資格取得

中小企業診断士になるにはいくらかかる? 必要な費用をケースごとにご紹介!

中小企業診断士は独立や副業など働き方の自由度も高く、会社員にも人気の資格です。資格取得のためにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。合格するため、あるいは資格維持のために複数のルートがあるのは嬉しい反面、全体的な費用がわかりにくくなるのも事実です。今回は、中小企業診断士になるために必要な費用や、なった後にかかる費用について、シチュエーションごとに説明していきます。

中小企業診断士になるまでの流れ

中小企業診断士になるには、いくつかのルートがあります。試験のみの場合は、1次試験と2次試験を受け、合格後、実務補習(15日以上)を経たうえで中小企業診断士に登録することができます。

養成課程を受講する場合は、1次試験を受けたあと、中小企業基盤整備機構、または登録養成機関が実施する養成課程を踏んで中小企業診断士に登録することになります。試験のみの場合と違って、養成課程を受講した場合は2次試験と実務補習を受ける必要はありません。

ちなみに1次、2次ともにここ5年間の合格率は20%前後となっています。1次試験に合格したら再度合格率20%の2次試験に挑戦するか、あるいは2次試験と実務補習を免除したうえで資格が取得できる養成課程に進むかは、費用や将来計画を考慮しながら検討しましょう。


中小企業診断士の試験に合格するまでにかかる費用

中小企業診断士の資格試験に合格するまでには、どのくらいの費用がかかるのでしょう。ここでは、勉強にかかる費用、試験にかかる費用に分けて説明し、ルート別の費用合計の例を紹介していきます。

1. 勉強のためにかかる費用

資格試験に合格するための勉強方法は複数あります。最も手っ取り早く始められるのは「独学」でしょう。テキスト、参考書、模擬試験代など3~5万円程度で費用も安く抑えることができます。

「予備校(通年)」も多くの人がとる手段ですが、費用が20~30万円程度と独学に比べかなり割高になっています。また通学するのにかかる交通費も念頭に入れておかなければなりません。かかる費用は高いですが、独学と違って先生や仲間がいるのでモチベーションが維持しやすいのがメリットです。

「通信講座」は、家に居ながらにして教えを請うことができる学習法で、忙しい人にぴったりの方法といえるでしょう。10万円程度の費用がかかりますが、模擬試験代が含まれていない場合は別途費用がかかります。

そのほか、2次試験と実務補習の代わりに受講する養成課程ですが、250万円程度とかなり高額な費用がかかります。費用が高い分、ほかの方法で踏まなければならない段階を省くことができるうえ、養成過程でしか学べないようなこともあるので、各々の状況に合った方法を検討しましょう。


2. 試験のためにかかる費用

中小企業診断士になるには、試験をいくつか受ける必要がありますが、それぞれかかる費用が異なり、1次試験は13,000円(2日間)、2次試験が17,200円(筆記試験と口述試験で計2日)、実務補習は148,600円(15日間コース)となっています。また、住んでいる場所によっては試験会場までの交通費や宿泊費が必要になるので理解が必要です。

3. 組み合わせ例

ここまで、シチュエーションごとにかかる費用を解説してきましたが、どのような手段を選ぶかによってかかる費用は異なるため、結局どのくらいの費用がかかるのかイメージできないという人も多いでしょう。参考例としていくつかの組み合わせを紹介します。

「予備校+1次・2次試験+実務補習」の場合は30万円+13,000円+17,200円+148,600円=478,800円

「1次試験独学+養成課程」の場合は、5万円+13,000円+250万円=2,653,000円

「通信講座+1次・2次試験+実務補習」の場合は、10万円+13,000円+17,200円+148,600円=278,800円

ここに挙げた例は「すべて1回で合格した場合」が前提となっており、試験に落ちてしまうと追加の費用がかかるので気をつけましょう。


合格後にかかる費用

中小企業診断士は試験合格後にも資格を維持するために必要な費用があります。どのような費用がかかるのか、ここで確認しておきましょう。

1. 初回登録時

初回登録時に「中小企業診断士協会」に加入する場合は、入会金と年会費がかかります。この費用は、都道府県ごとで金額が異なり、東京都の場合は入会金3万円、年会費5万円を支払わなければなりません。ただし、協会への加入は任意であり、未加入でも診断士としての登録自体はできます。協会へ加入しない場合は初回登録時に必須となる費用もかかりません。

2. 5年毎の更新

中小企業診断士は1度登録すると5年間有効となっています。5年毎に資格を更新する必要がありますが、資格更新のためには「知識の補充要件」と「実務の従事要件」を満たしておかなければなりません。

「知識の補充要件」を満たすためには、5年間で5回「倫理政策更新研修」を受講する必要があり、1回6,000円(5回で30,000円)の費用がかかります。研修に参加できない場合は同じく6,000円の費用を支払って「論文審査」を受けることでカバーできますが、準備や労力を考えると「倫理政策更新研修」の方が一般的といえるでしょう。

一方、「実務の従事要件」を満たすためには、中小企業に対してコンサルティングなどを行い、1日1ポイントとして5年間で30ポイント貯める必要があります。自分で実務従事先を見つけられる場合は特に費用はかかりませんが、自分で見つけられない場合は、中小企業診断士協会が行っている実務補習に参加することでポイントを満たさなければなりません。この場合は、協会への加入が必要になります。

どの勉強方法を選ぶべき?

先に述べた通り、中小企業診断士になるにはいくつかのルートがあり勉強方法も異なります。どの勉強方法を選ぶべきなのか、それぞれの手段におけるメリットなどを紹介しながら解説していきます。

1. 中小企業診断士になるための勉強法【独学】

独学はいくつかある学習法の中で最も自由度の高い学習法です。勉強時間やスケジュールは自分で自由に決められることから、苦手科目に時間を多く割くなど、臨機応変に勉強スケジュールが組めるのがポイントです。

しかし、第三者のアドバイスを受けることができないので、自分の実力や弱点を知るためにも模試は積極的に受けるようにしたほうがいいでしょう。そのほか、費用が少なくて済むのも大きなメリットです。


2. 中小企業診断士になるための勉強法【予備校】

中小企業診断士の勉強ができる予備校はたくさんありますが、多くの合格者を輩出した実績がある予備校であれば合格させるためのノウハウを持っているため、効率の良い勉強ができるでしょう。同じ資格取得を目指す人たちと一緒に勉強することでモチベーションもあげることができます。

とはいえ、予備校での学習は決められたペースで講義が進むため、先生や仲間に頼りっきりになるのは好ましくありません。理解できなかったところや苦手なところは自分で積極的に復習する必要があるということを覚えておきましょう。

3. 中小企業診断士になるための勉強法【通信講座】

通信講座もかなりポピュラーな学習方法として多くの人に選ばれています。実績のある通信講座であれば、予備校と同様に効率の良い勉強ができるでしょう。それに加え、勉強時間の確保は自分で自由にできるため、独学と予備校のいいとこどりをした勉強方法といえます。

4. 中小企業診断士になるための勉強法【養成課程】

すでに1次試験に合格している場合、2次試験を受けるのではなく、養成課程を受講することを検討するのもいいかもしれません。

費用は最も高額になりますが、「合格のための勉強」ではなく「実務を見据えた勉強」ができ、診断士として活躍するうえでも大事な経験となります。終了すれば診断士の登録ができるため、先々の計画も立てやすくメリットの大きな手段といえます。


中小企業診断士になるための費用は何通りもある

中小企業診断士になるためには、資格試験の合格や養成講座の受講など、選ぶルートが2つあります。勉強方法も自分に合わせて選ぶことができますが、どのルートで診断士へたどり着くかによってかかる費用が大きく変わってきます。

費用や将来の計画などによって最適な方法が異なるので、自分に合った方法を見つけたうえで中小企業診断士を目指しましょう。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 中小企業診断士試験の難関「経済学・経済政策」の効果的な勉強方法とは?
  • 中小企業診断士の関連資格をピックアップ! 本当に役立つ資格6選
  • 中小企業診断士の維持費はいくら? 更新費用や協会の加入メリットについて
  • 中小企業診断士になるには? 養成課程にかかる費用やメリットを解説
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • ただの主婦 VS 東大教授。え、それってつまり……/ただの主婦が東大(23)

  • 計画性のなさ、謎のこだわり、夫は激おこ……東大訪問前夜/ただの主婦が東大(22)

  • これで合格! 現役東大院生・ただっち流8つの「ずるい勉強法」

  • ガチで実践! 引き寄せの法則と脳科学で東大を目指す凡人主婦/ただの主婦が東大(20)

  • よし、全力でオカシイ人になろう! 一か八かの東大受験/ただの主婦が東大(21)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る