資格取得

ファイナンシャルプランナーとは? 知っておきたい仕事内容と試験合格率

さまざまな場面で名前を聞くことの多い「ファイナンシャルプランナー」ですが、実際にはどんなことを専門とする資格なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、ファイナンシャルプランナーの資格に興味を持っている人に向けて、仕事内容や試験の概要、合格率について解説します。

ファイナンシャルプランナーとは?

「ファイナンス」とは財源や資金のことを指し、ファイナンシャルプランナーとは、生活とお金に関する幅広い知識を有する人のことです。自分のお金を理想的な人生設計のために有効活用したいと思う人は多いでしょう。

ただし、そうしたことを実現するためには幅広く専門的な知識が必要であり、それを補助するのがファイナンシャルプランナーです。言い換えると、相談者の夢や目標をかなえるためのプランを一緒に考えて実行をサポートする専門家です。略して「FP」と呼ばれる場合もあります。

具体的には、まず相談者の生活スタイルや価値観、資産や負債を含めた経済状況、家族構成などの総合的な情報を収集します。そして、今後のライフステージで想定されるライフイベントも踏まえて、長期的で総合的なアドバイスを行う仕事です。

ファイナンシャルプランナーが扱う分野

相談者の人生設計に携わるのですから、ファイナンシャルプランナーが扱う分野は多岐にわたります。

投資などの資産運用はもちろん、年金制度や社会保障制度、保険の仕組みについても知っておかねばなりません。日々の家計管理から教育や住宅資金、医療費、介護保険制度についても知識が必要です。

相談者の老後のライフ設計も踏まえて、遺言書の書き方などの相続関係や子や孫への贈与の仕方やかかる税金などにも精通しておく必要があります。

このほか、医療費控除や配偶者控除、所得税など、生活するうえで避けて通れないさまざまな税制の仕組みに関する知識も不可欠です。毎年のように更新されていくルールや制度も多くあります。

ファイナンシャルプランナーとして仕事をこなすためには、常に世の中の動きに対してアンテナを張り、最新の知識を身に付けておく姿勢が求められます。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリット

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することには多くのメリットがありますが、特筆すべきが次の3点です。

1つ目に、ファイナンシャルプランナーの知識を活かすことができる仕事がたくさんあることです。特に、銀行や保険会社、証券会社などの金融業界や住宅メーカーなどの不動産業界では、この資格が役立つことが多いでしょう。

このほか、企業の人事部門で働くうえでもアピールになる資格です。税制や法律に関する知識もあるため、税務署や法律事務所などへの就職を希望している場合も有利です。

さらに高度な専門知識を身に付けて、他の資格も取得することで、公認会計士や宅地建物取引士、社会保険労務士、税理士、中小企業診断士として活躍する道もあります。

2つ目に、ファイナンシャルプランナーの資格を生かして独立開業することが可能です。独立開業すると、企業で働くよりも高い収入が得られる場合もあります。

独立開業して収入を得る方法は主に次の3つです。まず、ファイナンシャルプランナーの資格を掲げてオフィスを構える方法です。相談者のお金に関する悩みや相談を解決し、最適なプランを提案することによって報酬を得ます。

次に、講師としてセミナーで講義を行う方法です。お金の運用方法や老後のための資産設計に興味を持っている人は多いため、安定的な集客が見込めれば大きな収入源となります。

最後に、専門知識を生かして書籍などを出版する方法です。

インターネットの普及により、誰でも簡単にブログやSNSで情報発信できる時代です。人気が出て知名度が上がれば本が出版できたり、個人としてさまざまな場面に呼ばれたりする可能性が高まります。

紹介した3つの方法を並行して行っていくことで、相乗効果も生まれやすくなります。ただし、独立を希望する場合は、ファイナンシャルプランナーの資格の中でも希少価値の高い上級資格を保有しておくことが大切です。

3つ目に、ファイナンシャルプランナーの知識は自分や家族の人生にも役立ちます。

たとえば、結婚したら保険に入るべきか、その場合はどのようは保険が良いのか、住宅ローンはどのような基準で選ぶべきかといった知識は自分や家族にも生かせます。子どもが大学に入るまでにかかる教育資金や老後の生活に必要な資金の目安がわかっていれば前もって準備することができ、将来への不安も軽減できるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの試験概要

ファイナンシャルプランナーの資格は、難易度に応じて「1級」「2級」「3級」の3つの等級に分かれ、それぞれに学科試験と実技試験があります。

3級と2級は、毎年1月、5月、9月の年3回、1級は9月の年1回のみ試験が実施されます。3級と2級は試験の実施日も同じです。

試験を実施している団体は、「NPO法人日本FP協会」と「一般社団法人金融財政事情研究会」の2つです。どちらが実施するものでも、合格すると「ファイナンシャル・プランニング技能士」の国家資格が得られます。

受験手数料は、級ごとに試験内容の費用が設定されています。

3級の場合は、学科と実技それぞれに3000円の手数料がかかります。学科と実技の両方ともマークシート形式で出題されます。2級の場合は、学科が4200円で実技が4500円です。学科はマークシート形式で出題され、学科は記述式で行われます。1級の場合、学科試験を実施しているのは「一般社団法人金融財政事情研究会」だけです。

受験手数料は、学科が8900円、実技が2万5000円です。「NPO法人日本FP協会」では、協会が認定しているCFP認定の資格があるなどの場合において、学科試験が免除されます。

「NPO法人日本FP協会」が実施する実技試験の手数料は2万円です。1級も、学科はマークシート方式、実技は記述式で行われます。

ファイナンシャルプランナー試験の合格率は?

ファイナンシャルプランナー試験では、いずれの級においても60%以上の点数を取れば合格となります。

ただし、合格率は受験する級によって大きく異なります。もっとも難易度の低い3級の合格率は、50~70%です。社会人をはじめ、学生や主婦など幅広い層が受験しています。

実務に直結するレベルとなる2級では合格率は35%まで下がりますが、合格率が10%以下の社会保険労務士や行政書士と比べると、国家資格の中では比較的挑戦しやすい資格です。

ただし、専門的な知識が必要ですので、2級以上の受験においては、独学ではなくスクールや通信講座などを利用することも検討しましょう。

2級を受験するために3級の資格が必ず必要となるわけではなく、2年以上の実務経験などでも受験資格は得られます。

まったくの未経験の立場からファイナンシャルプランナーを目指す場合は、まず3級から受験する流れが一般的です。

1級となると、合格率は10%前後とかなり低くなります。加えて、3級や2級と比べるとより本気で挑んでいる受験者が多いことが想定されます。

つまり、その中の1割しか受からない1級の試験は、かなり難易度が高いといえるでしょう。しかも、1級の場合は年に1回しか受験のチャンスがありません。できるだけ少ない年数で合格するためには、過去問題を何度も解くなどして入念に対策することが必要です。

仕事にも人生にも役立つ資格を取ろう!

ファイナンシャルプランナーは、さまざまな仕事へのチャンスが広がるだけでなく、私生活にも役立つ国家資格です。実務経験などを積んで上級の資格が得られれば独立開業への道も開けるかもしれません。

自分や家族の生活に直結する内容であれば興味を持って勉強できる可能性も高く、資格を持っておく価値は十分にあるといえるでしょう。初めての場合は、まずは入門編である3級から受験してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ネットで友達をつくれば、忙しい人でも資格取得できる!/寺本孝志
  • “怠け者”タイプは向いているって本当? 中小企業診断士を取るべき人の共通項/杉山友理
  • 「人生100年時代」のライフプラン実現を支えるFP/資格トレンド
  • FP合格を超ラクにする2つの勉強法とは?/LEC人気講師のFP講座①
  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

資格取得の人気記事ランキング

  • まさかの的中!? 東大入試本番での奇妙な体験/ただの主婦が東大(39)

  • 簿記2級の合格率は何%? 簿記2級を合格するための勉強方法教えます!

  • 夫にバレるのが怖くて。こんな結婚生活、楽しくない/ただの主婦が東大(6)

  • 簿記1級ってどんな試験?試験概要やメリットについて解説!

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る