資格取得

【社会人の大逆転勉強法①】AI時代を生き抜く「最強の武器」に! 不滅の勉強法

連載「社会人の大逆転勉強法~AI(人工知能)を超える人材になるために」の第1回目です。師匠・南極老人から教わった「勉強の心構え」について、最初にお話します。

何歳になっても役に立つ「ブレない生き方が身に付く勉強法」

私は、南極老人の教育方針を受け継ぎ、大学受験塾ミスターステップアップで10年以上受験生を指導してきました。

師匠からの教えと講師としての経験から確信していることがあります。それは、大学受験であれ、資格試験であれ、あらゆる勉強はスタート時の心構えで未来が決まる、ということです。

心構え次第で、勉強の経験が、数十年後までずっと活き続けることもあれば、数年後には全く役に立たない、ということもあるのです。

あなたはどんな未来を目指して「資格を取りたい」、と思いましたか? 何のために勉強するのか、取得した資格で誰の役に立ちたいのか、勉強は目的によって得られるモノが変わります。だからこそ、勉強を始める前に自分の心と向き合い、対話することは大切です。

「人工知能(AI)」が人間の仕事をこなす時代

近い将来、人工知能(AI)が完全に人間の知能を追い越すだろうと予測され、それに伴ってさまざまな問題が起こると言われています。その一つが、世の中にある仕事の大半が人工知能にとって代わられ、仕事がなくなってしまうことです。

すでに、その兆候は世界のあちこちで表れ始めています。たとえばアメリカでは、グーグルが運転手のいない無人自動車の実験に成功しました。交差点でも高速道路でも、アメリカ大陸を横断できたそうです。この技術が日本にも導入されるのは時間の問題です。そうなるとタクシーやトラックの運転手のニーズは激減するでしょう。

さらに、オフィスワークも人工知能に移行しつつあります。いわゆる単純作業的な事務仕事は、人工知能の得意分野。人工知能なら事務作業を一定のクオリティーで何時間でも続けることができ、人件費も安くすみます。

すでに4年前に中国でスマホを作っている会社の経営者が、労働争議を避けるために100万台のロボットの導入を決めた、というニュースがありました。またアメリカでは、株取引のほとんどは人工知能が行っており、新聞記事作成、裁判の証拠書類の読み込み、学校の試験問題の採点なども、ほぼ実用化の段階に入っています。日本でもコールセンターに人工知能を導入する企業が出てきました。

人工知能とそれにコントロールされるロボット技術の研究が今、猛烈な勢いで進められており、その範囲は多岐にわたります。ロボットが危険な作業を請け負ってくれる、という見方をすれば嬉しいことですが、その分、人間の仕事は減っていきます。そんな時代がやってきた時、あなたは、これまでと同じように仕事を続けていけると思いますか?

今は時代の変わり目です。だからこそ、今までと同じ勉強法では時代についていけません。人工知能にできること、できないことを知り、人間らしい想像力や創造力を発揮する、そして、どんな時代になっても社会に必要とされる自分へと成長する、そういった広い視野を持つことで多くのチャンスが訪れるのです。

専門を極めるのは「手段」、社会での活躍が「ゴール」

さて、「社会に必要とされる人」を目指すとなると、何を身に付ければいいでしょうか。たしかに、専門知識やデータを分析する能力は役に立ちます。そういった能力がある人は、認められ、出世もできて、人の上に立てるチャンスが多いかもしれません。

ですが、資格取得を目標にしても、資格を活かして活躍するイメージがないと、たとえ合格できてもうまく活かせません。そのため、もっと他の資格もとらなければ! と強迫観念に駆られてしまう人も多いのです。

とは言え、どう頑張っても知識量では人工知能には勝てませんし、知識を増やすことに偏ると、いずれ“頭でっかち”になって仕事の本質を見失ってしまいます。つまり、社会人が取り組むべき勉強法は、知識量を増やすことだけではないのです。

もちろん、知識は武器になります。目指すゴールは、知識に長けた人ではなく、その専門性を活かして周囲の人に役立ち、社会で活躍しているイメージです。お客様や同僚、上司など、目の前の人のために問題を解決したり、成長をサポートしたり、新たなビジョンを提示したり、影響を与える存在になることです。

そのためにも、日ごろからどんな知識や経験が周囲の人の役に立つだろうか、と考える習慣をつけてみましょう。それが、周囲の人の喜びと自分の喜びを一致させる頭の使い方であり、たとえ人工知能(AI)の時代になったとしても、第一線で活躍できる不滅の勉強法なのです。

(つづく)

大学受験塾ミスターステップアップ専任講師
大学受験塾ミスターステップアップ専任講師柏村 真至(かしむら・まさし)






柏村 真至(大学受験塾ミスターステップアップ専任講師)

カテゴリ:資格取得

大学受験塾ミスターステップアップ
https://mrstepup.jp/

【著者紹介】柏村 真至(かしむら・まさし)
大学受験塾ミスターステップアップ専任講師。京都大学文学部卒業。『E判定からの大逆転勉強法』と『E判定からの限界突破勉強法』を執筆。全国から問い合わせが殺到し、一躍カリスマ講師となる。

【書籍紹介】改訂版 E判定からの大逆転勉強法(著:柏村真至・武田康・村田明彦・南極流宗家/出版社:KADOKAWA)
累計10万部突破した『E判定』シリーズ。5教科を1冊にした決定版が新課程に対応!
本番に強くなる、やる気が持続する、苦手意識がなくなる! 偏差値40でも東大・京大に合格する方法を教えます!
「資格試験に合格した」などの喜びの声もあり、社会人の方にも役立つ内容となっています。

この連載をもっと読む
StudyWalker「資格取得」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • 資格一筋! ユーキャン社員に「できるだけ失敗しない勉強の極意」を聞いてみた【後編】
  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】
  • 【社会人の大逆転勉強法②】世の中に影響を与える人の「学び」の共通点
  • 多忙なITエンジニアがMBAのビジネススクールに合格したときに読んだ本とは?/小林敬明
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • そもそも簿記ってどんな資格? 簿記の概要と資格取得のメリットを解説!

  • 簿記2級合格に必要な勉強時間は? 学習計画をしっかり立てよう

  • ただの主婦が東大院生に!? 人気ブロガー・ただっちが3か月で東大合格できたワケ

  • ただの主婦が東大受けた結果を発表します/ただの主婦が東大(52)

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る