資格取得

忙しいリーダーや管理職でも「継続的」かつ「効率的」に勉強する方法/杉山友理

チームリーダーや管理職にステップアップすると、客観的な基準として資格取得という選択肢が考えられます。本記事では、リーダー像を目指す人に、効率良く勉強を継続する方法を紹介します。

「いかに知識を身につけたとしても全知全能になることなどはできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる」(by プラトン)

チームメンバーからキャリアを積んでチームリーダーや管理職にステップアップすると、与えられた仕事をこなすというものから部下に仕事を割り振ったり、スケジュール管理をしたりと働き方が大きく異なってきます。

これまでは自分が担当している範囲内の業務内容だけを理解すれば良かったかもしれませんが、今後はチーム全体を把握できなければなりません。そこで業務全体に関する幅広い知識が必要とされます。

書籍やセミナーで学ぶという選択肢もありますが、それだとどうしても受動的な学習になってしまい深く理解することが難しい。そこで主体的な学習で、なおかつ能力やスキルを証明する客観的な基準として資格取得という選択肢が考えられます。

実務経験、そして資格試験を通じて習得した体系だった知識。この両方を兼ね備えたプロフェッショナルこそリーダーや管理職に求められる資質の一つではないでしょうか。

本記事では、そのようなリーダー像を目指そうとする方々に対して、時間が取りづらい中でも効率良く勉強を継続するための方法を紹介します。

忙しい中でも学習成果をあげられる勉強方法

試験勉強したいと思っても時間が取れない、というのは誰もが持つ悩みです。試験に合格するまでには何百、時には何千ページの参考書を読破しなければなりません。業務に追われている中でそれだけの時間を確保するのは非常に困難なため、なるべく効率的に学習成果を上げたいところです。そこでおススメするのが問題集から解くという方法。

学校教育では、まず教科書を読んでその後に問題集を解く、という説明を十分に受けてから演習をするという流れで学んできました。資格試験においては参考書を読んでから問題集を解くという流れに対応するでしょうか。

しかし、これがとても非効率。説明されただけで実践に応用するのは難しいという理由の他、参考書には試験範囲を網羅するために概して頻出ではない項目まで掲載されているからです。

一方で問題集は参考書の中から特に重要な点のみ抽出して作成される傾向にあります。それは出題されやすいキーワードを学習者自身で解いてもらい、しっかりと記憶に定着してもらいたいからです。

参考書は機器の操作マニュアルのようなものです。操作マニュアルは全機能を網羅しなければならないため、ほとんど使われない機能も掲載されることになります。操作マニュアルは必要に応じて調べる辞書のようなものなので全部理解することにほとんど意味がありません。スマホやパソコンを触りながら覚えたという方も多いのではないでしょうか。

ゆえに無駄なく学習成果を上げる方法は、初めに問題集、そして分かりづらい箇所を参考書で適宜調べる、という今までとは逆のやり方。これにより、試験合格に必要な学習に絞ることが可能になります。

さて、問題集ファーストの学習方法をより深く知りたい方には『ずるい暗記術』が参考になるかと思います。本書は偏差値30から司法試験に一発合格した方の書籍です。イラストが多く、要所は太字にされているため読みやすい。電車などの移動時間だけでも読了できるボリュームです。

挫折せず学習を継続するためには

学習で難しいのは継続性。特に難関試験になると勉強が数ヵ月、数年に及ぶことにもなり途中で辞めてしまう人が続出します。日々の多忙な業務に追われているとどうしても学習のモチベーションが薄れてしまうようです。

諦めそうになった時には必ず原点に立ち戻ること。頑張って勉強しようと思い立った時の気持ちを思い出すように努めます。とはいえ、学習意欲が下がっている最中に原点に立ち戻るのは難しい。そこで挫けそうになった時に手元に置いておきたい本が『7つの習慣』。これはビジネス書のバイブルとも呼ばれるもので全世界2000万部売れているベストセラー本。

本書では人生を成功に導くためにはまず自分自身に関する私的成功を修め、次のステップとして他者を巻き込んだ公的成功を考えるべきである、と説かれています。他の人から信頼されるようになるには私的成功を修めるのが大前提。それを強く意識することで学習モチベーションを維持するのもひとつの手法でしょう。

さらに学習効率を上げるために

国語力を磨くことで学習効率の向上が期待できます。私自身が塾講師や家庭教師を経験してきた中で、伸びやすい生徒にはある共通点があることに気がつきました。それが読解力、すなわち国語力の高さです。

塾に通うにせよ独学するにせよ、参考書や問題集を一人で読んで理解する作業は避けられません。解説を読んでも理解できないという状況に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

読解力の高い人は解説を理解できるのは当然として、覚えた内容を咀嚼して類題に適応していきます。つまり、一を知って十を知るということ。勉強の仕方を「柱」と例えるならば国語力は「土台」です。この柱と土台を頑強にすることで試験合格への学習基盤が確立されます。

国語力向上で推奨するのが出口先生のシステム現代文シリーズ。これはレベル別にシリーズ化されています。

国語を一から学び直したいという方は『現代文の勉強法をはじめからていねいに』から、ある程度は自信があるという方は『出口のシステム現代文 ベーシック編』からはじめても良いでしょう。

特に『現代文の勉強法をはじめからていねいに』は漫画形式のため、勉強からしばらく離れていた方からも取っつきやすいと好評のようです。

最後に

本記事では、忙しい中でも勉強をする方法として高効率な学習法、挫折せずに学習を継続する方法、国語力の向上を通じて学習効率をさらに上げる方法、について紹介しました。

冒頭のプラトンの言葉通り、人生において勉強する人としない人とでは天地ほどの開きができてしまいます。皆さまも是非とも効率的な学習方法を身につけてキャリアップへと繋げてください。

杉山 友理

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】杉山 友理(すぎやま・ともよし)
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程終了。イギリス留学中ファウンデーションコースにてAAAの成績を取得。ITエンジニア・オンライン家庭教師。東京大学や東京工業大学等の難関大学・大学院、中小企業診断士やITストラテジスト等の難関資格試験の指導合格実績他、資格の合格体験記や勉強のやり方を紹介する資格キラーのブログ「blog.katekyonet.com」を運営。これまでに合格した資格試験数は50以上。資格対策用のAndroidアプリ問題集を開発し、Google Play Storeの教育ジャンルにて有料アプリランキング1位取得実績あり。

【書籍紹介】
『ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』
『7つの習慣-成功には原則があった!』
『現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS) 』
『出口のシステム現代文 ベーシック編』

あなたへのオススメ記事

  • 電話をしない、何でも自分でやってしまう……ありがちなチームリーダーのNG習慣とは?
  • ありがちな「PDCA」失敗パターンやってない? 改善すれば4倍速の成長も夢じゃない
  • 司法書士合格を引き寄せるたった1つの法則/一発合格の女神の司法書士①
  • 行政書士試験で自分の適性を測ってみよう!/杉山友理
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?

  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?

  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る