資格取得

エリートが集まる名門ビジネススクールが多数! イギリスMBAの基礎知識/川尻秀道

イギリスのMBAプログラムには、名門ビジネススクールが数多くあります。今回はイギリスMBAについて焦点をあて、期間や費用、求められる英語力など、その特徴を紹介します。

イギリスの大学といえば、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学のように世界的な名門校が頭に浮かぶ人も多いかと思いますが、イギリスのMBAプログラムにはその他にも世界中からエリートが集まる名門ビジネススクールが数多くあります。

MBA LoungeとしてもイギリスMBA留学相談会を月1回ベースで開催しており、参加者の方々へはイギリスのビジネススクールの特徴をお伝えしたり、個々の留学目的に合わせたプランの提案、そしてイギリス留学全般に関するお話をさせて頂いております。

今回は、イギリスMBAについて焦点をあて、その特徴や相談会でよく頂く質問に回答するかたちでご紹介します。

イギリスMBAの特徴

①イギリスMBAの期間
2年制のMBAプログラムが多いアメリカに対して、イギリスのMBAプログラムのほとんどは1年制です。MBA志望者は5年から10年くらいの実務経験を積んでいる場合が多く更なるキャリアアップを目指して入学してきます。

彼らの多くは1年という期間を「キャリアを中断する期間としては長すぎず、勉学に集中する時間としては短すぎない」と捉えています。

スクールによっては15ヶ月、18ヶ月、24ヶ月などフレキシブルに対応できるところもありますが、MBA Loungeの相談会に来られる人の多くは、なるべく早くMBAを取得したいと考える方々が多いです。

②イギリスMBAの費用
イギリスのMBAプログラムにかかる費用はビジネススクールによってはとても高額になります。生活費も特に住宅はロンドンになると高額になりますので、しっかりとした資金計画も立てておく必要があります。

学費では、イギリス屈指のトップビジネススクールであるLondon Business School(15ヶ月、18ヶ月、21ヶ月プログラム)で78500ポンド(約1154万円)、Judge Business School(Cambridge)(12ヶ月プログラム)は55000ポンド(約809万円)、そしてSaid Business School(Oxford)(12ヶ月プログラム)は57200ポンド(約841万円)と世界的にも高額な部類に入ります。

もう少し予算を抑えたいけれども人気スクールへ行きたいという人には、Alliance Manchester Business School(12ヶ月、15ヶ月、18ヶ月プログラム)で44000ポンド(約632万円)、Birmingham Business School(12ヵ月、21ヵ月、24ヵ月)で27000ポンド(約397万円)などがあり検討する価値がありそうです。

③イギリスMBAの英語力
アメリカやアジアなどのビジネススクールに比べて、イギリスのビジネススクールでは求められる英語力が比較的高めです。

私がイギリスのビジネススクール訪問時に各スクールのアドミニと打ち合わせでも、やはり英語によるコミュニケーション能力を重視している傾向が見られました。

様々な人種や言語が飛び交うアメリカは多少ブロークンな英語には寛容ですが、英語発祥の地であるイギリスはそこまで寛容ではない、という印象を持ちました。

トップスクールではIELTS(アイエルツ)7.5以上というスコアを求められますし、7.0なければ出願できるスクールも限られてきます。

また、IELTSだけではなく、インタビューでも英語によるコミュニケーション能力を見られることになりますので、にわか仕込みではないしっかりとした英語の基礎力を身につけておくことが大切です。

GMAT不要なスクールも

GMATはMBA受験には必須と思っている人も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。特にイギリスにはGMATが不要なスクールも多いです。

例えば、以下のビジネススクールでは2018年10月現在の情報では、GMATが不要となっているようです。

・Birmingham Business School
・Durham University Business School
・Cranfield School of Management Bradford
・Strathclyde Business School
・Liverpool Business School
・Bath University of Management School
・Lancaster University of Management School

しかしながら、それで入学が容易になった、と考えるのは大きな間違いです。これらのスクールでは、GMATがないぶん(逆に言えば、GMATで点数稼ぎができないぶん)、エッセイ、CV、インタビューが重要視されるということになります。

そのため、MBA留学の目的、将来のキャリアなどをしっかりと英語でアプトプットするだけでなく、エッセイの質問にも英語で論理的に回答していく能力が求められます。

相談会でよく聞かれる質問

よく聞かれる質問としては、例えば「私にお勧めのスクールはどこですか?」や「私はどのようなスケジュールで出願すればいいですか?」など、人によって回答が変わるような質問も多いです。

ここでは多くの人に共通する回答として、イギリスMBA留学相談会でよく聞かれる3つの質問についてご紹介します。

【Q:MBA取得後に現地で就職したいのですが可能ですか?】

A:一般的にイギリスでの就労ビザ取得はアメリカやアジアの国々に比べて困難と言われています。私が某ビジネススクールのアドミニに同じ質問をしたら、「ネイティブに近い英語力」と「プレゼンテーション力」がイギリスで就職を目指すなら不可欠だ、という回答が返ってきました。

そして最も重要なのは、圧倒的な専門的強みです。言うまでもなく雇用主は就労ビザサポートが不要な現地人の採用を優先します。雇用主がビザサポートをしてでも欲しい人材になるには、現地人を圧倒する強みがなくてはいけません。僅差ではダメです。圧倒的な強み。

これは、MBAだけでは不十分でしょう。いままでに培った専門知識や専門スキルにMBAを加えたもう一階層上(またはそれ以上)のスペックを身につけておくことが必須です。

【Q:英語試験はTOEFLとIELTSどちらがいいですか?】

A:個人的にはIELTSの方をおススメしています。TOEFLのスコアを受け付けているスクールもありますが、学生ビザで現地入りするには、ビザ申請のために結局IELTSを受験しなければなりません。

【Q:エッセイにはどんな質問が出るのですか?】

A:もちろんスクールによって様々ですが、絶対に抑えておきたいポイントは3つです。「①なぜMBAを取得したいのか?」「②なぜイギリスなのか?」「③MBA取得後のプランは?」。特に③はとても重要です。

◇ ◇ ◇

以上、イギリスMBAについて、理解頂けましたでしょうか?

これを機にイギリスに興味を持ち、更なるキャリアアップの選択肢としてイギリスMBA留学を検討して頂けるようになれば幸いです。

※データはすべて2018年10月現在

川尻 秀道

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】川尻 秀道(かわじり・ひでみち)
MBA Lounge 代表。
1978年1月生まれ。静岡県出身。少年時代は、勉強「普通」、スポーツ「普通」、顔「普通」。三拍子そろった普通の少年。あまりの「普通」の人生に危機感を感じ、人生最大のリスクを背負って2007年8月よりMBA国際認証トリプルクラウン校であるクイーンズランド工科大学(オーストラリア)のQUT Business SchoolへMBA留学。現在はMBA Loungeを運営。MBAでの経験、海外勤務や海外事業での経験から学んだ事を惜しみなくシェアし、クライアント様が第二のキャリアとして世界で活躍して頂くことに最高の喜びを感じる。

StudyWalker「資格取得」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • 女性だからこそ、海外でのMBA取得を目指すべき意外な理由/川尻秀道
  • オーストラリアMBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道
  • シンガポールMBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道
  • 香港MBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?

  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?

  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る