マネーテク

【会社員向け】月にどのくらい副業できる? 稼働時間別・おすすめ副業一覧

副業で継続的に収入を得るには、本業とのバランスが重要です。副業を始める際に特に考慮すべきなのは、「副業にあてられる時間」。高収入の副業であっても、始めてみると意外と手間がかかって睡眠時間を削って作業することになってしまうケースも少なくありません。

{ 目次 }

「1日30分」でできる副業は?
おすすめ副業:ポイントサイト
ポイントサイトの仕事の流れ
ポイントサイトの代表的な案件
「1日1~2時間」でできる副業は?
おすすめ副業:テープ起こし
テープ起こしで高報酬を獲得するには?
「1日2時間以上」の時間がとれる人向けの副業は?
副業にチャレンジするなら計画的に

そこで今回は、誰でも始められる“難易度”の低い副業の中から、1日の稼働可能時間別(30分、1~2時間、2時間以上)におすすめの仕事を紹介します。これから副業を始めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

時間別、おすすめの副業


「1日30分」でできる副業は?

「本業が忙しいけど、お小遣いを稼ぎたい!」という人は、昼休憩や就寝前の30分程度の「スキマ時間」で収入を得られる、ポイントサイトやアンケートなどの仕事がおすすめです。

いずれも一案件の負担が少なく、成果物の修正もほとんどないので、続けやすいのが特長。ただし、労働時間と難易度が低い分、単価も低めなので自身の「稼ぎたい金額」をしっかりと考慮する必要があるでしょう。それぞれの詳細を以下で紹介します。

おすすめ副業:ポイントサイト

ポイントサイトを使った副業とは、会員登録や広告閲覧、アプリのダウンロードなどを行うことで貯まったポイントを、AmazonやAppleのギフトカード、電子マネーに換金できるというものです。

仕事の流れは、以下のようになります。

ポイントサイトの仕事の流れ

1. ポイントサイト(お小遣いサイト)に登録
2. 登録したサイトから案件を探す
3. 参加したい案件があれば、一覧からクリックして詳細を確認
 ※ポイントの反映時期などポイント獲得条件は案件ごとに異なるので、必ずチェックしましょう。
4. 案件を行う
5. 終了後はポイントの反映を待ち、反映後に換金する

どのポイントサイトを利用しても基本的には上記の流れで、報酬を得ることが可能です。

また、多くの案件は基本的には30分以内で完了できますが、細かい手間はそれぞれ異なります。ポイントサイトの代表的な案件の例を紹介しましょう。

ポイントサイトの代表的な案件

※購入料金は報酬に還元されます
※購入料金は報酬に還元されます

初心者のうちは、「メルマガ登録」「資料請求」などのシンプルな案件がおすすめです。

単価は1ポイント1円以下なので、ある程度の収入を得るためには複数案件を行う必要がありますが、スキマ時間でも作業できるので、副業デビューする際は一考の価値があるのではないでしょうか。

ポイントサイトは手軽な副業


「1日1~2時間」でできる副業は?

ある程度まとまった収入を得たい人や本業が定時で帰れる人は、終業後1~2時間程度、副業をしてみてはいかがでしょうか。

在宅系では、クラウドファンディングで初心者でも受注しやすい「テープ起こし」や「ライティング」などの案件がおすすめです。

また、最近は流行している料理配達の「Uber Eats」も運動を兼ねてチャレンジする人が増えています。

ここでは、先ほど挙げた「テープ起こし」をピックアップして紹介します。

おすすめ副業:テープ起こし

音声データを文字に書き起こすテープ起こしは、ある程度のビジネスの知識や文章力・語彙力があれば、初心者でもチャレンジできるおすすめの副業です。

また、業者によって違いはあるものの、単価もほかの在宅の副業と比べると高めです。以下に案件の例と単価を簡単にまとめました。

テープ起こしの案件と単価の例

作業時間の目安は経験者を想定しているので、慣れない間は倍以上の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

また、書き起こしの「抜け」が原因で出し戻しがあった場合は、さらに修正時間を取られてしまうので、効率よく稼ぐことが簡単ではないケースもあります。

その一方で、テープ起こしはそれだけで独立・起業する人もいる仕事です。慣れてくれば1日2時間程度の作業で1万円以上の収益を継続して得ることも不可能でありません。

テープ起こしで高報酬を獲得するには?

テープ起こしで高い報酬を獲得するには、以下の4つの要素が重要です。

1. テープ起こしの経験
自分にあったツールや効率よく文字を書き起こすコツ、レギュレーションに沿った成果物の納品などは、経験を積むことで獲得できます。最初は単価が低くても、続けることでより高単価な案件に見合ったスキルを得ることができるでしょう。

また、「音声起こし技能テスト」が実施されているので、自分のスキルの技能レベルを明確化したい人は、受験してみてはいかがでしょうか。

2. タイピングスピード
テープ起こしの基本は、「音声を聞きながらパソコンに文字を打ち込む」という並行作業。作業効率の向上には、タイピングのスピードアップが欠かせません。

自身のタイピングスキルに自信がない人は、無料のタイピングの練習ツールなどを使いながら、キーボードを見ずにタイピングする「ブラインドタッチ」を習得し、スピードアップに取り組むことをおすすめします。

3. 専門分野
医療、法律、不動産などの専門的な知識が必要な案件は比較的報酬が高く、成果物に不備がなければ継続的に受注しやすい傾向があります。

本業の業界や職種などの経験が生きる案件を常に探して、チャレンジしてみることをおすすめします。

4. 業者との直契約
テープ起こしの案件には、主に「クラウドソーシング」と「業者との直契約」の2種類があります。

初心者には、クラウドソーシングの方が案件を獲得しやすいのでおすすめですが、業者と直契約する方が単価は高めになります。

自身のスキルや経験と報酬を天秤にかけて、タイミングがあれば直契約にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「1日2時間以上」の時間がとれる人向けの副業は?

1日2時間以上の時間を確保できるという人の中には、「副業をいずれ本業にしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。そのような人は、自分のスキルや人脈、経験を生かして起業したいと思うビジネスを、副業にすることをおすすめします。

また、ほかにも「本業だけではなく、しっかりとした収益を確保したい」と思っている人もいると思います。

休日などの余暇の時間を使うほか、終業後にもある程度の副業の時間を確保し続ける必要があるので、ただ「お金のため」ではなく、趣味の延長線上や本業以外での自分の腕試しの場として副業を行うことをおすすめします。

副業にチャレンジするなら計画的に

副業はバランスが大切

副業にチャレンジする際は、必ず作業に充てられる時間を明確化することが大切です。副業の時間を決定する要因には、本業の終業時間以外にも「何のために副業をするのか」など、内面的なポイントも考慮する必要があることも覚えておきましょう。


文=藤冨 啓之

カテゴリ:マネーテク

★資産形成に役立つ「マネーテク」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 事務系の人ならコレ! おすすめ「副業」ベスト3
  • 副業への挑戦が「縁」と「きっかけ」を呼び込んだ/レア力で生きる(6)
  • 隠れて副業するか、堂々と副業するか【毎日でぶどり】/橋本ナオキ
  • 秘密にしていれば大丈夫?「副業」が会社にバレる本当の理由/副業2019⑥
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

マネーテクの人気記事ランキング

  • 事務系の人ならコレ! おすすめ「副業」ベスト3

  • 唯一の「100万円超え」はどの業界? 気になる各業界の夏ボーナス支給額

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • こんなにあった! 新幹線に安くのる9つの方法/節約ハック大百科③

  • 【会社員向け】月にどのくらい副業できる? 稼働時間別・おすすめ副業一覧

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る