資格取得

平均合格率10%未満! 法律初学者でも挫折しない「行政書士試験」の勉強方法/杉山友理

行政書士試験合格のために、法律初学者でも挫折しないような行政書士試験学習のための勉強方法、特に試験勉強に入る前の学習基盤作りとはなんでしょうか?資格キラー・杉山さんに教えてもらいました。

行政書士試験は、法律系資格試験の中では比較的簡単と噂されることも多いですが、平均合格率10%未満の難関資格です。

試験範囲も、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学、一般知識、と幅広く、これまで法律に触れてこなかった受験生は法律の独特な言い回しや年ごとに変更される法改正に四苦八苦し、挫折する方も多いと聞きます。

本記事では、そんな法律初学者でも挫折しないような行政書士試験学習のための勉強方法、特に試験勉強に入る前の学習基盤作りについて紹介したいと思います。

法律を丸暗記しても試験は受からない

まず、これから行政書士試験に挑むうえでご理解いただきたいのは「憲法や法律を丸暗記しても試験に合格できるわけではない」ということです。

例えば、民法において「AはBに家屋を受け渡した後でBが登記前に死亡し、家屋を相続したBの子供Cが住むこととなった。その後、Aは別のDに家屋を受け渡し、Dは直ちに登記した。DがCに家屋を受渡すよう要求した場合、Cは家屋を手放さなければならない」という正誤問題が出題された場合、これと全く同じ条文が定められているはずがありません。

そこで、このケースに該当する法律および条文を整理し、時には解釈を踏まえて正答を導き出す。これが法律系試験の難しいところです。上記の場合は対象が不動産であること、そして二重譲渡のケースであることを判断し、民法177条が適用されることを見抜いて解答することになります。

また、過去に同様の判決がくだされていた事案の場合、概して当時と同じ処分がくだされます。このようなものを判例問題といいます。有名な重要判例が出題された場合は暗記で対応できますが、過去の判例を全て覚えるのはほぼ不可能です。そのため、条文を論理的に解釈し、明らかに矛盾した選択肢を除外するというテクニックが必要になります。

法律特有の用語や言い回しに慣れる

法律では「錯誤」や「善意」、「心裡留保」など。日常馴染みのない用語や、法律特有の意味を持つものが多く使われます。

例えば、民法94条2項の「前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない」、95条の「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない」

これらがスラスラと頭に入って来なければ、学習は捗らないでしょう。

膨大な量の参考書に加えて、独特で難解な言い回しが多く、これまで法律系試験を受験してこなかった方々にとってはハードルが非常に高い。そのため、法律用語に慣れる訓練を要します。

はじめに憲法、次に各法律の概略を知る

前述した通り、条文の暗記から開始するのは非効率。そこでおススメするのが初めに憲法、次に法律についての概略をおさえること。

憲法は最高法規でこれに違反するいかなる法律等は効力をなさない、とされています。つまり、法律の親分みたいなもの。しかし一方で、憲法は国家権力から国民を守るためにあり、法律は国家が国民に対してルールを定めるもの。似て非なるものです。

また、三権分立と聞かれて行政、立法、司法を思い浮かべられるかもしれませんが、さらにその目的、役割について自信をもって答えられるようにならなければなりません。統治機構の問題として行政書士試験で頻出ですし、何よりも憲法の基本を知らなければ応用問題に対応することができません。

このように概略を抑えた後で各法律を詳細に掘り下げていくと、法律間の関係などを理解しながら効率的に学習できます。

行政書士試験合格に向けて

法律に慣れ親しみ、憲法・法律の概略を理解できて、やっと行政書士試験の準備が整ったといえます。本記事ではサラッと簡単に説明しましたが、詳しく学びたい方は『日本一やさしい法律の教科書』をご一読ください。本書は、これから法律系に進む高校生や、法律を初めて学ぼうとする社会人向けに書かれているものなので大変分かり易く、入門書としておススメです。

本書の民事訴訟法と刑事訴訟法は行政書士試験の範囲ではありませんが、民事訴訟法には目を通しておいて良いかと思われます。民法の手続法である民事訴訟法の概略を知ることで民法の理解が進むからです。

条文や判例についても学びたい方は姉妹書に『日本一やさしい条文・判例の教科書』があります。条文を読む良いトレーニングになるため、そちらも読み進めると法律の理解が深まるでしょう。

さらに行政書士試験では法律問題の他、社会ニュースや国語の読解問題といった一般常識も出題されます。これらは一朝一夕の努力で何とかなるものではなく、日頃からニュースを読んだり、国語力を鍛えておく必要があります。国語力に関しては以前の記事でも紹介した『出口のシステム現代文』等を活用すると良いでしょう。

独学で学習する際にはインターネットサイトを参考するも良し、資格学校が出版している書籍一式をセットで購入するも良し。資格学校への通学や通信を利用されるのも選択肢のひとつです。自分の予算と時間にあった学習方法を選択し、是非とも合格を掴み取ってください。

杉山 友理

【著者紹介】杉山 友理(すぎやま・ともよし)
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程終了。イギリス留学中ファウンデーションコースにてAAAの成績を取得。ITエンジニア・オンライン家庭教師。東京大学や東京工業大学等の難関大学・大学院、中小企業診断士やITストラテジスト等の難関資格試験の指導合格実績他、資格の合格体験記や勉強のやり方を紹介する資格キラーのブログ「blog.katekyonet.com」を運営。これまでに合格した資格試験数は50以上。資格対策用のAndroidアプリ問題集を開発し、Google Play Storeの教育ジャンルにて有料アプリランキング1位取得実績あり。

【書籍紹介】
『日本一やさしい法律の教科書』
『日本一やさしい条文・判例の教科書』
『現代文の勉強法をはじめからていねいに』
『出口のシステム現代文 ベーシック編』
カテゴリ:資格取得

関連記事

  • 行政書士試験の「足切り」って何? 合格のために欠かせない勉強のコツとは
  • 独学で行政書士試験に合格する人が実践しているルールとは?/杉山友理
  • 扱う業務はなんと1万種超! さらにフィールドが広がる行政書士/資格トレンド
  • 行政書士試験で自分の適性を測ってみよう!/杉山友理
  • NEW
    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

資格取得の人気記事ランキング

  • 記憶力をアップさせたいなら「ゲルインキ」の青ペンがベスト/青ペン書きなぐり勉強法

  • 暗記がやみつきに! 脳に魔法をかける「青ペン記憶術」の始め方/青ペン書きなぐり勉強法

  • 暗記力を向上させるカギはノートの使い方にあった!/青ペン書きなぐり勉強法

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • みるみる効果が出る「青ペン&書きなぐり」のすごい力/青ペン書きなぐり勉強法

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る