英語学習

仕事に役立つのは? TOEICと英検のガチンコ比較/黒坂岳央

仕事の現場で使う英語において、TOEICと英検はどちらが役に立つのでしょうか。英語学習の著作もあるの黒坂岳央さんが、ガチンコ比較します。

ビジネス英語ならTOEIC?

日本はTOEIC信仰がとても厚い国として知られます。

転職でも就職でも、TOEICがまるで水戸黄門の印籠のごとく力を発揮する、と考える人も少なくありません。

それに対して、英検はどうでしょうか。

どうしても、「日本人が独自に作った、趣味で受験するもの」と捉えられてしまう面が否めません。

しかし、本当のところどうなのでしょうか?

そこで今回は、TOEICと英検のどちらが仕事で役に立つのかを比較します。

就職・転職活動では?

「仕事で英語を使う」という話になると、まずは就職・転職をしなければはじまりません。

その際、「資格」という切り口で武器として役に立つのはどちらか? 実はこの答えは「就職」と「転職」で随分と事情が異なるのです。

新卒就職となると、「英語を使用した経験」を語ることは多くの人には現実的に無理です。
海外の大学に留学したり、海外に年単位で住んだ経験を持っているなら別です。


しかし、多くの日本人は日本の大学で日本語を主として学生生活を送り、英語は「自主的に、もしくは学校で勉強した」という「学習英語」というレベルになります。

結論的にはこれを読んでいる読者さんの想像通り、TOEICに軍配があがるのです。

英検より、TOEICのほうが社会的に信用があると言えます。

ここで「信用」というのは、実際の英語力はさておき、資格そのものに信用があるのはどちらかという観点での話です。

正直、グローバル企業や外資系企業でガンガン英語を使う環境でないなら、面接官も相手の英語力を正確に把握する力はない場合も多いです。

そのため、相手の力量を測る上で「TOEIC800点以上あればOK」という指標を持っているわけです。

この指標の土俵に上がるのは、「TOEIC」であって「英検」ではありません。

なぜなら、日本では社会通念上、「TOEICスコア=その人のビジネス英語運用能力」という認識がされているからです。

仕事をする上でもTOEICが有利!

そして一旦仕事に就いたら、もうTOEICだの英検だのは関係ないと思う人もいるかもしれません。

しかし、実はそうではない場合もあります。

私が働いていた外資系企業では、ある日突然「TOEICを取得せよ」というおふれが全社員に通達されました。

2年以内に全社員がTOEICを受験し、課長職以上は◯点、部長職以上は◯点なければ降格する! という強烈な通達がなされたのです。

それまで20年、30年勤めてきて仕事はしても英語の勉強は大学受験が最後、というオジサンたちが血相を変えて「英語の勉強」をしはじめたのを覚えています。

会社も英語学習の補助金を出し、オフィス内には「英会話スペース」が設けられました。

外国人の先生が、社員証をぶら下げたオジサンと英会話をしているのが日常風景に加わりました。

こうした話は、私が勤めていた会社だけではないでしょう。

グローバル化が進むにつれて、「英語力」を社内でも求める会社が今後出てきてもおかしくありません。

その際に、英語力の指標として提出を求められるのは、英検の合格証書ではなくTOEICスコアなのです。

英検を勉強し、TOEICを受験する

ここまでの話を聞くと「なんだ、英検なんてまったく役立たずでやはりTOEICか」と思われた方も多いと思います。

確かに資格としての価値だけを見ると、完全にTOEICでしょう。

私からのお勧めは「英検を勉強し、TOEICを受験せよ」というものです。

その理由を話します。

まず、TOEICは何度も受験することでスコアが上がる特性の試験ではありません。受験者の英語力が変わらない限り、まぐれで高スコアが取れるものではないのです。

また、TOEICは受験しても「一切のフィードバックがない」という大きな欠点もあります。

受験した結果、問題用紙も持ち帰ることはできず、手に入るのはスコアだけ。どこが間違えていたのかも分からないので、次につなげることはできないのです。

つまり、TOEICで手に入るのはスコア用紙1枚だけなのです。

その一方で、英検は受験することに価値があります。

「読む・書く・話す・聞く」の4技能をしっかりを身につけ、試験後は問題用紙も回答も得られます。自分の英語力のどの点が弱いのかが分かるフィードバックも得られます。

また、TOEICは簡単な問題が膨大な分量が出題される試験であるのに対し、英検は骨太の試験なので、何度か受験してフィードバックを頼りに弱点をつぶすような勉強ができます。これにより、真の英語力を身につけることができるのです。

私は英検を受験する過程で英語力を身につけ、弱点を明らかにして次につなげ、実力がついたら総仕上げとしてTOEICを受験することを勧めます。

時々、TOEICばかりを熱心に受験する人がいますが、いつまでもお金をドブに捨てるような真似は止めなさいと言いたくなってしまいます。

第3の資格こそが「最強」

今回は「英検 vs TOEIC」という観点でお話をしましたが、実は第3の資格こそが最強ということをお話します。

その資格とは、「実務経験」です。

英検1級、TOEIC900点よりも、「アカデミックやビジネスの場で英語をこのように使い、こんな実績を出しました」と語る経験には、英検もTOEICも絶対に勝つことはできません。

私は転職活動の時に、何十社もの会社の面接に顔を出しました。

その際、履歴書に書いた「英検1級・TOEIC985点」にはほとんど触れられず、アメリカの大学で会計学を専攻したこと、これまでのビジネスの現場で英語を使ってどのように実績を出したのかについて、非常に関心を持たれました。

時には日本人の面接官から「それじゃここからは英語でも大丈夫ですか?」と突然英語面接を振られてしまうこともあり、ある程度進行した時点で「英語はまったく問題ないですね」と言われてまた日本語に戻る、ということも経験があります。

国際的に通用し、もっとも社会的に信用があるのは英語の実務経験です。

しかし、その実務経験は自分ひとりで身につけることはできませんから、上述した通り「英検で鍛えて、TOEICスコアを提出する」という作戦が功を奏するのです。


文=黒坂 岳央

カテゴリ:英語学習

【著者紹介】黒坂 岳央(くろさか・たけお)
1981年、大阪府生まれ。「水菓子 肥後庵」代表。ビジネスジャーナリスト。高校卒業後、5年間のニート&フリーター生活の後、関西外国語大学短期大学部に入学。在学中にシカゴの大学へ留学し、会計学を学ぶ。卒業後は、ブルームバーグLP、セブン&アイ、コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、高級果物ギフト専門店「水菓子 肥後庵」を設立。
■Blog:黒坂岳央の超公式ブログ
■Twitter:@takeokurosaka

【著書紹介】『1年でTOEIC985点&英検1級! 中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!』(大和書房)

★英語力を高めるヒントが満載「英語学習」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 海外旅行で役に立つのは? TOEICと英検のガチンコ比較/黒坂岳央
  • 英語学習初期の挫折を乗り越えるコツ/黒坂岳央
  • 「英語なんてもう辞めたい!」からやる気を取り戻す方法/黒坂岳央
  • 大人が子供より英語をマスターしづらい「本当」の理由/黒坂岳央
  • NEW
    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

英語学習の人気記事ランキング

  • 英単語を暗記するための“脳のだまし方”って?/東大「ずる勉」(10)

  • “科学的な復習”で英単語の記憶を「長期記憶」に格上げせよ!/東大「ずる勉」(11)

  • 前置詞とか他動詞とかって、英語勉強に必要な知識なの?/東大「ずる勉」(9)

  • 英単語の意味は「1個目に書いてあるヤツ」だけ覚えればいい/東大「ずる勉」(8)

  • サラッと勉強してTOEIC800点! 超効率的な「ずる勉」/東大「ずる勉」(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る