マネーテク

「貯金が一番安全」って本当? 資産を守るために必要なこと/お金の教養②

デフレの長いトンネルから脱け出そうとしている日本経済。変化に適応して資産を殖やすには何が必要か。『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(菅下清廣著)で学びましょう。今回は第2回目です。

デフレ時は現金をもち、インフレ時は投資する!

インフレの時代に、現金を後生大事に貯め込んでいる人は損をします。

なぜなら、モノの値段が上がっていくからです。100万円で買えたものが、120万円ないと買えなくなる、極端にいえばそういう話です。

ですから、現金以外に資産を分散するのが、インフレ時代の知恵です。

デフレ時代はその逆です。モノの価値が下がるということは、資産の価値も下がるということ。株や不動産には積極的に投資せず、現金の比率を高めておくのが基本的なスタンスです。


では、そんなデフレ時に、投資家はどう行動するのでしょうか。

実は、デフレ時はデフレ時で、得する投資術があります。

たとえば国債。金利が下がると、国債の値段は上がります。

なぜだかわかりますか?

金利1%のときに1万円出して国債を買ったとしたら、年間で100円の利払いがもらえるということですね。

もしその後金利が0.8%になれば、100円の利払いがもらえる国債には1万2000円の価値があるということになります。このタイミングで売れば1万2000円。2000円のお得になるわけです。


「失われた20年」の間、多くの投資家が日本国債で大儲けしました。

しかし、そのほとんどは銀行や保険会社などの機関投資家です。個人投資家は、金利の低さに食指が動かなかった模様。当然ですね。個人は小口の資金ですから、この金利ではウマ味がありません。

しかし個人投資家も、技術に長けた人はデフレ時にしっかり儲けました。

日経平均が下がっていても、個別の株では上がるものもありますから、銘柄を吟味して買う「目利き」の力があればいいのです。


なお、「デフレ時には現金の比率を高めるべし」という考え方は、売買の短いスパンに当てはめても同じです。投資家は市場の動向に随時目を配り、手持ちの銘柄の株価が過熱してくれば、危ないと考えて現金に換えます。

こうして現金比率を高めておいて、また下落するのを待つ。情報力と予測のスキルを活かして、常に資産の配分を考えるのがプロのスタンスです。


初心者の方がそのスキルをもつには、時間と経験と勉強が必要です。

ですから今、幕を開けようとしているインフレの間に株式投資を実践しつつ、しっかり学んで知恵を磨きましょう。

万一不景気になったときも、その知恵が活用できます。

菅下 清廣

カテゴリ:マネーテク
【著者紹介】菅下 清廣(すがした・きよひろ)
スガシタパートナーズ株式会社代表取締役。国際金融コンサルタント。投資家。学校法人立命館 顧問。メリルリンチをはじめとする名門金融機関で活躍後、現職。変化の激しい時代に次々予想を的中させることから「経済の千里眼」の異名をもち、政財界にも多くの信奉者をもつ。『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP ビジネス新書)、『マネーバブルで勝負する「10 倍株」の見つけ方〔2018 年上半期版〕』(実務教育出版)など著書多数。

【書籍紹介】『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • リスクが分散できて初心者向き! 株以外の投資法とは/お金の教養⑥
  • プロが運用している投資信託をおすすめしないワケ/お金の教養⑤
  • 投資で大儲けするには「ある法則」があった!/お金の教養④
  • 総資産8兆円超! ウォーレン・バフェットの銘柄選定基準/お金の教養③
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

マネーテクの人気記事ランキング

  • スコア社会が日本にも上陸!? ドコモの「信用スコア」導入に賛否

  • 年金を払うのをやめることはできないの?/給料のカラクリ⑦

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • 知らなきゃ損!「お金がお金を生む」は本当だった/寝ながら稼ぐ121の方法⑩

  • 独身だと手取りがずいぶん減るって聞いたんだけど?/給料のカラクリ③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る