資格取得

合格率10%以下! 凡人の私が「社労士試験」に短期間で合格できた理由/横澤有季

社労士試験に合格するためには、無駄のない勉強法を身につけ、試験の攻略にフォーカスすることが必須です。時短学習法アドバイザー&合格引受人の横澤有季さんに攻略法を教えてもらいました。

今回は、「1日2時間、9ヶ月で社労士試験に攻略できる理由」と題して、社労士試験を受けようとしている方向けのノウハウをお伝えいたします。

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は1000時間、合格率は10%以下と言われています。そんな難関資格の一つである社労士試験に、なぜ、私や私のクライアントは短期間で合格することができたのか。

その最も重要なポイントはふたつあります。ひとつ目は、闇雲に勉強に取り掛かる前に「勉強法」を身につけること。もうひとつは、「社労士試験の攻略にフォーカスする」ことです。

勉強に取り掛かる前に「勉強法」を身につける

ひとつ目の「勉強法」については、これまで私がスタディウォーカーで書いた記事の中で具体的に解説してきました(関連記事参照)。短期合格のための勉強法を身につければ、頭の良し悪しに関わらず誰でも短期合格が可能です。

もちろん、頭が良いに越したことはありませんが、私はそうではありませんでした。最初に勉強に取り掛かろうとテキストを手にしたとき、あまりにも膨大な知識量にめまいがしたほどです。

そこで私は、社労士試験に一発合格した人の合格体験記や、勉強法に関する本を読み漁りました。私のような凡人が仕事の合間に普通に勉強していたのでは、一発合格どころか、何年かかっても合格できそうにもないと感じたからです。本で紹介されているいくつかの勉強法を取り入れながら試行錯誤し、少しずつ勉強効率を上げていきました。更に、幸運だったのは、偶然出会った国家資格取得者から、目から鱗の勉強法の数々を教えてもらえた事でした。

それらのノウハウとコーチングのメソッドを組み合わせて体系化したのが、私が今お伝えしている勉強法です。もし、初期の段階で「勉強法を身につける」という発想を持つことができず、ただ闇雲に勉強に取り組んでいたとしたら、きっと未だに合格できないまま、劣等感と妥協の人生を送っていたに違いありません。

しかも、私の場合は勉強法が身につくまでに試行錯誤をしたため勉強を起動に乗せるのに時間がかかっていますが、最初から効率よく勉強法を身につけたことで、さらに短期間で合格できた人もいます。

社労士試験の攻略にフォーカスする

もうひとつのポイント、「社労士試験の攻略にフォーカスする」というのは、社労士試験ならではの特徴を知り、社労士試験の合格に必要なことだけをやる、ということです。

以前の記事でもお話ししたように、私は資格取得を手段としか考えていません。ですから、試験に合格する為に必要な知識以外は切り捨てる、くらいの割り切った気持ちで学習計画を立てます。もちろん、中には試験に出なくても実際の仕事では必要になる知識もあるでしょう。そういった知識は、資格取得後に必要に応じて勉強すればいいのです。そして、社労士試験ならではの特徴と、それに対する具体的な対策が分かれば、さらに勉強の効率は上がるというわけです。

では、社労士試験ならではの特徴とは何でしょうか?

社労士試験ならではの特徴1:捨て科目がない

ひとつ目は、「捨て科目がない」ということです。社労士試験は、択一式、選択式共に、各科目の合格基準点と、総合点の合格基準点の両方を満たさなければならないので、全科目を万遍なく身につける必要があります。そのためには、過去問等を中心としたアウトプットの勉強をしながら、全科目の復習を繰り返すことと、苦手科目を徹底的に潰し、苦手科目をなくすことが重要なポイントになります。

全科目を網羅するためには、各科目をインプットする学習初期には、週に2~3回はその週に勉強した内容を繰り返すというやり方がおすすめです。そうしているうちに、いつも間違えてしまう箇所、つまり自分の苦手が見えてきますので、その苦手の克服にも力を入れていきます。そして、直前期は、全科目を満遍なく繰り返すことで全科目を忘れないようにしながらも、苦手科目を潰していくという、両輪を同時に回していく必要があります。最終的には、各科目が合格基準点を満たすように、満遍なく点数が取れるかどうかの科目のバランスを意識した勉強をすることが重要になります。

社労士試験ならではの特徴2:暗記試験である

社労士試験ならではの特徴のふたつ目は、最終的には「暗記試験である」ということ。直前期に、「いかに数字や重要事項の細かい暗記ができるか」が、合格の鍵になります。ですから、直前期に数字や重要事項を詰め込むためには、それまでの準備が大切です。その準備とは、学習初期の各科目を学ぶ段階では、「内容理解」を重視した勉強を進めることです。

その方が、後々に効率的に暗記ができます。私達の脳は、全く知らないことよりも、すでに知っていることや理解できていることの方が何倍も効率よく記憶することができるようになっています。

また、直前期の詰め込み勉強の時に使うために、要点がまとまった教材を1冊用意しておきましょう。学習初期の段階から直前期を意識して教材を使っていきます。直前期には、暗記の準備が整った頭に、その教材の全てを詰め込むイメージです。

もうひとつ、社労士試験ならではの攻略法として覚えておきたいことは、「年金科目で総合点アップを狙う」ことです。厚生年金保険法と国民年金法は、各10点の配点がありますので、それぞれ8点を取れるようにしておくと、総合点アップのための強力な武器になります。ただし、年金科目は、勉強しなくなると、あっという間に解けなくなりがちな科目でもあります。ですから、「忘れないようにする」という目的で、8月にはできるだけ毎日、これまで行なってきた1問1答の過去問を10分ずつ程度解いておく、あるいは解く時間がなければ、読んでおくということを行うと良いでしょう。

以上、社労士試験ならではの特徴と対策をお伝えしました。

常に目的を意識して取り組む

最後に、これは全般において言えることですが、貴重な時間やエネルギーを無駄にしないために、いつも「目的を意識して取り組む」ということを心掛けてみてください。たとえば、「過去問を解く」という同じ行為でも、勉強をスタートしたばかりの頃は、「解けるようになる」という目的ではなく、「問題の傾向を知る」という目的で、ざっと過去問を読んだり、解いたりしますし、本試験直前であれば、「過去問の間違えたところを二度と間違えない」という目的で、過去問を目に写し込むということを行ないます。このように、常に「何のために行っているのか」を意識して行っていきましょう。

また、勉強を進めていくうちに、目の前の勉強の成績などに一喜一憂して「何のために社労士試験を受けるのか」という目的を忘れがちになるかもしれませんが、一番大事なのが「試験を受ける目的」ですので、あなた自身の目的を心に留めておきましょう。それがモチベーション維持にも役立つことでしょう。

私はいつも、資格取得の先のあなたの夢を応援しています。


横澤 有季

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】横澤 有季(よこざわ・ゆき)
難関資格専門 時短学習法アドバイザー&合格引受人。
大学卒業後、13年間にわたり、政府系金融機関、民間金融機関にて、役員秘書、総務、人事に所属し、労務関係、教育研修、採用などの業務に携わる。2009年に社会保険労務士試験を受験し、なかなか成績が上がらずに苦戦しながらも学習法を身に付けたことで、9ヶ月間の勉強で1回で合格をする。その後、コーチングを学んだことにより、社会保険労務士の受験経験とコーチングを掛け合わせた独自のメソッド「時短学習法とモチベーションらくらく管理メソッド」を確立する。社会保険労務士を初めて目指す方や不合格だった方から合格のための秘訣を教えて欲しいと聞かれるようになり、その秘訣を伝えて、学習方法のサポートしたところ、その方も社会保険労務士試験に1回で合格する。2014年に難関資格試験の学習法アドバイザーとして独立し、数多くの方に独自のメソッドを伝え合格者を輩出している。

■Blog:社労士試験に1日2時間で一発合格した難関資格勉強法

StudyWalker「資格取得」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • 思い通りにいかない…勉強時間の確保とモチベーションの保ち方/横澤有季
  • 難関資格に合格するために。誰にでも役立つ「王道の勉強法」/横澤有季
  • 資格取得のモチベーションを「負の感情」に頼ってはいけない理由/横澤有季
  • 「人生100年時代」のライフプラン実現を支えるFP/資格トレンド
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る