英語学習

「英語なんてもう辞めたい!」からやる気を取り戻す方法/黒坂岳央

英語学習に挫折しそうになった時、どうやって立ち直ればよいのでしょうか。自身も数多くの挫折を経験してきたビジネスジャーナリストの黒坂岳央さんが、英語に挫折した人に振り返ってほしいことを解説します。

英語学習は長い、長いマラソンを走るようなものです。

学習した頃は熱い想いを持っていた人も、長い学習期間中に心がポキリと折れてしまうこともあるのではないでしょうか?

今回はそんな学習に疲れてしまった方に、もう一度挑戦する気持ちを持ってもらう方法をお伝えします。

挫折は何回もしてもいい

第一に私が強く主張したい点としては、「挫折は何度やっても良い」ということです。

考えてみれば、人間の本質とは「人は失敗をする完璧ではない存在」という点にあるのではないでしょうか?

コンピュータは完璧です。人が出したプログラムを完璧に遂行します。人と機械を分けるポイントは、「人は完璧ではない」という点にこそあるのです。

しかし、そんな完璧から程遠い人間が完璧主義者を演じてしまい、それ故に挫折してしまうという皮肉があります。

「一度でも失敗したらだめな人」
「挫折したらもう終わり」

完璧ではない人が、完璧な成果を求める事により、挫折したら再起不能と思いこんでしまうのです。

英語学習は長いマラソンですから、その道中で何度失敗してもいいと思っています。

実際、私は過去に英会話スクールをはしごして、そのたびに挫折を繰り返してきましたが、最後に行き着いた「英語多読」で英語が使えるようになりました。

一度や二度の挫折で諦めてはいけないのです。挫折したらまた立ち直り、同じ轍(てつ)を踏むことのないように取り組めば良いだけなのです。

最後に成功したら、道中の失敗はすべて「成功するために必要な経験」に変えることができます。

方法(1)初心を思い出す

英語の勉強に疲れてしまった時にこそ、ぜひ初心に持っていたアツい想いと向き合うようにしてみましょう。

きっといくつもの夢があったはずです。

「英語を流暢に使って、世界中の人とコミュニケーションをとる!」
「キャリアアップを実現させて、英語でビジネスをこなす!」
「字幕無しで映画やドラマを楽しみ、Webサイトをスイスイ読みこなす!」

このような夢は、努力すれば才能や年齢に関係なく、誰にでも届く範囲のものなのです。淡々と努力を積み上げることで、本当に誰にでも叶います。

学習開始時に持っていた初心を思い出し、もう一度立ち上がって英語学習を頑張ってみましょう。

英語をものにした人たちは全員、挫折したくなるようないまの気持ちを感じつつ、それでもやめずに継続した人たちなのです。

成功した人とそうでない人を分ける差は「諦めない」というものです。諦めずに立ち上がるには、「初心を思い出す」ということがものすごく重要なのです。

方法(2)結果を出した人を見る

挫折したくなるような心境では、なかなかやりづらいことではあります。しかし、そんな時こそ「うまくいっている人」を見てみましょう。

うまくいっている人というのは、すなわち英語を勉強して英語力をものにした人たちです。

その際に見るべきは、自分の取り組んでいるメソッドで成果を出した人たちです。

世の中、同じメソッドで取り組んで成果を出す人、成果を出せない人に分かれます。

難関大学受験予備校で同じ内容を受講して、東大に合格する人、しない人に分かれます。

多くの人はそのようなことをすると落ち込んでしまいますが、グッとこらえて「うまくいった人と自分は何が違うのか?」ということを冷静に分析するのです。

・成果を出すのに、必要な学習量が足りなかったのか?
・学習開始時の学力に差があったのか?
・自分の取り組んでいるメソッドを正しく理解し、取り組めていたのか?

こうした観点で成功者と自分との差を冷静に見つめ直すことで、うまくいかなかった原因を洗い出し、自分をアップデートする良い機会に変えるのです。

すべての人が、英語力をものにすることができる

義務教育で学ぶ5教科の中でもっとも才能を必要とせず、加齢による影響を受けず、努力しただけ裏切らずに結果を返してくれるのは、間違いなく英語という科目です。

一方、数学で良い結果を出すためには、数学的思考力が求められ、努力だけではたどり着けない領域が存在します。

しかしながら、英語は違います。

挫折しそうになっても諦めなかったすべての人が、英語力をものにすることができるのです。

「もう英語なんて見たくもない!」と放り出して、挫折したくなる気持ちはよくわかります。私も何度も何度も挫折しました。

ですが、そこで諦めなかったからこそ今があります。あなたが挫折しそうになった時、この記事をもう一度立ち上がる糧として頂けると幸いです。


黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧は こちら

あなたへのオススメ記事

  • 「会話偏重主義」をやめれば英語力は伸びる/黒坂岳央
  • 最速最短で英語学習のゴールに到達する「集中力」の作り方/黒坂岳央
  • まず「摩擦」を取り除け! 英語学習を成功に導く最初の一歩/黒坂岳央
  • 中級者が陥りがち!? 「英文法」にまつわる6つの誤解/黒坂岳央
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

英語学習の人気記事ランキング

  • 難しい英単語も「apple」レベルで引き出せばもう最強/東大「ずる勉」(7)

  • 教えよう。単語暗記のクソ悪い例/東大「ずる勉」(6)

  • 英語ダメ人間のための単語帳とは?/東大「ずる勉」(4)

  • バカでも英語の偏差値40→70になれる!/東大「ずる勉」(3)

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る