ビジネスですぐ使える語彙力⑦「反故」の意味は?

ビジネスですぐ使える語彙力⑦「反故」の意味は?

語彙を増やすと、会話力やコミュニケーション力がグッと向上し、ビジネスのスキルアップにつながります。今回は、語彙力向上研究会の『ビジネスですぐ使える語彙力が身につく本』(三笠書房)で、語彙力を鍛えましょう。

次のうち正しいものを選びましょう。

「反故(ほご)」の意味は?

  • 反対すること
  • むかし使われていた言葉
  • 役に立たなくなったもの
  • 人や物を守ること
役に立たなくなったもの
【ポイント】
「書や画を書き損じて不要となった紙」が本来の意味で、「反古」とも書きます。そこから転じて、「役に立たなくなったもの」という意味になりました。「約束を反故にする」といえば、約束を破ったり、契約を無効にしたりすることを指します。

参照元:知的生きかた文庫『ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本』

次の問題:
ビジネスですぐ使える語彙力⑧「もったいをつける」の意味は?

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

ページトップに戻る