資格取得

行政書士試験で自分の適性を測ってみよう!/杉山友理

行政書士は単発の仕事が多いため、多くの顧客と継続的な関係を築くことが大切です。「資格キラーのブログ」運営の杉山友理さんが、行政書士に向いている人の性格や特徴を解説します。

「稼げない資格」と聞かれて行政書士を思い浮かべる人が多いようです。しかし、年収300万円以下の方々が多いと噂される一方で、年収1000万円以上、中には1億円以上稼いでいる人がいるとも聞きます。となると稼げない職業というわけでもなさそう。

稼げないイメージの理由って?

それではどうして稼げないというイメージがあるのでしょうか。行政書士が稼げないと思われている理由としては以下のものが考えられそうです。

・企業内行政書士という選択肢がない
・比較的合格が簡単な士業
・仕事が単発の依頼になりやすい

社労士や中小企業診断士と違って企業内でのポジションがない行政書士は、行政書士法人で働くか、もしくは開業しかありません。行政書士法人での求人数が限定的なことを考えれば、開業行政書士が大半を占めることになります。

開業したばかりの事務所が、年商300万円以上であることは稀です。この点を考慮すれば、必然的に平均年収は下がってしまうのでしょう。

また、取りあえず資格を取得すれば職を手にすることができると考えて、行政書士試験を受験する人も多いようです。弁護士や会計士と比較して、合格が容易そうな行政書士を選ぶ人もいるでしょう。

開業行政書士は、例えば飲食店を開業しただけで売上を確保するのが難しいのと同じように、開業前に綿密な経営戦略を練らなければ生き残れません。

特に、行政書士として稼ぐために理解しておかなければならないのがこの最後のポイントです。単発の仕事が多いため、多くの顧客と関係を持ち、良質なサービスを提供して継続的な関係を築くことが肝となります。

以上を踏まえ、本記事では行政書士に向いている人を考察していきます。

受け身ではなく営業活動ができる人

行政書士は、顧客を自分で探さなければなりません。飲食店と違って、行政書士事務所の看板を見て入ってくる人はほとんどいないでしょう。

そのため、自分自身で顧客のところに足を運んで地道に営業をしたり、広告を出してマーケティング活動をしたりすることになります。

大手企業は行政書士法人に依頼しているか、古くから付き合いのある行政書士に依頼すると考えられるため、開業行政書士の主な顧客は中小企業になります。余程の人脈を持っていない限りは、無差別に飛び込み営業やポスティングをすることになります。

そこで中小企業に特化したマーケティングを学べる中小企業診断士とのダブルライセンスは効果的です。マーケティング手法が営業活動に役立つことはもとより、経営コンサルから書類作成まで一括請負できるスキルセットは強力な武器となるでしょう。他にも中小企業診断士同士の人脈を使って顧客を探せるというメリットもあります。

また、試験対策に関しても中小企業診断士と行政書士のダブル受験はおススメです。会社法や商法、一般常識は重なる部分が多く、特に一般常識では労務管理や特許、情報システム関連について問われることも多いため、足切りを回避できる可能性が高くなるでしょう。

忍耐強く責任感がある人

行政書士として開業してもすぐに稼げるようにはなりません。営業活動を何月、何年も行なって、仕事の依頼を待ち続けられる忍耐強さが求められます。それは行政書士への仕事依頼が一年間を通して継続的になされるようなものではなく、許可申請等の単発案件が多くなるからです。

顧客の元に何度も足を運んで関係を築けたとしてもすぐに仕事につながることはあまりない。仕事の種を撒いておいて実になるまでひたすら待てる辛抱強さが肝心です。

また、行政書士の業務のメインは申請書作成です。申請書は複雑なものが多いため、そのような細かい仕事でも責任感をもってミスなくこなせる事務能力も求められます。

せっかく依頼がきても、仕事が雑で申請書類にミスがあったり、期限を守らなかったりするとすぐに仕事がなくなってしまいます。一度掴んだ顧客を離さないように質の高いサービスを提供して信頼を築いていかなければなりません。

仕事が来るまで待てる忍耐力、受けた仕事はシッカリとこなす責任感を持ち合わせてい人は行政書士に向いていると言えるでしょう。

応用力のある人

行政書士の業務は非常に多岐にわたります。単発の仕事が多くなる傾向にある行政書士は、仕事を選り好みしている余裕はありません。すると必然的に幅広く仕事を請け負うことになります。

営業許可や車庫証明、著作権、相続、農地転用許可、成年後見制度、そして建築業許可等、これら全ての関連法律をすべて覚えるのは難しい。そのため、法律の基礎知識を応用する力が求められます。もちろん、幅広くといっても広く浅くでは意味がありません。自分の強い専門分野を持ち、他と差別化しなければなりません。

応用力は行政書士試験においても試される能力です。暗記がメインと思われる傾向になる法律系試験ですが、その実かなりの応用力を求められます。設問で問われている事案に対してどの法律を適用すべきかを考えて答えを導くのが行政書士試験です。さらに一般常識の科目では文章読解力を試す問題も出題されるため、事案と法律を読み解いて解決に導けるスキルが求められます。

まとめ

行政書士には積極性、忍耐強さ、責任感、そして応用力の高さが求められます。特に応用力の高さは行政書士試験を通じて適性を測ることができます。

近年、行政書士試験の受験者数が右肩下がりで人気がなくなっています。数年前は7万人だったのですが現在は4万人ほど。しかし、人数が減ってきたというのはそれだけライバルが減ってチャンスともとらえられます。

行政書士に少しでも興味をもっている方は、行政書士試験の学習を通じて自分の適性を測るのはいかがでしょうか。

杉山 友理

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】杉山 友理(すぎやま・ともよし)
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程終了。イギリス留学中ファウンデーションコースにてAAAの成績を取得。ITエンジニア・オンライン家庭教師。東京大学や東京工業大学等の難関大学・大学院、中小企業診断士やITストラテジスト等の難関資格試験の指導合格実績他、資格の合格体験記や勉強のやり方を紹介する資格キラーのブログ「blog.katekyonet.com」を運営。これまでに合格した資格試験数は50以上。資格対策用のAndroidアプリ問題集を開発し、Google Play Storeの教育ジャンルにて有料アプリランキング1位取得実績あり。

あなたへのオススメ記事

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?
  • 行政書士試験の「足切り」って何? 合格のために欠かせない勉強のコツとは
  • 中小企業診断士試験の独学合格者が実行していること/杉山友理
  • 中小企業診断士を独学する人にオススメ!「過去問研究のコツ」/杉山友理
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士ってどんな仕事?/行政書士 はじめの一歩【TAC】①

  • 行政書士の“稼げる”メイン業務とは?/行政書士 はじめの一歩【TAC】②

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • 問題集はどんどん書き込んで使い捨てる!/できる人の勉強法⑨

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る