語もほとんどお決まりのものばかりと言います。

スーパーで買い物をするときなどは次のような会話になります。

店員「How many?(おいくつ必要ですか?)」
知人「3」

と必要な数を答え、

店員「How will you pay for it?(お支払い方法はいかがしましょうか?)」
知人「Credit Card(クレジットカードで)」

と答えるくらいだそうです。

結局、どこへいっても英語を使う、使わないはその人の行動力次第なのです。

受身の姿勢で、海外に行きさえすれば勝手に英語を使わざるを得なくなる、というのは幻想です。

行動力がない人が海外へ行っても、英語力は向上しません。変えるべきは環境ではなく、意識です。

海外で食事が合わないのはつらい

海外に長期で生活をすると「日本人には日本食が一番合う」ということを思い知らされます。

私はアメリカに住んでいた頃、たまに外食をする時は寿司屋や和食にいっていました。

食事が合えばよいのですが、合わなければ人生の幸福度をかなり下げることになってしまいます。

私の投資仲間の一人は現在、家族でシンガポールに移住しています。その理由は、投資のためです。

彼は数十億円の含み益を持った金融資産を所有しており、シンガポールで「利益確定売り」のタイミングをじっと待っているのです。日本とシンガポールでは投資利益に課税される金額が全く異なるので、彼はシンガポールで投資の利益確定売りを待っています。

そんな彼は当初、シンガポールでの生活を待ちわびていたといいます。「シンガポールはお金持ちの国。街もクリーンで高級コンドミニアムは快適だろう」と。

しかし住んでみて、彼は日本に帰りたくなったと言います。

まずは交友関係、周囲はお金持ちばかりですが横のつながりというのがなく、異国の地で家族以外に心を開く相手がいないのはつらいものだというのです。

そして何よりの不満が、シンガポールの食事だそうです。

シンガポールで外食をすると、日本の2、3倍はします。シャレたカフェランチをとると、ハンバーガーと飲み物で3000円ほどかかってしまいます。

彼は根っからの投資家ですから、いくら資産を持っていても、コストに見合わない食事は悪い投資のような感覚を覚えるというのです。

彼は「利益確定売りをして、おいしい食事ができる日本に早く帰りたい」と言っていました。

「海外=労働環境が最高」ではない

「日本は労働環境が悪い」が口ぐせになっている人は、海外の労働環境をどれだけ理解できているでしょうか?

日本と同じ先進国であっても、多面的に比較して無条件に日本より優れているわけではないのです。

日本は有能な人にとっては、確かに働きにくい環境かもしれません。なぜなら学校教育の段階から「できない子に合わせる」という方針のところが多いのです。

会社でも同じような傾向が見られ、どんなに仕事ができない社員でも、ひとたび正社員として迎え入れたら、周囲がフォローしてでも、残業をたくさんするのを許してでも首を切らずに会社に在籍させます。

私が過去に働いた事がある米国系の企業では、できない社員は本当にすぐにクビにしていました。クビにする時は業務が終わる直前の夕方、突然人事から本人に個別のビジネスチャットが来るのです。

人事に呼び出されて解雇通知を受けたら、それで終わり。必要な荷物は自宅に郵送され、オフィスを追い出されて明日から出社することはできなくなります。

これは退職者が恨みを抱いて、会社のデータを盗んだり、報復をされたりしないためです。

本国アメリカでは、解雇されたことを恨んで、銃を持って乱入する事件も起こっているほどです。

私は女性社員が会議室に入る前に、胸の前で十字架を描いているのを見たこともあります。クビになるのが怖いからです。

有能な社員には、若くても個室と役職を与えられる代わりに、できない社員は本当にすぐにクビになってしまいます。

また、有能な社員は日本以上にハードワークであることが多いです。

さらに、日本は世界的に休日が多い国です。アメリカでは年間休日がたったの10日しかありません。あとは有給休暇を使用する必要があります。

それに対して、2019年の日本は22日間もあります。海外にはゴールデンウイークもシルバーウィークもないのです。

まったりと気楽に働けるイメージのあるヨーロッパも、甘くはありません。日本の失業率は2.5%(2019年2月)であるのに対し、ヨーロッパは失業率が日本より高いのです。

■失業率(ユーロスタットレポートより)
フランス:8.8%(2019年2月)
スペイン:13.9% (2019年2月)
イギリス:3.8%(2018年12月)

そう考えると、失業率が低くて誰もが仕事を得られる日本の労働環境は、悪いものではないと思いませんか?

英語力を身につけて海外にいっても、英語力それ自体は評価されません。できて当たり前だからです。

一方、日本国内ではどうでしょうか。英語ができれば職の選択肢を広げ、高待遇を得ることもできるのです。

何かあればすぐに「海外はいい。日本はダメ」という人がいますが、そんなことはありません。

私個人としては英語を身につけ、日本で活用して有利に生きていく道を勧めたいと思います。

黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和書房)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 真の英語力は「独学」でしか身につかない/黒坂岳央
  • 働き方改革を掲げる企業こそ、副業解禁を宣言するべき/黒坂岳央
  • 中級者が陥りがち!? 「英文法」にまつわる6つの誤解/黒坂岳央
  • 英語ペラペラな人の頭の中では何が行われているの?/黒坂岳央
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • 外国人旅行客に「3語以内」で道案内する英語フレーズ/西東たまき

  • 海外ヘ行っても英語力は向上しない! 海外生活の厳しい現実/黒坂岳央

  • 英語学習嫌いだった僕が激変した、あるきっかけ/藤沢篤

  • 実際のところ、英検とTOEICはどっちが役に立つの?/黒坂岳央

  • theなし複数形とthe+複数形の違いとは?/関正生のやり直し中学英語

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る