資格取得

どうして...? MBA留学を断念してしまう4つの理由/川尻秀道

キャリアアップや人生設計という動機があっても、途中でMBA取得を諦めてしまう人は意外に多いもの。今回はMBAアドバイザーの川尻秀道さんが関わってきた相談例から、MBA留学を断念してしまう4つの理由を紹介します。

MBA留学の動機として、「キャリアチェンジ」や「充実した人生設計」を挙げる人は多くいます。

そのような動機を持った人たちの中でも、私のところへMBA留学相談に来てモチベーションを高めるものの、けっきょく留学を断念してしまう場合もあります。

言うまでもなく、MBA留学実現には色々と大きな壁があるのです。

今回は、そんなMBA留学を断念してしまう4つの理由をご紹介します。

理由① 転職が決まった

私のところへいらっしゃる相談者の方の理由としてはこれが一番多いです。

多くの人は、MBA留学を目指す場合、同時に転職も選択肢のひとつとして考えています。

職場に満足できておらず、転職または留学でキャリアチェンジや人生設計を考えていたところ、先にいい転職先が見つかったというパターンですね。

自身のキャリアチェンジや人生設計にMBA留学が必ずしも必要不可欠な要素ではありません。

自分の力が発揮でき、将来のキャリアチェンジや人生設計に合致する職場に転職することができるのであれば、そちらを優先することに何ら問題はありません。

人によっては、一旦転職をしてキャリアを積んで、数年後にMBA留学を目指している方もいらっしゃいます。

理由② IELTS/TOEFLのスコアメイキングができない

ビジネススクールが求める英語力は様々ですが、多くのスクールでは最低でもIELTSで6.5、TOEFLで90点は必要になります。

これがなかなか達成できず、留学を中止してしまうというケースがあります。

私のところへ相談にくる方々のうち、英語があまり得意でないという人は、相談時でだいたいIELTS 5.0、TOEFL 70点くらいのケースが多いです。ここから1、2年かけてスクールが求める最低スコアまで頑張って上げていくというかたちです。

ただ、IELTS/TOEFLのスコアが取れなくても、MBA留学をあきらめる必要はありません。

IELTSやTOEFLで点数が取れなくても、とりあえず出願はしてみましょう。

では、IELTSやTOEFLで点数が取れずに出願したらどうなるのでしょうか?

その場合、エッセイ、推薦状、CV、インタビューが優れていれば、スクールから「〇月末までにIELTSで6.5を取れば合格とします」などという「条件付合格」をもらえる可能性があるということです。

合否を決定するのは、あくまでもエッセイ、推薦状、CV、インタビューなどです。

これらは、TOEFLやIELTSと違い結果が「数字」で出ないので、準備に時間をかけようとしない人が多いですが、合格を勝ち取るにはTOEFL、IELTSよりも大切な要素です。

理由③ モチベーションが維持できない

MBA出願は基本的に自分との闘いです。

準備期間も短くて1年、長い場合は3年以上を要することもあり、「自分は絶対にMBAを取得するんだ」と強く思っていないと様々な障害を乗り越えることができず心が折れてしまいます。

キャリアチェンジや人生設計のためにMBAが必要だ、と確信するならば、意地でもモチベーションを維持しつづけることが大切です。

その一つの方法は、一緒に励まし合ってMBAを目指す仲間をつくるということです。

MBAを目指す人や集まりやイベントというものは、私が主宰する「U29 Lounge」を始めとして、様々なところで開催しています。

地方在住でそのようなネットワークをつくることが難しい場合でも、ネットでのコミュニティに参加することもできます。

プレッシャーに負けずモチベーションを維持する方法を、自分なりに探してみてください。

理由④ 健康上の問題

私は相談者との対面打ち合わせの最後に「健康には十分気を付けてください」とよく言います。特に私の相談者の多くは、普段は激務に終われる猛烈サラリーマンが多いこともあり、留意しています。

MBA留学を中止する理由が、モチベーションや進路ではなく健康の問題というのは、一番悔しいではないですか。

自分でコントロールできる範囲は限られていますが、それでも自身の健康については、ある程度コントロールできます。

仕事や出願準備で忙しくても、規則正しい生活をしてバランスの良い食事と適度な運動に心がけることです。

MBA留学が唯一の選択肢ではない

MBA留学カウンセラーとして仕事をしている私が言うのもなんですが、充実したキャリアチェンジや人生設計を実現するためには、MBA留学が唯一の選択肢ではありません。

中止してしまう理由が自分の努力不足であった場合は論外ですが、MBA留学以外で自分が理想とするキャリアチェンジや人生設計ができるのであればそれはそれでいいのです。

MBA留学をしようかどうか迷っている人は、先輩方がMBAを中止してしまったこれらの理由を参考にご自身の選択の参考にしてみてください。


川尻 秀道

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】川尻 秀道(かわじり・ひでみち)
ラウンジグループ株式会社  代表取締役兼CEO 。
1978年1月生まれ。静岡県出身。少年時代は、勉強「普通」、スポーツ「普通」、顔「普通」。三拍子そろった普通の少年。あまりの「普通」の人生に危機感を感じ、人生最大のリスクを背負って2007年8月よりMBA国際認証トリプルクラウン校であるクイーンズランド工科大学(オーストラリア)のQUT Business SchoolへMBA留学。現在は、ラウンジグループ株式会社代表取締役兼CEOとしてMBA・大学院留学支援サイト「MBA Lounge」や留学準備とビジネスの会員制コミュニティ「U29 Lounge」などの事業を展開。「留学支援とビジネス教育を通じて『自ら行動し、自らの人生を豊かにできる』人財を育て社会に貢献する」ことをミッションに掲げ日々奮闘中。

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • オーストラリアMBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道
  • 女性だからこそ、海外でのMBA取得を目指すべき意外な理由/川尻秀道
  • 日本人がMBA留学する際につい失敗してしまう2つの落とし穴/川尻秀道
  • もしFacebook社がMBAを提供するビジネススクールだったら/川尻秀道
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 面白いとオカシイは紙一重。おいおい東大教授、どっちやねん!/ただの主婦が東大(25)

  • 東大の願書締め切り直前! 過労で滅亡しそうな主婦/ただの主婦が東大(26)

  • 東大教授は暗に示してる。「おかしい人」って私のこと?/ただの主婦が東大(24)

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 夫にバレるのが怖くて。こんな結婚生活、楽しくない/ただの主婦が東大(6)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る