マネーテク

リスクが分散できて初心者向き! 株以外の投資法とは/お金の教養⑥

デフレの長いトンネルから脱け出そうとしている日本経済。変化に適応して資産を殖やすには何が必要か。『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(菅下清廣著)で学びましょう。今回は第6回目です。

株以外の投資法・ゴールドはインフレ向き!

「株以外」の投資法についても触れておきましょう。

まずは、金(ゴールド)投資。

ゴールドは時代にかかわらず価値があるので、相続資産として保有する人も少なくありません。土地や家と違って、子供たちの間で分割できるのも便利です。

何よりいいのは税金がかからないこと。どれだけもっていても、固定資産税がかからないのは大きなメリットです。

投資の面から見ても、今はゴールドを買うのに適した時期です。

初心者には難しい、と述べたコモディティではありますが、ここはあえて「挑戦する価値あり」といいましょう。

インフレ時はモノの価値が上がりますから、ゴールドの価値も上がります。

世界経済と連動するので、主要な国がインフレであれば、日本がインフレでなくとも上がります。アメリカがインフレへと向かっている今、日本国内のゴールドの価格は実際に上昇中です。

金(ゴールド)の価格推移(出典:金属.JP)
金(ゴールド)の価格推移(出典:金属.JP)

「高価」「とっつきにくい」と敬遠されがちですが、金(ゴールド)の場合も、少しずつ積み立てる手堅い方法もあります。

毎月1万円ずつ買い足しながら、価格の上下を確認していくなら決して難しくありません。銀やプラチナももちろんOK。

いろいろな資源について勉強し、まだ上がっていないものを探すのも面白そうです。


一方、デメリットは保管の難しさです。とくにゴールドは非常に重いので、火事や地震のときに持ち出すのは大変です。なので、金の専門業者に保管してもらい、預かり証のようなものを受け取るのが一般的のようです。

それはちょっと困る……という人は、ゴールドの「ETF」を買うという手もあります。次は、このETFについてお話ししましょう。

株以外の投資法・ETFはデフレ時にも儲かる

最近話題のETF(Exchange Traded Funds)とは「上場投資信託」のこと。

先ほど登場した「インデックス型投資信託」が上場していて、株のように個人で売買できるのが特徴です。


投資信託は一部の内容の良いモノ以外はおすすめしないのですが、ETFは逆におすすめします。

何といっても、投資信託より信託報酬が安いのです。

しかも1日1回決められる基準価格でしか取引できない投資信託と違い、リアルタイムの上下に応じて売買のタイミングを決められます。株と同じ感覚で自由に動けて、かつリスクを分散できる、初心者に適した投資法といえます。

海外ではETFの取引が非常に盛んですが、日本ではまだまだマイナー。

しかしこれからは、この「入りやすさ」がさらなる人気を呼ぶでしょう。


ETFの銘柄は多種多様です。

株や債券はもちろん、貴金属や資源などあらゆるコモディティを含んだものもあります。ゴールドそのものは少々ハードルが高いと感じる人も、ゴールドが入ったETFなら気軽に始められそうです。

指数に対応した値動きにも、さまざまな種類があります。日経平均は平均値とあって、単独の株よりも振幅がゆるやかです。

だからETFは初心者向けとも言えるわけですが、もし慣れてきて「物足りない」と思ったときにも、良いETFがあります。たとえば「日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」(通称「日経レバ」)は、日経平均株価の上下の2倍の値動きをします。日経平均が1%上がれば2%上がり、1%下がれば2%下がるのです。


さらに面白いのは、「日経平均インバース・インデックス連動型上場投信」と、「日経平均ベア上場投信」。これは日経平均と「逆」の値動きをするETFです。

1%上がれば1%下がる、1%下がれば1%上がる。となると、下がったほうが得をすることになりますね。

従ってこのETFはとても「デフレ向き」。

株価が下がれば下がるほど大儲けできるというしくみになっています。


もちろん、インフレのときも活用できます。株価が大幅に下がったときに「日経レバ」タイプのETFを安く買い、次に株価が上がったときに売る、という方法が取れるわけです。

菅下 清廣

カテゴリ:マネーテク
【著者紹介】菅下 清廣(すがした・きよひろ)
スガシタパートナーズ株式会社代表取締役。国際金融コンサルタント。投資家。学校法人立命館 顧問。メリルリンチをはじめとする名門金融機関で活躍後、現職。変化の激しい時代に次々予想を的中させることから「経済の千里眼」の異名をもち、政財界にも多くの信奉者をもつ。『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP ビジネス新書)、『マネーバブルで勝負する「10 倍株」の見つけ方〔2018 年上半期版〕』(実務教育出版)など著書多数。

【書籍紹介】『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 投資で勝ち続ける!「情報の目利き」になる3つのメソッド/お金の教養⑩
  • “世界最高の頭脳”もしくじった! 相場を動かす「正体」とは/お金の教養⑨
  • 為替レートが理論通りに動かない「本当の理由」/お金の教養⑧
  • 手元資金1万円から不動産に投資する方法/お金の教養⑦
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

マネーテクの人気記事ランキング

  • こんなにあった! 新幹線に安くのる9つの方法/節約ハック大百科③

  • 年金を払うのをやめることはできないの?/給料のカラクリ⑦

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • 独身だと手取りがずいぶん減るって聞いたんだけど?/給料のカラクリ③

  • 業績がいいのにボーナスが増えないのはなんで?/給料のカラクリ②

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集