経済学の名著クイズ①『国富論』の著者は?

経済学の名著クイズ①『国富論』の著者は?

「その本、名前は知っているけど……」で終わりがちなのが経済学の名著。蔭山克秀さんの『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』(KADOKAWA)で、それぞれどんな人物が書いた本なのか、確認していきましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

『国富論』(1776)の著者で「経済学の父」と呼ばれているのは誰?

  • マルクス
  • ピケティ
  • スミス
スミス
【ポイント】
『国富論』の著者であるアダム・スミス(1723~1790)はイギリスの社会科学者、経済学者で古典派経済学の生みの親とされる。天才的な直観でその後の経済思想の源流を生み出した。同書の重要キーワードは、「分業」「労働価値説」「貿易の自由」。

参照元:『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』(KADOKAWA)

次の問題:
経済学の名著クイズ②『雇用・利子および貨幣の一般理論』の著者は?

書籍情報

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

著者:蔭山克秀
出版社:KADOKAWA
販売価格:¥ 1,620

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

ページトップに戻る