資格取得

簿記入門! 日商簿記3級をとるための勉強時間や方法を紹介

簿記入門!日商簿記3級をとるための勉強時間や方法を紹介

ビジネスに関する資格のなかでも、簿記3級は知名度の高い資格です。興味はあるものの、何をどのくらい勉強すれば良いかわからず受験をためらっている人もいるのではないでしょうか。簿記3級は、手順を踏んで丁寧に勉強すれば合格するのは難しくありません。ここでは、日商簿記の基礎知識から3級合格に必要な勉強時間や方法まで丁寧に解説します。

{ 目次 }

1. 日商簿記とは?
2. 日商簿記3級について
2-1. 3級の概要
2-2. 3級の出題内容
2-3. 3級の合格率
3. 3級合格に必要な勉強時間は?
4. 学習計画の立て方
4-1. 短期集中型
4-2. 長期じっくり型
5. 勉強方法の選び方
5-1. 独学で学ぶ
5-2. 資格スクールで学ぶ
自分に合ったやり方で計画的に勉強しよう!

1. 日商簿記とは?

簿記とは、帳簿に売買などの取引の記録をつけることです。日々の経営活動を帳簿に記録、計算することで状況が整理でき、経営成績や財政状態を適切に把握できるようになります。これは企業の大小の規模や業種、業態を問いません。

資格試験を主催しているのは商工会議所です。商工会議所とは、地元の経済活動をさまざまな形で支援している経済団体で、全国の市町村に存在しています。簿記を取得していると単位として認定する大学などもあり、年間の受験者数はおよそ60万人にもなる人気資格です。社会的にも高い信頼と評価を得ていると言えるでしょう。

簿記は経理の仕事だけに役立つわけではありません。単に帳簿をつける技術を習得するだけでなく、コスト感覚、経営の分析力など、ビジネスパーソンにとって必須のスキルも身につきます。そのため、簿記を取得していると就職時に有利に働きやすいです。入試において、特に商業部や経営学部などで簿記取得者を優遇している大学もあります。簿記の取得にはこのようなメリットもあるのです。

2. 日商簿記3級について

ここでは、複数ある日商簿記試験のなかでも3級がどのような試験なのか、概要や出題内容、合格率などを紹介します。

2-1. 3級の概要

日商簿記試験は特に受験資格を定めていません。年齢や学歴、職歴などにかかわらず誰でも受験でき、いきなり1級から受けることもできます。とはいえ、3級から順に受験する人が多く、いわば簿記の入門編と言える資格です。

3級試験は例年2月・6月・11月の3回実施されます。受験料は税込2850円で、国家試験と比べて安い金額です。国家試験の受験料は、たとえば弁護士で2万8000円、公認会計士で1万9500円かかります。

試験の実施頻度が高いことに加え受験料が安いため、チャレンジしやすい資格と言えるでしょう。実際、年間を通した受験者数は30万人を超えます。

2-2. 3級の出題内容

3級試験で問われるのは簿記の基礎です。簿記には大きく分けて商業簿記と工業簿記の2つがあり、簿記3級では商業簿記のみ出題されます。商業簿記とは、企業の購買や販売といった企業外部とのあいだで発生する取引を帳簿に正しく記録、計算するための技能です。帳簿に記録することで、企業の資産や売上、利益などを正確に把握できるようになります。

さらに、決算書を適切に作成することで経営者や取引先、出資者といった企業関係者に財務状況を正しく報告することが可能です。

商業簿記は主に一般の企業や小売店などで用いられ、工業簿記はメーカーや工場で使われます。一般に、簿記というときに意味するのは商業簿記のほうです。試験では仕分けや帳簿記入、試算表作成など幅広い分野から5問出題されます。試験時間は120分です。

2-3. 3級の合格率

3級に合格するには、100点満点中70%以上得点する必要があります。受験者の合格率は平均40%ほどです。ただし、試験回によって難易度に差があり、30%のときもあれば50%を超えるときもあるため、合格率はあくまで目安となります。

なお、2016年以降は40%を下回らない合格率で推移していて、152回(2019年6月)は56.1%、151回(2019年2月)は55.1%と高い水準でした。

3. 3級合格に必要な勉強時間は?

3級に合格するためにはどれくらいの勉強時間が必要なのか気になる人は多いでしょう。一般に、合格までに必要な勉強時間とされるのは100時間です。ただし、これには個人差があり、経理業務を経験していたり簿記の勉強をしたことがあったりすると短縮できる可能性があります。

とはいえ、ただ100時間勉強すれば必ず合格できるわけではありません。自分に向いた勉強方法を採用し効率的に学ばなければ、もっと時間がかかることもあるでしょう。

4. 学習計画の立て方

簿記入門!日商簿記3級をとるための勉強時間や方法を紹介2

3級合格を勝ち取るためには、自分に合った方法で効率的に勉強することが必要です。ここでは、100時間の学習計画の異なるパターンを紹介します。

4-1. 短期集中型

長期間かけてコツコツと勉強するよりも、短期間に集中して学ぶほうが良いという人には、2週間程度で合格を目指す学習計画が適しています。100時間を約14日でこなすため、1日あたり7時間の勉強時間が必要です。

簿記を受けるまでの期間は、生活時間の多くを勉強に捧げることになります。フルタイムで仕事をしている人などがこれだけまとまった時間をとることは難しいでしょう。時間に余裕のある学生などに向いています。

学習の進め方は次のとおりです。まず、最初の1週間でテキストを読み込みます。初めて読むときは、1つの項目をすべて理解するまでじっくり読みこんでから次の項目にいく方法よりも、全体をざっと読んで流れをつかむほうが良いでしょう。そのあとに読み込みなおすと内容を理解しやすくなります。次の3日間は予想問題に取り組みましょう。

間違えたところは解説やテキストの該当箇所を読んで勉強しなおします。次から次へと多くの問題に取り組むよりも、1冊の問題集をやりこむほうが効果的です。次の4日間で過去問題に取り組み、試験に備えます。

4-2. 長期じっくり型

仕事や家事、育児などで忙しく、1日にまとまった勉強時間がとれない人も多いでしょう。その場合は、1~3カ月の長期計画で合格を目指しましょう。1日1時間だけしかとれないなら3カ月、3時間とれるなら1カ月ほどで100時間こなせます。ただし、期間が長くなるほどモチベーションを維持することが難しくなります。残業などで帰宅が遅れ、勉強を後回しにしているうちにやる気がなくなるというケースは珍しくありません。挫折を防ぐためには、毎日少しでも勉強するクセをつけることが必要です。勉強する習慣ができれば、やる気も持続しやすくなります。

最初の30~50時間はテキストを読み込む時間にあてましょう。次の10~20時間は予想問題に取り組みます。残りの20~30時間は過去問を解くのに使うと良いでしょう。短期集中型の勉強方法と同様、テキストを読むときはひととおり目を通してから読み込みなおすと内容をつかみやすいです。

予想問題や過去問題に取り組むときは、間違えた問題をチェックし、解説やテキストの該当箇所を読んで理解に努めましょう。時間をおいて再度挑戦し、全問正解するまで繰り返しましょう。

5. 勉強方法の選び方

勉強方法は、大きく分けて独学とスクールの2つがあります。好みや経済的な問題、環境などから選ぶと良いでしょう。ここでは、それぞれの方法を具体的に紹介します。

簿記入門!日商簿記3級をとるための勉強時間や方法を紹介1


5-1. 独学で学ぶ

市販のテキストや問題集を購入して独学で合格を目指すことも可能です。最も大きなメリットとして、テキストや問題集の費用のみでコストがあまりかからない点が挙げられます。また、スケジュールを自由に組み、自分のペースに合わせて学習を進められることも大きなメリットでしょう。

仕事で忙しい人でも、残業でできなかった項目を週末に集中的に取り組んで遅れを取り戻すなど柔軟に対応できます。さらに、自宅や図書館など好きな場所で勉強できる点もメリットです。

デメリットとしては、まず自分でテキストや問題集を選ばなければならない点が挙げられます。自分のレベルに合った内容でなければ、読んでもよく理解できないということになりかねません。また、わからないところがあっても周囲に訪ねられる人がいないこともデメリットと言えます。

自分で調べて解決を図らなければならず、効率的に学習を進めることが難しいため、合格まで時間がかかる可能があります。独学では勉強するのもしないのも自分次第なので、しっかり自己管理ができる人でなければモチベーションを維持できないことも多いです。

5-2. 資格スクールで学ぶ

多くの資格スクールで開講している簿記講座を利用して学ぶ方法もあります。最も大きなメリットは、効率的に学習できることでしょう。わかりやすく要点をまとめたテキストを使って指導を受けられ、わからないことがあったらすぐに訊ねて解決できます。試験に関する新しい情報を得られるのも、スクールで学ぶメリットです。

たとえば、簿記3級は2019年度の試験から出題範囲が大幅に改定されました。独学では、試験の新傾向にすぐに対応するのは難しいでしょう。スクールであれば、試験内容に変更があったときでもそれに合わせた指導が受けられます。共に学ぶ仲間や先生がいることで、モチベーションを維持しやすい点もメリットでしょう。

デメリットは、独学と比べるとコストがかかる点です。また、社会人や学生は仕事や学校のあとにスクールに通うのが大変ということもあるでしょう。

自分に合ったやり方で計画的に勉強しよう!

簿記3級に合格するために必要な勉強時間や勉強方法は理解できたでしょうか。簿記3級の合格率は毎年40%以上あり、きちんと学べば難解な試験ではありません。とはいえ、漫然と勉強していては合格するのは難しいでしょう。自分に合った方法で計画的に勉強することが大切です。3級を受験するかどうか迷っている人は、さっそく試験について確認してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:資格取得

★「簿記」に関する記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 日商簿記3級の合格率と難易度は? 勉強時間・勉強方法まで徹底解説!
  • 簿記2級合格に必要な勉強時間は? 学習計画をしっかり立てよう
  • 簿記2級の合格率は何%? 簿記2級を合格するための勉強方法教えます!
  • そもそも簿記ってどんな資格? 簿記の概要と資格取得のメリットを解説!
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • ただの主婦が東大院生に!? 人気ブロガー・ただっちが3か月で東大合格できたワケ

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • そもそも簿記ってどんな資格? 簿記の概要と資格取得のメリットを解説!

  • ただの主婦が東大受けた結果を発表します/ただの主婦が東大(52)

  • 昼まで寝ている主婦に子育ては無理だって?/ただの主婦が東大(3)

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る