英語学習

大人が子供より英語をマスターしづらい「本当」の理由/黒坂岳央

大人になってからの英語学習は「年齢的に無理かも」となりがち。しかし、うまくいかない理由は自分自身で作っているもの。うまくいかない理由とそれを乗り越える方法について、英語学習の著書もあるビジネスジャーナリストの黒坂岳央さんが解説します。

外国語を学ぶうえで、年齢は関係ありません。

脳科学の見地からも、発音など一部を除き、加齢による英語学習への際立った影響がないことが明らかになっています。

しかし、現実問題として、子供から学習を始めるほうが大人になってからやり直しをするより成功率が高いというのも、事実として立ちはだかります。

脳の機能に大きな差がないなら、何が大人の学習者を失敗に導いてしまうのでしょうか?

そこで今回は、4つの理由を取り上げて解説をします。

理由1:年齢のせいにしやすい

大人になってから英語を勉強をすると、科学的な根拠なしに「もう大人になってしまったから英語は身につかない」という思い込みをしがちです。

しかし、この思い込みはあなたが想像をする以上に危険な力を持っています。

人間は「できる」と思うとできるもので、「できない」と思うと、本当はできる力があるのに、できなくなってしまうのです。

私は英語ができない時期、英会話スクールに行ってはやめ、行ってはやめを繰り返していました。

最初はやる気があり、意気揚々と英会話のチケットを買ってスクールスタッフの話を聞いては、ワクワクしていました。

しかし、その実心の奥底では「自分が英語を話している様子をイメージできないな」と思い込んでいました。

気持ちはやりたいと思っていたのに、深層意識では「自分なんかができるはずがない。できる気がしない」と全力でブレーキを踏んでいたのです。

そのため、少しでも引っかかりを感じると即諦めていました。

「やっぱり自分には無理だったか……」と。逆に自分にはできない理由を見つけると不思議とホッとしていた気がします。

「大人から英語なんてできる人はいない」と思い込んでいました。

「英語なんてできない」が「自分にもできる!」という考えに変わったのは「英語多読」に出会った時です。

「英語は子供の時でないと身につけることはできない」と思っていたのですが、英語多読はそんな思い込みを粉々に粉砕してくれました。

「英文をじっくり読むなら自分にも出来る」と。「できない」が「できる」に変わった1年後、私は英語で専門分野の勉強をしていました。

年齢を言い訳にする人は、実は全力でブレーキを踏んでいるのは自分自身である事に気づきましょう。

理由2:まとまった時間が作りづらい

大人が英語学習で成功しない理由によくあげられるのが「まとまった時間がない」というものです。

確かに物理的な時間は明らかに子供のほうが多いです。

学生には夏休みがありますし、残業もなければ休日出勤もありません。

会社員は平日の日中を仕事に使い、最近では夫婦共働きの世帯も増えてきて、子育てに忙しくしている人も多いでしょう。

しかし、それでも私は「大人は学生ほどまとまった時間がない」を決定的なハンディとは思いません。

冷静に考えると、英語はまとまった時間がなければ身につけられないものではないのです。

難関大学や医学部、司法試験や公認会計士試験を受験すると言うなら、確かに学生のようにまとまった時間がなければ突破は難しいかもしれません。

でも英語は違います。

英単語、イディオム、英文法など、一つ一つはとても簡単な概念と単純な暗記の塊でしかないのです。

極端なことを言えば、英単語を覚えて、英文法を理解できればどんな英文でも読めます。

読んだ英文をそのまま頭に入れて、口から取り出せば完璧な英会話ができてしまいます。

一問解くのに強い集中力や、論理的思考力が要求される数学や物理の分野と、英語は難易度が違います。

むしろ、簡単な概念と暗記の集合体であると考えると、英語ほど細切れで学習できる分野はないと思えるほどです。

理由3:意欲が減退している

大人になり、年をとるほど意欲が減退します。

これは脳科学の見地からいっても理にかなった話で、人は感情から老化するのです。

感情が老化すると、意欲が衰えてやる気に満ちていた英語学習も、「まあ、英語ができなくてもいいか」と簡単に諦めてしまいます。

感情の老化は生理的な現象なので、誰にでも訪れるのです。

しかし、この老化現象でさえも創意工夫で乗り越えることは不可能ではありません。

私の知人のお金持ちの社長は、年始の目標に「今年はモルディブへいく」と決めてしまい、早々に予約を入れてしまうのだと言います。

こうなってしまうと、仕事は何が何でも終わらせなければいけなくなります。

期日前に終わらなければ、高い費用を支払ったモルディブツアーはムダになってしまうのです。知人はこうすることで、モチベーションを維持して目標を達成すると言います。

英語学習者であれば、半年先に海外旅行の予約を入れておくなどが効果的でしょう。

英語の勉強をサボれば、旅行代はムダになります。

「せっかくなら、精一杯旅行を楽しむために英語を頑張る!」

そのようなモチベーションを作りだす有効な方法と考えます。

理由4:経験・思い込みに囚われる

大人は経験があります。それ故にはじめてのことでも、過去の経験を使ってそつなくこなすことができます。

しかし! この経験が思い込みを生み出し、その思い込みによって英語学習が邪魔されてしまう事が起こりえます。

「昔やった英語学習法で、もう一度やり直そう!」と考え、他によりよい学習法があるのを確認せずに勉強を再開します。

しかし、昔やってうまくいかなかったわけですから、同じことを大人になってやり直しても当然うまくいかないことは多いです。

「自分が過去にやった方法がベスト」と経験から来る思い込みで、また同じように失敗を繰り返してしまうわけです。

◇ ◇ ◇

以上、大人が子供より英語をマスターしづらい4つの理由を解説しました。

どれももっともな理由に聞こえるのですが、その実、本質的な理由ではないのです。

いつの時代も、大人から英語学習でものにする人はいくらでもいます。ぜひ、反面教師的に4つの理由を理解して、取り組んでみてください。

黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習
【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 中級者が陥りがち!? 「英文法」にまつわる6つの誤解/黒坂岳央
  • 英語ペラペラな人の頭の中では何が行われているの?/黒坂岳央
  • 「会話偏重主義」をやめれば英語力は伸びる/黒坂岳央
  • 英語学習に失敗してしまう人の4つの共通点/黒坂岳央
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

英語学習の人気記事ランキング

  • ナスはなぜ“eggplant”というの?/食べ物の英語雑学クイズ(5)

  • ついにデビュー戦! 英語まみれの初打ち合わせへ/英語力ゼロなのに海外営業部(13)

  • TOEIC満点80回以上! カリスマ英語講師に聞く日本一難しい大学入試英語とは⁉️

  • ギネスブックの“Guinness”とは何のこと?/食べ物の英語雑学クイズ(3)

  • “pineapple(パイナップル)”の由来は?/食べ物の英語雑学クイズ(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る