マネーテク

学ぶのをやめなかった人が成功する!「資産価値の高い人」になろう/お金の教科書(2)

大富豪が多い欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。海外で学生時代に叩き込まれる基礎教養「一生モノのお金の基礎知識」を、『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』(アンドリュー・O・スミス著)よりご紹介します(第2回)。

人的資本――「資産価値の高い人」とは

仕事を続けていくうちに、知識、経験、人脈、スキルといった、その仕事に必要なものが手に入っていく。その結果、あなたの生産性が高まり、雇用主にとってより価値のある存在になる。こうやって築いたスキルや能力が、あなたの「人的資本」だ。

職業をベースにしたキャリアを歩んでいる人は、人的資本がしっかりしていれば、勤め先が変わっても立派に通用するので、キャリアアップのための転職を望むことができる。また、業界をベースにしたキャリアであっても、人的資本がしっかりしていれば、同じ業界内でステップアップしていくことができる。ただし、違う業界に転職した場合、前の業界で身につけたことが役に立たなくなるかもしれない。

おすすめできないキャリアの選択は、「職業と業界の両方を変える転職」だ。たとえば、小売店の店員から、メーカーの購買部、教育機関のテクニカルサポートというような転職がそれにあたる。こういうキャリアの道を歩む人は、収入がなかなか増えずに苦労することになるだろう。それぞれの仕事で身につけた知識、経験、人脈、スキル、すなわち人的資本が、次の仕事でほとんど生かされないからだ。

しっかりした人的資本を手に入れたいなら、最初の投資は教育とトレーニングということになる。平均的な高校卒業生であれば、卒業の時点でかなりの仕事のスキルを身につけている。まず読み書きができ、計算ができる。集団行動もできるし、さまざまなタイプの人と協力して働くことができる。

悪くないスタートだが、社会で有能な人材になるには、さらに追加の教育やトレーニングが必要だ。一般的に、トレーニングとは、ある特定の職業に必要なスキルを学ぶことだ。たとえば、裁判所速記官、美容師、機械整備士になりたいのであれば、専門のトレーニングを受けなければならない。

それに対して教育とは、さまざまな職業に応用できるような、一般的な知識を身につけることだ。たとえば大学でリベラルアーツを学んだ人は、分析的思考やコミュニケーションスキルを身につけたとみなされる。また、会計の知識があれば多くの職場で役に立つだろうし、外国語ができれば、外国と取引のある仕事で役立てることができる。

大学に行くことには長い目で見れば大きな見返りがある。しかし、すべての人が大学教育を必要としているわけではない。ここでいちばん大切なのは、自分のキャリアの道を選び、そのために必要な知識やスキルを、教育やトレーニングで身につけるということだ。

高校を出たら専門学校へ行って、特定の職業に必要なスキルを身につけようとする人もいるかもしれない。あるいは、すでにその仕事をしている人に弟子入りするという道を選ぶ人もいるだろう。この場合、最初の収入はごくわずかだが、修行を積んで一人前になり、もっと稼げるようになることを目指す。

キャリアに関する教育やトレーニングは、就職したらそこで終わりではなく、働くかぎりはずっと続けていかなければならない。学ぶのをやめなかった人は、たいていキャリアで成功して稼げるようになっている。どんな仕事であっても、学ぶチャンスはほぼ確実にある。自動車整備工でも、医師でも、最新の知識や技術を学ぶことを忘れてはいけない。

17歳か18歳で、50年先の将来のことまで考えている人はあまりいないだろう。とはいえ、高校を卒業した頃から考えておきたいことがふたつある。ひとつは、複数の職業で応用できる実用的なスキルを磨いておくこと。たとえば、マーケティング、ウェブサイトを作る、基本的な簿記といったスキルだ。こういったスキルがあれば仕事が見つかりやすくなり、キャリア初期の転職でも有利に働くだろう。

そしてもうひとつは、興味のある業界の中から関連する仕事をひとつかふたつ選び、それに集中するということ。たとえ目指すキャリアがまだ決まっていなくても、ある業界に関する知識や経験があると、将来的に貴重なスキルを身につけることができる。


著=アンドリュー・O・スミス

カテゴリ:マネーテク
Amazonで詳細を見る
アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

作者: アンドリュー・O・スミス, 桜田直美 (翻訳)
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019-11-20
メディア: 単行本

【著者紹介】アンドリュー・O・スミス
学生時代からお金、投資、財務計画についてのアドバイスを受け、アメリカで最初の大学投資クラブの一つであるペンシルバニア投資連合の設立を支援。受託者、財務顧問、弁護士として、信託基金、不動産、投資パートナーシップ、有限責任会社、保健信託などに助言をしてきた。現在は科学専門メーカーYenkin-Majestic Paint Corporationの最高執行責任者。

あなたへのオススメ記事

  • 何のため働くのか? キャリアの成功で目指すのはお金だけじゃない!/お金の教科書(5)
  • 生涯所得を最大化するために一番大切なのは、どんな職業を選ぶかだ/お金の教科書(4)
  • 雇用のリスクとメリットを意識して、「雇いたい」と思われる労働者に/お金の教科書(3)
  • 転職が当たり前の世の中では、変化を見据えたキャリアプランが重要/お金の教科書(1)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

マネーテクの人気記事ランキング

  • こんなにあった! 新幹線に安くのる9つの方法/節約ハック大百科③

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • 独身だと手取りがずいぶん減るって聞いたんだけど?/給料のカラクリ③

  • 副業で得た収入はいくらから確定申告しないとダメなの?/給料のカラクリ⑥

  • 知らなきゃ損! 医療費控除の対象はこんなにある/確定申告の書き方③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る