資格取得

“怠け者”タイプは向いているって本当? 中小企業診断士を取るべき人の共通項/杉山友理

中小企業診断士は、ビジネスパーソンが取りたい資格で上位にあげられることが多く、キャリアアップをしたい方にとっても大人気の資格です。

とはいえ、合格するまでに平均1300時間もかかると言われている難関資格試験。日本人の平均年間労働時間が約2000時間であることを考えると相当な努力を要する試験です。そのため、試験勉強に多くの時間を費やした末に「求めていたものとは違った……」という状況は、何としてでも避けなければなりません。

そこで本記事では、中小企業診断士に興味はあるけれども受験に踏み切れない人の手助けになれるよう、中小企業診断士を取るべき人の特徴をあげていきたいと思います。


「オンリーワン」の人材になりたい人

この見出しを見て、「おや?」と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。というのも、中小企業診断士は専門分野を極めるというよりは様々な分野を広く浅く横断した知識習得に向いており、専門家とはかけ離れているかの印象を持たれる傾向にあるからです。

ここで意識していただきたいのは、「オンリーワン」であり「ナンバーワン」ではないという点です。

オンリーワンというのは1人だけ、という意味であるため必ずしも専門家であることは求められません。中小企業診断士試験で学べるのは経営知識およびそれに付随する幅広い知識です。その知識は自分の専門領域と組み合わせることで強いスキルセットへと進化します。

例えば、人事で働いている人であれば、社会保険労務士のような労務のスペシャリストを目指しているかもしれません。社会保険労務士は全国に数万人以上もいるので、その中でナンバーワンになるためには努力の他にも才能や運が必要になってきます。

そこで、労務の知識に加えて経営視点が加わった場合を考えてみましょう。経営戦略を視野に入れた人事アプローチをできることは大きな強みになります。実際に採用の場では、経営者の思いが人事部長に伝わらず、社長の意向とは異なる人材を採用してしまうことがあります。さらに、従業員のモチベーションを向上させたり、採用コストを削減させたりするような人事施策を提案できる人は、企業にとって希少性の高い人材です。

このように、自分の専門分野に付加することで大きなシナジー効果を生みだせるのが中小企業診断士の特長です。複数スキルを組み合わせることで、他の人にはない自分だけのオンリーワンのスキルセットが完成します。

ナンバーワンではなく、オンリーワン。そのような視点でキャリアアップを図ろうとする人にとって中小企業診断士は強力な武器となり得ます。

仕事を丸投げしたいという怠け者

リーダー以上になって部下を持つようになると、部下がやるよりも自分がやってしまった方が早いことに気がつく人も多いと思います。仕事が期限までに終わらないという理由で部下の仕事を自分で全部やってしまうリーダーもいます。こういう人たちはとりわけ優秀で、プレイヤーとして大きな成果を残してきたことでしょう。

しかし、ビジネスに必要なのは役割分担。自ら手を動かす人もいれば、仕事を割り振る人もいます。中小企業診断士の主な役割は仕事の割り振り、とりわけ専門家への橋渡しです。そこで必要となるのが幅広い人脈です。

例えば、企業分析をした結果、会計に問題があることが分かり、公認会計士へ依頼する必要のある場合、まずは公認会計士を探すところからはじめなければなりません。苦労して探し出した挙句、その公認会計士と相性が悪かったということもあり得ます。普段から専門家との交流を深めるなどして、相性の良い、幅広い人脈を持つことは、中小企業診断士にとって強力な武器となります。

自分自身が手を動かさず、人脈を生かして仕事を丸投げできる怠け者タイプは中小企業診断士に向いているのではないでしょうか。


臨機応変に対応するのが好きな人

中小企業診断士試験で学べるのはあくまでも理論です。それをそのまま実務にあてはめたとしても上手くいくとは限りません。マニュアル通りの対応で活躍できるほど中小企業診断士の仕事は単純ではありません。

コンサルティングには4PやPPM等のフレームワークは存在しますが、これらを知っているだけで顧客の課題を解決できることは稀でしょう。コンサルタントは顧客の状況や課題に即した適切な対応をすることが求められます。

特に中小企業戦略では、自社の強みを生かす戦略が多くなります。企業の歴史も経営者の人格も千差万別です。その企業の歴史や経営者の人となりをよく知り、それらに適合した施策を提案する必要があります。ゆえに、マニュアル対応で解決できる案件に出くわす可能性は限りなくゼロに近く、常に臨機応変に取り組む姿勢が求められます。

このように、ケースバーケースで問題に取り組むことにやりがいを感じられる人は中小企業診断士の仕事を楽しめる人だと考えられます。


まとめ

以上より「臨機応変な対応が好きなオンリーワンになりたい怠け者」は中小企業診断士を取るべきでしょう。

取るべき人の特徴の裏を返せば取るべきではなに人。必要知識が非常に幅広く万能に思える中小企業診断士ですが、当然向いていない方もいらっしゃいます。

中小企業診断士になることはキャリアップの選択肢のひとつです。目的達成のための手段が資格試験であることを意識し、自分のやりたいことや適性を考えてキャリアプランを練ってみてはいかがでしょうか。


杉山 友理

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】杉山 友理(すぎやま・ともよし)
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程終了。イギリス留学中ファウンデーションコースにてAAAの成績を取得。ITエンジニア・オンライン家庭教師。東京大学や東京工業大学等の難関大学・大学院、中小企業診断士やITストラテジスト等の難関資格試験の指導合格実績他、資格の合格体験記や勉強のやり方を紹介する資格キラーのブログ「blog.katekyonet.com」を運営。これまでに合格した資格試験数は50以上。資格対策用のAndroidアプリ問題集を開発し、Google Play Storeの教育ジャンルにて有料アプリランキング1位取得実績あり。

あなたへのオススメ記事

  • 忙しいリーダーや管理職でも「継続的」かつ「効率的」に勉強する方法/杉山友理
  • 平均合格率10%未満! 法律初学者でも挫折しない「行政書士試験」の勉強方法/杉山友理
  • 取得したい資格1位! 難関「中小企業診断士試験」の効率的な勉強法/杉山友理
  • 経営全般に関する幅広い知識が身に付く中小企業診断士/資格トレンド
  • NEW
    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • ただの主婦が東大受験した結果は? 東大一次試験合格発表/ただの主婦が東大(41)

  • 引き寄せの法則のおかげ!? ただの主婦、ガチで東大受かっちゃう?/ただの主婦が東大(40)

  • 簿記入門! 日商簿記3級をとるための勉強時間や方法を紹介

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る