マネーテク

お金を呼ぶ“一流の人脈”を作るために必要なこと/お金の教養⑯

デフレの長いトンネルから脱け出そうとしている日本経済。変化に適応して資産を殖やすには何が必要か。『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(菅下清廣著)で学びましょう。今回は第16回目です。

「相手思い」が人脈をつくる

「身銭を切る」といえば、セミナーや勉強会に行くときも、ケチケチせずにお金を使いましょう。

大手証券会社などがよく無料の投資セミナーを開いていますが、これは役に立つかどうかわかりません。というより、無料のものはだいたい、役に立ちません。役立つものを無料で提供するほど、企業はお人よしではありません。無料サービスはあくまで、自社を認知してもらうための入口。新規顧客開拓の手段なのです。わかりやすくいえば、客寄せのためのイベントです。

ですから、セミナーに行くときはきちんとお金を払って有益な情報を得ましょう。

そうした場に行くと、共通の関心事をもつ仲間とも会えます。質疑応答で手を挙げれば、講師とも話せます。そうしたところから良質な情報や人脈を得ていくのはとても良い方法です。


人脈とお金は切っても切れない関係です。お金持ちは良い人脈をもっていますし、人脈を良くするとお金が入ってきます。

では、人脈はどのようにしてつくればいいでしょうか。

それは、情報の採り方とよく似ています。

第一段階は、たくさんの人にとにかく会うこと、セミナーや勉強会は最適ですし、興味のある分野の専門家や、尊敬する人が出席するパーティも良いでしょう。

第二段階は、魅力ある人物を見極めること。この人は面白い、楽しい、知性があふれている――基準はいろいろありますが、自分が「たくさん接したい」と思う人がいれば積極的にアプローチしましょう。

とはいえ、ただついて回るだけではお近づきにはなれません。まして、「○○を教えて」「○○に連れて行って」などと頼んでばかりいると、「虫のいい奴」と思われて、逆に嫌われます。

ではどうすればよいかというと、その反対をすればいいのです。

つまり、自分のもっているものを差し出すのです。

私はメリルリンチで法人営業に携わっていたころ、全然相手にしてくれなかったある法人顧客に、「相手が欲しがっている情報」を提供することで、大きな取引を獲得することができました。以来、相手が何をしたいか、何に興味をもっているかを想像し、そのニーズを満たす習慣を身につけました。その結果トップセールスマンとなり、良い人脈を築くことができたのです。

メンターを見つけよ

おかげさまで今、私は素晴らしい方々とつながることができています。

良い人脈は、お金を呼んできます。その道の一流の人は、本や新聞よりも新鮮で有益な情報をもっているからです。

たとえば第11回でも紹介した、自民党の山本幸三先生。実は、この本で話してきた「アベノミクス相場」が来ることも、山本先生のおかげで察知することができました。

それは2012年5月のこと。いつもの会食中、先生が、「菅下さん、解散総選挙が近いよ」といったのです。当時、政権を担っていたのは民主党。支持率は地に落ちており、政権交代は確実と見なされていた時期でした。

では自民党に政権が戻るな――と考える私に、さらなるサプライズ情報が。

「自民党が政権に復帰したら、首相は誰になると思う? 」と先生。

「石破さんは人気ですね」と私。

ところが先生は首を振って、政治家同士の間で支持されているのは安倍晋三氏だ、というのです。総裁選では安倍支持が多数を取る。安倍氏は、勝利の暁にはデフレ脱却のために大金融緩和政策をとると明言している、と話されたのです。

その話を聞いてからひと月後、私は『2014年までにお金持ちになりなさい』という本を出しました。

帯には、「2013年からデフレ脱却が始まる! 」という文言を入れました。

それが見事に的中していることは、この本を読めばおわかりですね。

良い情報を採るなら、良い人とつながりをもって、直接会うのが一番です。

ですから、外に出て人と接しましょう。

その中から「メンター」を見つけられたらしめたものです。

菅下 清廣

カテゴリ:マネーテク
【著者紹介】菅下 清廣(すがした・きよひろ)
スガシタパートナーズ株式会社代表取締役。国際金融コンサルタント。投資家。学校法人立命館 顧問。メリルリンチをはじめとする名門金融機関で活躍後、現職。変化の激しい時代に次々予想を的中させることから「経済の千里眼」の異名をもち、政財界にも多くの信奉者をもつ。『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP ビジネス新書)、『マネーバブルで勝負する「10 倍株」の見つけ方〔2018 年上半期版〕』(実務教育出版)など著書多数。

【書籍紹介】『知らないと損をする! 株高時代の「お金の教養」』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 秀吉・家康・竜馬に学ぶ人間心理。投資頭脳で相場に勝つ!/お金の教養⑳
  • 藤井聡太七段がお手本!? 投資に必要なスキルを鍛える/お金の教養⑲
  • TAXIでよく見る“アレ”。投資のヒントは身近なところにあった!/お金の教養⑱
  • 1時間で9紙読める! プロが実践している情報収集法/お金の教養⑰
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

マネーテクの人気記事ランキング

  • スコア社会が日本にも上陸!? ドコモの「信用スコア」導入に賛否

  • 年金を払うのをやめることはできないの?/給料のカラクリ⑦

  • 給料から何でこんなに毎月引かれるの?/給料のカラクリ①

  • 知らなきゃ損!「お金がお金を生む」は本当だった/寝ながら稼ぐ121の方法⑩

  • 独身だと手取りがずいぶん減るって聞いたんだけど?/給料のカラクリ③

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る