資格取得

司法書士合格に必要な学習時間の“正解”は?/一発合格の女神の司法書士②

自己流で本当に合格できますか? 間違った勉強法では、お金も時間もムダにしてしまいます。司法書士試験合格の“最短ルート”を、『ゼロからスタート! 海野禎子の司法書士1冊目の教科書』の著者でLEC人気講師の海野禎子先生が大公開します(第2回)。

ズバリ「1日4時間」が最低ノルマ

司法書士の学習について、「1日何時間、勉強すればいいですか?」という質問は、毎年多くの受講生から投げかけられます。しかし、回答するのはなかなか難しい質問です。なぜなら、本1冊を読むスピードが人それぞれであるように、理解するスピードは人によって異なるからです。一律に「何時間」学習すれば安心とは言い切れないのです。

ただし、一発合格を目指す場合、一つの目安を提示することはできます。それは、「民法の学習には、最低でも1週間に24時間」という数字です。1日単位でいえば、1週間を6日として1日平均4時間となります。

この24時間には、受験予備校に通っているなら、その講義の時間をカウントしても構いません。1週間に24時間ですから、まったく勉強できない日があったとしても、翌日にそれを挽回すればよいのです。「週末の寝だめ」ならぬ「週末の勉強だめ」もアリです。もちろん、移動時間などのスキマ時間も立派な勉強時間になります。1週間にトータルで24時間勉強すればよいのです。

では、なぜ民法学習時なのかといえば、多くの司法書士試験受験生が民法から学習を始めることになるからです。そして、(これは数多くの受講生を観察してわかったのですが)民法の学習で勉強のペースがつかめると、たいていの人が2科目目以降、そのペースを維持して順調に勉強を進めていきます。

インプットを効率化すると直前期が圧倒的にラク!

ちなみに、勉強は長い時間すればいいというものではありません。合格のために押さえておくべき箇所を、いかに時間をかけずにインプットしていくかが重要です。

たとえば、1冊の本を4時間で読んだ人と、3日かけて読んだ人とでは、同じ本を読み終わったという点では両者に変わりはありません。ならば、より早く読めるに越したことはありません。これは勉強でも同じで、「1日10時間も勉強しました」というのは、決して褒められたことではないのです。

私は司法書士試験の受験生時代、LECの講師から与えられたノルマをいかに効率よく達成し、自由時間を生み出すかに必死になっていました。そして、ノルマをこなせばそれ以上は勉強はしませんでした。試験直前期を別とすれば、1日の勉強時間は4時間を超えていなかったと思います。

ただし、直前期の3ヶ月(4~6月)は違います。この時期は、勉強時間の「量」が絶対的に必要になってきます。実際、一発合格する受験生を見ると、この時期に1日10時間ほど勉強するのは決して珍しくありません。

そして、それまでの「効率重視」の学習に勉強の「量」が加わり、両者が見事に組み合わさって、驚くほど成績が伸びるのです。

「1日10時間」と聞くと、非常にしんどそうに思う人もいるでしょう。しかし、実はそれほどでもなかったりします。というのも、この時期の勉強の中心はアウトプット。具体的には、それまで必死にインプット(暗記)してきた知識を、過去問などの問題演習をしながら呼び起こし(アウトプット)、もう一度定着させる訓練を徹底的に行っていきます。そのため、インプットのときほど労力がかかりません。

インプットの作業を1日10時間やるのははっきり言ってしんどいですが、アウトプットならば意外とできてしまいます。合格した受講生に聞いても、「直前期のほうが勉強が楽でした」という人が少なくないのです。



海野 禎子(LEC東京リーガルマインド専任講師)

カテゴリ:資格取得

司法書士についてもっと知りたい方はこちら

【著者紹介】海野 禎子(うんの・さだこ)
慶應義塾大学文学部東洋史学科卒・学習院大学法科大学院修了。
1996年、大学3年生のときに司法書士試験に最年少合格。大学4年生の春から司法書士事務所に勤務。大学卒業後、2つ目の司法書士事務所に転職して司法書士実務経験を積んだ後、大手ノンバンクの法務部において債権回収業務に従事する。その後、1999年にLEC東京リーガルマインド司法書士専任講師としてデビューし、現在に至る。
講師歴は20年で、毎年多数の合格者を輩出している。2012年には横浜市において海野司法書士事務所を開業。

【書籍紹介】『ゼロからスタート! 海野禎子の司法書士1冊目の教科書』(KADOKAWA)
LECでの司法書士講師歴は20年以上。受講者から「一発合格の女神」と称賛される海野講師が、初学者に向けて司法書士合格への最短ルートを提示します。本書では、主要4科目にズバリ範囲を絞り、基本から徹底的に解説。1回目はざっと読み、2回目で復習を意識して読むことで、知識をしっかり定着させ、復習を効率化できます。これで受験の基礎固めはバッチリです。

あなたへのオススメ記事

  • 難関資格に合格するために。誰にでも役立つ「王道の勉強法」/横澤有季
  • 試験に受かる人・落ちる人はココが違う! 合否を分ける3つのポイント/資格トレンド
  • 司法書士合格を引き寄せるたった1つの法則/一発合格の女神の司法書士①
  • これでは受からない…司法書士残念受験者あるある/一発合格の女神の司法書士③
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 教えて!「中小企業診断士」って独立後にどうやって稼ぐの?/杉山友理

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 問題集はどんどん書き込んで使い捨てる!/できる人の勉強法⑨

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る