資格取得

教えて!「中小企業診断士」って独立後にどうやって稼ぐの?/杉山友理

他の士業に比べ、あまり独立のイメージがない中小企業診断士。そこで今回は、これまで合格した資格試験数が50以上にのぼるブロガー杉山友理さんが、中小企業診断士登録後に、独立して稼ぐにはどのような選択肢があるかを紹介します。

弁護士、司法書士、行政書士……

このような「士業」は、資格取得後の仕事が比較的容易に思い浮かべられるのではないでしょうか。

街を歩いていても、弁護士会とか司法書士法人とか行政書士事務所、なんてのは一度は見たことがあると思います。

では、中小企業診断士会や中小企業診断士法人、中小企業診断士事務所というのを見たことはあるでしょうか。

実際になくはないのですが、その数は極端に少ないのが現状です。

それでは中小企業診断士とはどのようにして稼いでいるのでしょうか。

本記事では、中小企業診断士の仕事の具体的なイメージがわかない人の手助けとなれるよう、診断士登録後に独立して稼ぐにはどのような選択肢があるかについて考えていきたいと思います。


選択肢① 公的コンサルタント

独立した多くの人が選ぶのが、公的コンサルタントと言われています。

公的コンサルタントとは、国や地方自治体などの公的機関で活躍する中小企業診断士です。有名どころではミラサポや商工会議所でしょうか。

そこで中小企業社長の経営相談にのったり、専門家派遣で民間企業に赴いて経営アドバイスをすることになります。

他にも、中小企業大学校等で講師をするといった選択肢もあります。

こうした公的コンサルの仕事は、公募や先輩からの紹介などで就くことができます。

公的コンサルのメリットのひとつとして、営業活動を積極的にしなくてもある程度安定した収入を得られることがあげられます。

日当は数万円程度が相場ですが、やはり稼ぎとしては不十分。そこで貯金を切り崩しながら経験を積み、実績を重ね、信頼を獲得してキャリアを築いていくことになります。

逆にデメリットは、大きく稼ぐことが難しいこと。公的コンサルタントの収入の出どころは税金なので当然といえば当然ですね。

こういう理由もあり、多くの人は次の紹介する民間コンサルタントへとステップアップすることになるかと思います。


選択肢② 民間コンサルタント

公的コンサルタントに対して民間企業を顧客とするものを民間コンサルタントといいます。

こちらのメリットとデメリットは公的コンサルタントとは裏表になります。

つまり、実力次第で大きく稼げる一方で、最悪無収入もあり得るということです。

中小企業診断士になっていきなり民間コンサルタントとして活躍できるような人はごく稀なため、まずは公的コンサルタントで経験を積んでいくことになります。

これまで公的と民間で分けて話を進めてきましたが、実際には公的・民間という区別なく民間コンサルタントをしながら公的コンサルタントとして安定収入を得ている方もいらっしゃいます。

一般的には、まずは公的コンサルタント、その傍ら徐々に民間コンサルタントの仕事を増やし、最終的には民間コンサルタント一本でいく、という流れでしょうか。

なのでもし将来民間企業から独力で案件を掴みとってバリバリ活躍したい、と考えているのであれば公的コンサルタントとしてただただ目の前の仕事だけをこなしていてはいけません。

安定収入を得ながら自身で民間コンサル契約を結べる下準備をしておくべきです。

具体的には、自身のホームページやブログを作成し、自身の経験やスキルをアピールしてブランディングしていくこと。

その上で、公的コンサルで出会った顧客に営業したり、人脈を活用して直接契約に繋げていくことが選択肢として考えられます。

ちなみに、中小企業診断士でブログやSNSを通じて情報発信している人は、非常に少ないと聞きます。

民間コンサルタントとしての活躍を考えているのであれば、このようなインターネット媒体が有用な営業手段であることを認識し、積極的に売り込んでいく姿勢が求められます。

選択肢③ 会社起業

最後は、会社起業です。独立診断士のような個人事業主ではなく、会社を設立するという意味だと考えてください。

これまでに紹介した公的コンサルタントと民間コンサルタントが中小企業診断士として独立しているのに対して、会社起業は中小企業診断士を手段としている点で大きく異なります。

あくまでも個人的な見解ではありますが、中小企業診断士試験を勉強する最大のメリットは自分の専門分野以外の幅広い知識、および経営ノウハウの習得だと考えております。

例えば、技術職に就いていて将来大きなことをやりたくて起業したいけれども、どうやって起業したら良いのか分からない、と思っている人はいるでしょう。

特に経営者になるためには会計に強くならなければならず、財務諸表の見方を知るだけでもかなりの自信がつくのではないでしょうか。


◇ ◇ ◇

中小企業診断士としての選択肢は、概して「公的コンサルか民間コンサルのどちらか」です。

しかし、ここで紹介した会社起業のように、独立の仕方は多種多様です。

中小企業診断士は独占業務がないと言われますが、その代わりに選択肢の幅が非常に広いというのが大きな魅力だと思います。

本記事が、「中小企業診断士を取りたいけど、どんな仕事をしているのか分からない」とお考えの方のイメージ作りに、少しでも貢献できれば幸いです。


杉山 友理

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】杉山 友理(すぎやま・ともよし)
東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程終了。イギリス留学中ファウンデーションコースにてAAAの成績を取得。ITエンジニア・オンライン家庭教師。東京大学や東京工業大学等の難関大学・大学院、中小企業診断士やITストラテジスト等の難関資格試験の指導合格実績他、資格の合格体験記や勉強のやり方を紹介する資格キラーのブログ「blog.katekyonet.com」を運営。これまでに合格した資格試験数は50以上。資格対策用のAndroidアプリ問題集を開発し、Google Play Storeの教育ジャンルにて有料アプリランキング1位取得実績あり。

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • “怠け者”タイプは向いているって本当? 中小企業診断士を取るべき人の共通項/杉山友理
  • 教材ごとにバラバラな解答に驚愕…「中小企業診断士」受験のリアル/杉山友理
  • 行政書士試験での「3つの苦行」を克服した体験談/杉山友理
  • 行政書士試験で自分の適性を測ってみよう!/杉山友理
  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • 東大入試本番で人生最大の粗相。未来の東大生たち、こっち見ないで〜/ただの主婦が東大(37)

  • 夫にバレるのが怖くて。こんな結婚生活、楽しくない/ただの主婦が東大(6)

  • 東大受験前夜、夫から大事な話が……オ・オ・オエ〜ッ!!/ただの主婦が東大(35)

  • 忘れ物で大パニック! 東大入試開始5分前に、アレを買いに行く/ただの主婦が東大(36)

  • 昼まで寝ている主婦に子育ては無理だって?/ただの主婦が東大(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る