飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ⑬眼鏡の「鼻あて」は日本人が発明した?

飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ⑬眼鏡の「鼻あて」は日本人が発明した?

場を盛り上げるのにぴったりなのが、誰でも楽しめる雑学ネタ。雑学総研さんの『大人の博識雑学 1000』で、ついつい誰かに話したくなる雑学ネタを仕込みましょう!

次の説明が正しければ〇、誤っていれば×を選んでください。

眼鏡の「鼻あて」を発明したのは日本人である。

  • ×
【ポイント】
眼鏡を日本に伝えたのは、16世紀ヨーロッパの宣教師、または商人だったといわれている。フランシスコ・ザビエルが、周防(現在の山口県東部)の戦国大名だった大内義隆に献上したのが最初という説もある。当時日本に伝わった眼鏡は、フレームの両側に穴を開け、紐を通して耳にかけるタイプのものだった。だが、そのままだと鼻のつけ根が低い日本人には、まつ毛とレンズが接触して使い勝手が悪い。そこで考え出されたのが、現在の眼鏡のフレームについている一対の「鼻あて」。これによって、眼鏡のレンズは顔のちょうどいい位置に固定されるようになった。この鼻あてが、今では世界中の眼鏡に用いられるようになっているのである。

参照元:『大人の博識雑学 1000』(雑学総研著、KADOKAWA)

次の問題:
飲み会で誰かに話したくなる! 雑学クイズ⑭理・美容室の定休日はなぜ月曜が多い?

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る