「英語の常識」、間違ってます クイズ④ Of course. =「もちろん」である

「英語の常識」、間違ってます クイズ④ Of course. =「もちろん」である

学校で教わった英単語の意味や使い方が、実は間違っていた!? このクイズで、あなたの中の間違った常識をリセットしましょう。

次の説明について、合っていれば〇、間違っていれば×を選んでください。

Of course.の意味は「もちろん」である。

  • ×
×
【ポイント】
先日、昼休み中のイギリス人に仕事を頼もうとして、Are you taking a break?と話し掛けたら、ムッとしながらOf course.と言われました。このOf course.は「そりゃそうだよ」「見ればわかるだろ」という不機嫌な気持ちを表していますね。ほかにも、ITエンジニアがパソコン上手に使えるんだねと言われたときに、「あたりまえだよ」と答えるときもOf course.だし、日曜に郵便局に行ったら閉まっていたというときに、「そりゃそうだ(私はなんてばかなんだ)」と言うときもOf course.が使えます。このように文脈によって意味が違ってきますから、Of course.=「もちろん」と単純に覚えていると、痛い目に遭いそうです。

参照元:『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』(繁村一義、酒井邦秀・アルク)

次の問題:
「英語の常識」、間違ってます クイズ⑤ a few =「二、三の」である

書籍情報

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

著者:繁村 一義, 酒井 邦秀 (監修), NPO多言語多読 (その他)
出版社:アルク
販売価格:¥ 1,728

英語学習の人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

ページトップに戻る