資格取得

中小企業診断士と相性の良い資格は? その特徴や相乗効果も詳しく紹介!

中小企業診断士は、会社の経営に詳しくなれるとして、ビジネスパーソンからの人気が高い国家資格です。この資格単体でも多くの仕事を得ることができますが、ほかの資格と組み合わせれば、より幅広い業務に携わることができます。そこで今回は、宅建や行政書士など中小企業診断士と相性の良い資格について、特徴や得られる相乗効果などを詳しく紹介します。

{ 目次 }

中小企業診断士とは?
ダブルライセンスのメリット
宅建
1. 宅建の特徴
2. 宅建の相乗効果
FP(ファイナンシャルプランナー)
1. FPの特徴
2. FPの相乗効果
行政書士
1. 行政書士の特徴
2. 行政書士の相乗効果
社労士
1. 社労士の特徴
2. 社労士の相乗効果
ダブルライセンスで幅広い活躍を目指そう!

中小企業診断士とは?

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題を解決する専門家となるための資格です。現在の経営状況の診断や、それを踏まえた企業の成長戦略のアドバイスなどを行います。そのため、中小企業だけでなく、ビジネス市場そのものの変遷や適切な支援方法、企業と金融機関をつなぐ役割など、幅広い知識とスキルが必要です。

しかし、中小企業診断士になることができれば、企業の経営資源や成長戦略に関する専門知識やロジカルシンキングのスキルなど、ビジネスパーソンとして絶対的に有利となる力が身につきます。あらゆる業種で役立つので、ほかの資格との相乗効果も高いです。

ダブルライセンスのメリット

資格を複数持つダブルライセンスの状態となれば、専門知識を組み合わせることで、より質の高い価値を提供することができます。そして、中小企業診断士は、数ある資格の中でもほかのビジネス資格との組み合わせがしやすいのが特徴です。

中小企業診断士は経営に関する幅広い知識が問われる資格であるため、ほかの専門的な資格の土台としても輝きます。中小企業診断士の資格を持つ人材はさまざまな分野に幅広く存在しますが、ほかの資格を活用すれば、特定の分野に特化した専門的なアドバイスが可能です。そのため、中小企業診断士の資格だけを持っている人より、さらなる差別化を図ることができます。

中小企業診断士と相性の良い資格は? その特徴や相乗効果も詳しく紹介!


宅建

不動産業界での活躍が見込める宅建は、中小企業診断士と相乗効果がある資格の一つです。不動産分野は、中小企業診断士にとってどのような相乗効果をもたらすのでしょうか。宅建の特徴を含めて、詳しく紹介していきます。

1. 宅建の特徴

宅建とは、「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引の専門家となるための国家資格です。大きな金額が動く不動産の売買にあたって契約者が知っておくべきことを説明する、というのが仕事ですが、これは宅建士にしか認められていません。

そのため、不動産業界では賃貸取引のあっせんなど、何をするにも宅建の有資格者の設置が必要不可欠となっています。年に1回行われる試験では例年約20万人が受験するほどの人気資格ですが、合格率は例年15~17%台と低く、それだけ専門的な知識が必要です。

2. 宅建の相乗効果

宅建の資格が必要な業種は、不動産業界だけにとどまりません。自社で建築した物件を販売する建築会社や、担保となる不動産を評価する金融機関などがその代表例です。このように、宅建を取得すれば、不動産の戦略を考えられるという強みを持つことができます。

ターゲットとなる顧客に不動産投資家を想定するなら、ダブルライセンスとしてこれほど効果的な資格はありません。また、不動産と経営の知識を応用すれば、企業が保有する施設や環境の運営・維持を行うファシリティマネジャーとして活躍する道も考えられます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPとは、税金・保険・年金など、さまざまなお金に関する資格です。企業の経営資源の1つであるお金に詳しいFPは、もちろん中小企業診断士との相乗効果が高い資格となっています。そのようなFPの詳細を、以下で紹介します。

1. FPの特徴

FPは、相談者の長期的な資金計画を設計し、それを実現に導く「ファイナンシャル・プランニング」の専門家となるための資格です。FPが扱うお金の分野は6種類ですが、タックスプランニングや金融資産運用など1分野が幅広いため、家計に関するお金はすべて対象といっても過言ではありません。

相談者の課題を解決するためには、保険や税金、金融資産から相続まで、お金にまつわる知識全般が求められます。FPの持つ知識は年金や増税など生活に密接にかかわるため、実務のためではなく生涯学習の一環として資格取得を目指す人も多いです。

2. FPの相乗効果

FPが扱うお金の分野は家計を中心としたミクロ経済的な側面が強く、FPが対象とする相談者も主に個人となっています。

しかし、数ある分野の中でも資金計画や事業承継などは、中小企業にとっても大きなテーマの1つです。FP2級以上もしくはAFPやCFPを保有していれば、企業に対してファイナンス面でのフォローができます。法人に応用できる分野も多いので、持っておいて損はない資格です。

行政書士

公的な書類作成や手続きに詳しい行政書士も、中小企業診断士との相乗効果が高い資格の1つです。どちらも特に人気の資格であるため、ダブルライセンスができればそれだけでも注目度が高まることでしょう。以下、そのような可能性を秘めた行政書士について紹介します。

1. 行政書士の特徴

行政書士の仕事は、債権債務の手続きや土地の活用の手続きなどにおいて、官公署へ提出する書類を作成することです。行政書士となって初めてこのような業務につけるため専門的であるほか、コンサルティングを含む許認可手続きを担う機会も増えてきているので、より価値を高めている国家資格として注目されています。

行政書士が扱うことのできる書類の数は10,000種以上にのぼるとされ、中小企業診断士と同様に幅広い分野での活躍が見込めます。法律家としての面も強く、トラブルが起こってから対処する弁護士とは対照的に、トラブルを防ぐための予防法務が得意です。

暮らしに関わるさまざまな分野に参入できる可能性を持っていることから、比較的新しいサービスとしては退職代行など、人によっては独自の分野に活動の場を広げることも多くなっています。

2. 行政書士の相乗効果

行政書士は書類作成を専門としており、会社の設立や申請書類等の作成を手伝う場面も少なくありません。相談と同時にさまざまな書類の作成も頼めるという点は、顧客となる企業にとって大きなメリットとなります。

企業と多く関われば行政書士としての業務でも安定収入を生み出せるので、中小企業診断士と合わせて企業とのつながりを作ることによる相乗効果は計り知れません。さらなる専門性を持ちたい場合は、得意な分野に絞ったスペシャリストを目指すのも良いでしょう。

社労士

FPが企業の経営資源の1つであるお金に特化した資格なら、社労士は同じく経営資源の1つである人材のスペシャリストです。そのため、FP同様に高い相乗効果を秘めています。最後は、そのような社労士について紹介します。

1. 社労士の特徴

社労士は、労働や社会保険などに精通した、人材に関する専門家です。保険関係の書類作成、就業規則の作成、労働トラブルの解決など、企業の労働にかかわる業務全般を担います。書類作成やそれに関する手続きの代行、就業規則作成などは、社労士のみが行える独占業務です。

そのため、人事・労務関係の書類など独占分野に入っていない業務もまとめて依頼する企業も多く、活躍の場は増加傾向にあります。従業員に関する企業からの相談対応や監査・指導なども具体的な担当業務の1つです。

2. 社労士の相乗効果

適切な経営を行うための、必要不可欠な資源が人材です。そのような大切な要素でありながら、企業と労働者の間には問題発生が後を絶ちません。その点において、社労士は企業の人事制度等にかかわる高度な知識を備えているため、企業のコンサルティングをいっそう有利に進めることが可能です。

また、保険の手続きなどでも専門家として活躍できるため、中小企業診断士としてのクオリティを高めることができ、収入の安定にも役立ちます。

ダブルライセンスで幅広い活躍を目指そう!

中小企業診断士と相性の良い資格は? その特徴や相乗効果も詳しく紹介!

中小企業診断士の業務には幅広い知識が問われるため、場合によっては想像以上に高度な知識も必要です。そのようなときにほかの専門的な資格もダブルライセンスで備えていれば、相乗効果でより専門的なスキルを発揮できるので、活躍の場をさらに広げることができます。

収入の安定や信頼度の向上にもつながるので、ぜひダブルライセンスを取得して、多くの場面での活躍を目指しましょう。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 中小企業診断士になるにはいくらかかる? 必要な費用をケースごとにご紹介!
  • 中小企業診断士の資格取得! 地方公務員なら試験なしの優遇措置を受けられる
  • 資格は必要? 経営コンサルタントになるなら持っておきたい中小企業診断士
  • 「中小企業診断士」合格率が高い年齢は? 合格者の年齢や職業を徹底解説
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る