マネーテク

転職が当たり前の世の中では、変化を見据えたキャリアプランが重要/お金の教科書(1)

大富豪が多い欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。海外で学生時代に叩き込まれる基礎教養「一生モノのお金の基礎知識」を、『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』(アンドリュー・O・スミス著)よりご紹介します(第1回)。

お金とキャリア設計の基本

まだ学生の人や、社会人になったばかりの人は、自分の将来のキャリアのことはぼんやりとしか考えられないだろう。もちろん、中には子どもの頃から、自動車整備工やバレエダンサー、プロスポーツ選手、ホームレスのための慈善活動など、将来の夢がはっきり決まっている人もいる。しかしたいていの人は、若いうちから自分の天職を見つけるのは難しいだろう。

学校で何を学ぶかを決めるときは、将来のだいたいの職業を決めておいたほうが、正しい選択ができる可能性が高くなる。それと同時に、その職業がうまくいかなかったときに備えて、応用の利く知識やスキルを身につけておくことも大切だ。

現代のビジネスパーソンは、おそらく生涯で何度も仕事を変えることになるだろう。引退までずっと同じ会社に勤めるという人はかなりのレアケースだ。

業界は同じであっても、おそらく勤め先は変わるだろう。たとえば、看護助手の資格を持っている人であれば、病院を変えたり、医療事務の仕事をしたりしながら、キャリアアップを目指すというケースが考えられる。あるいは、まったく違う業界の仕事を経験するという人もいるかもしれない。最初の仕事は建築現場で、次にトラック運転手になり、さらに倉庫の管理人になるようなケースだ。

若い頃の決断は、その後の仕事の選択肢に大きな影響を与える。選択肢が広がることもあれば、キャリアの妨げになり、金銭的にも苦労する結果にもなりうる。

あなたのキャリアとお金の関係

キャリアとは、それまで積み重ねてきた仕事のスキルや経験のことだ。たいていの人は、同じ仕事を続けたり、同じ業界の中でさまざまな職種を経験したりしてキャリアを築いていく。ずっと同じ会社でキャリアを築く人もいるだろう。

たとえばあなたが冷蔵技師なら、キャリアを通じて複数の家電メーカーに勤めることになるかもしれない。あるいは公務員になって地元の自治体に就職し、会計係、プログラムマネジャー、プロジェクトスーパーバイザーを歴任するというケースもあるだろう。いずれのケースもずっと同じ業界で働いているので、業界をベースにしたキャリアを構築できる。

自分のキャリアが最終的にどうなるのか予測するのは難しいが、だいたいの方向性を決めて、それに沿った正しい決断を下すことが大切だ。

アメリカにおけるベビーブーム世代(1957~1964年生まれ)のいちばん若い層は、50代の半ばにさしかかっている。そんなキャリアの終盤が近づいた彼らは、平均して12の違う仕事を経験している。(注1)今の若い人は、上の世代に比べてさらに転職が盛んになると考えられているが、今のところミレニアル世代(1980年代~2000年代初頭生まれ)は上の世代よりも転職がわずかに少ないようだ。(注2)

現代のアメリカでは、ひとつの仕事を続ける長さは平均して4年半になり、キャリア初期のほうが転職回数は多くなる傾向がある。(注3)未来のキャリアは、おそらくもっと転職が多くなるだろう。今の若い人たちは、仕事や環境の大きな変化を何度も経験することになる。

しかし残念ながら、将来必ずやってくる「変化」に対して、万全の備えをしている人はほとんどいない。転職が当たり前になる世の中では、変化を見据えたキャリアプランが重要になる。


注1. U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics,“ Number of Jobs Held, Labor Market Activity, and Earnings Growth Among the Youngest Baby Boomers: Results from a Longitudinal Survey,” March 31, 2015.

注2. U.S. Council of Economic Advisers,“ 15 Economic Facts About Millennials,” Fact 11, October 2014.

注3. U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics“, Employee Tenure in 2014,” September 18, 2014.


著=アンドリュー・O・スミス

カテゴリ:マネーテク
Amazonで詳細を見る
アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

作者: アンドリュー・O・スミス, 桜田直美 (翻訳)
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019-11-20
メディア: 単行本

【著者紹介】アンドリュー・O・スミス
学生時代からお金、投資、財務計画についてのアドバイスを受け、アメリカで最初の大学投資クラブの一つであるペンシルバニア投資連合の設立を支援。受託者、財務顧問、弁護士として、信託基金、不動産、投資パートナーシップ、有限責任会社、保健信託などに助言をしてきた。現在は科学専門メーカーYenkin-Majestic Paint Corporationの最高執行責任者。

あなたへのオススメ記事

  • 何のため働くのか? キャリアの成功で目指すのはお金だけじゃない!/お金の教科書(5)
  • 生涯所得を最大化するために一番大切なのは、どんな職業を選ぶかだ/お金の教科書(4)
  • 雇用のリスクとメリットを意識して、「雇いたい」と思われる労働者に/お金の教科書(3)
  • 学ぶのをやめなかった人が成功する!「資産価値の高い人」になろう/お金の教科書(2)
  • NEW
    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

マネーテクの人気記事ランキング

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • こんなにあった! 新幹線に安くのる9つの方法/節約ハック大百科③

  • 独身だと手取りがずいぶん減るって聞いたんだけど?/給料のカラクリ③

  • 副業で得た収入はいくらから確定申告しないとダメなの?/給料のカラクリ⑥

  • 知らなきゃ損!「お金がお金を生む」は本当だった/寝ながら稼ぐ121の方法⑩

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る