マネーテク

起業に必須の「事業計画」、重要となる9つのポイントはこれだけ!/お金の教科書(12)

大富豪が多い欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。海外で学生時代に叩き込まれる基礎教養「一生モノのお金の基礎知識」を、『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』(アンドリュー・O・スミス著)よりご紹介します(第12回)。

「事業計画」に必要なポイントはこれだけ

近年は、多くの人が起業したい、自分のビジネスを持ちたいと考えるご時世だ。その気持ちは立派だ。しかし、すべての人が起業に向いているわけではない。新しいビジネスの大部分は失敗する。仕事はキツく、始めたばかりの頃はほとんど稼げない。出張も多いだろう。ストレスは大きく、眠れない夜がずっと続く。

とはいえ、もちろん起業は悪いことばかりではない。新しい何かを始めるのは興奮するし、成功すればその見返りはとてつもなく大きい。それに、たとえ大失敗に終わったとしても、貴重な経験ができる。

いいアイデアさえあれば新しいビジネスが始められるわけではないが、いいアイデアが大きな助けになることは間違いない。それに、ひとりよりもチームのほうが有利に働くことが多い。最低でもひとりかふたりのパートナーがいれば、それぞれのスキルを組み合わせて、成功の確率を上げることができる。

また、自分のビジネスを30秒ほどで簡潔に説明する「エレベータースピーチ」を用意しておくのも役に立つだろう。

とはいえ、起業でいちばん大切なのは、何といっても「ビジネスプラン」だ。ビジネスプランとは事業計画書ともいい、たとえば20ページくらいのパワーポイント資料でビジネスの内容を説明したものだ。

将来の顧客、従業員といったすべての利害関係者にこのビジネスプランを見せて、自分のビジネスを理解してもらう。融資や出資の交渉や、経営方針の確認にも使うことができる。ビジネスプランに盛り込む主な要素をいくつか紹介しよう。


製品とサービス

そのビジネスが提供する製品、またはサービスについての説明。特に重要なのは、どこに独自性があるのか、どのように市場のギャップを埋めるのか、なぜこの製品なりサービスなりが必要になるのかといった要素だ。自分のビジネスがこれらのカギとなる要素を満たし、成功する理由を説明する。それと同時に、考えられるリスクやチャンスも分析する。

マーケティング

製品、またはサービスのターゲット顧客は誰なのか。彼らはどういう動機でその製品なりサービスなりを購入するのか。その製品・サービスはどのようなニーズを満たすのか。製品・サービスを知ってもらうためにはどうするか。ターゲット顧客を本物の顧客にするにはどうするか。価格、特徴、広告、プロモーションはどうするか。

ウェブサイトとツイッターだけでは、マーケティングとしては不十分かもしれない。

競合相手

すでに存在する競合相手、競合相手になるかもしれない存在、ビジネスに影響を与えるかもしれない新しいテクノロジーなどを分析する。市場勢力図はどうなっているのか、どうやって競合相手と差別化するのか、他者と比較した長所、および短所は何か、自分たちのビジネスが市場に参入したら、既存の企業はどう反応するか。

製品・サービスをどうやって届けるか

製品・サービスをどのように生み出し、どのように消費者に届けるか。製品であるなら、原材料を集め、製造する必要がある。その際、自分たちで作るのか? それとも外部に委託するのか? あるいはサービスであるなら、誰が、どのように提供するのか? そのために必要なものは何か? 会計、人材、テクノロジー、事務などで外部のサポートを活用するのか?

サプライヤーとカギとなるインプット

そのビジネスに絶対に必要なもの、欠かせないものはどうやって手に入れるのか? 内部で調達するのか、それとも外部のベンダーを頼るのか? サプライチェーン・パートナーを見つけ、必要なものを確実に入手するシステムを確立する。

物流とロジスティクス

製品・サービスを顧客に届けるまでの道筋を明確にする。それは、個人サービスを顧客に直接届ける方法かもしれないし、企業同士の商取引かもしれない。バイラルマーケティング戦略を用いる、インターネット取引を活用する、社内に営業部隊を作る、エージェントを雇う、既存の物流業者と契約する、など。

資金調達

出資者、友人、家族からの出資、クレジットカードのローン(ちなみに、ビジネス資金以外でカードローンを使ってはいけない)などで集めた資金はいくらになるのか。また、自分のビジネスに投資してくれるエンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、金融機関の名前をあげる。

いくら必要なのか、いつ必要なのか、どんな形で資金を調達するのか(株、債券、あるいはもっと複雑な形態)といったことを明確にする。

認可と規制

地元自治体や国の規則を調べ、どんな規制があり、どんな認可が必要なのか確認する。LLC設立、テクノロジーの輸出、危険物質などを扱うときは、正式な届け出や認可が必要だ。全般的な安全基準、健康基準、環境基準、雇用規制ではカバーできない事柄はないか、もしあるならどう扱うかを確認する。

財務計画

5カ年の財務計画を作成し、起業から初期段階までの損益計算書、バランスシート、キャッシュ・フロー計算書も添付する。初期の投資家が持ち株を売却する、株式を公開する、事業を売却するなど、出口戦略も考慮する。

まとめ

「エグゼクティブサマリー」と「ミッションステートメント」を作成する。

ミッションステートメントは、エレベータースピーチに似ていて、ビジネスの要点をひとつかふたつの文でまとめたものだ。エグゼクティブサマリーは、ビジネスプランの各項目をひとつかふたつの文でまとめた1ページの資料になる。エグゼクティブサマリーはビジネスプランの最初のページに掲載するが、考えるのはいちばん最後になる。


著=アンドリュー・O・スミス

カテゴリ:マネーテク
Amazonで詳細を見る
アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

作者: アンドリュー・O・スミス, 桜田直美 (翻訳)
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019-11-20
メディア: 単行本

【著者紹介】アンドリュー・O・スミス
学生時代からお金、投資、財務計画についてのアドバイスを受け、アメリカで最初の大学投資クラブの一つであるペンシルバニア投資連合の設立を支援。受託者、財務顧問、弁護士として、信託基金、不動産、投資パートナーシップ、有限責任会社、保健信託などに助言をしてきた。現在は科学専門メーカーYenkin-Majestic Paint Corporationの最高執行責任者。

あなたへのオススメ記事

  • マックス・ヴェーバー曰く「会計の知識は一生を通じて貴重な財産」/お金の教科書(11)
  • ビジネスと公共事業の違いと、個人とビジネスを分ける「組織」の仕組み/お金の教科書(10)
  • インターンシップ、メンター、レファレンス…可能性を広げる人脈づくり/お金の教科書(9)
  • 会社選びに失敗したら? 自分なりの「これから稼げる仕事」の選び方/お金の教科書(8)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

マネーテクの人気記事ランキング

  • 「上げたら下げない」安定性を好む日本人、だから給料は上がらない/日本人の給料(6)

  • 自動的に貯金ができる! おすすめ貯蓄管理アプリ【2選】

  • 独立、転職、あるいは副業? 日本人が給料を増やしたいと思ったら/日本人の給料(8)

  • 誰の手柄か分からない…未成熟な評価制度が昇給を絶望的にしている/日本人の給料(7)

  • 不確実性を嫌う日本人、クビのリスクがないから給料は安いままに/日本人の給料(5)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る