資格取得

元祖早稲田塾流「絶対忘れない」勉強法が生まれた理由/青ペン書きなぐり勉強法

青ペンでノートに書きなぐるだけで、ハーバード大、東大、司法試験に合格! 『頭がよくなる青ペン書きなぐり勉強法』(早稲田塾創業者・相川秀希著)で、世界一シンプルな勉強法を学びましょう。今回は第1回目です。

現役合格の法則=人生成功の法則だ!

青ペン書きなぐり勉強法は、私たち早稲田塾が創業以来、貫いてきた哲学に裏打ちされた勉強法です。早稲田塾では、入塾した塾生たち全員に、「本物の勉強法ガイダンス ノート術・メモ術編」という冊子を配って、勉強法のガイダンスをしてきました。英語、現代文、日本史、世界史、数学……普通の予備校には、各科目のガイダンスはありますが、「勉強法そのもの」を教えているところは少ないようです。冊子の初めに記してあるのは、次の文言です。

「本物の勉強法ガイダンス ノート術・メモ術編のテーマは、『再現性の高さ』。この機会にしっかり身につければ、将来、ビジネスシーンでも通用する一生モノの技術となる」

ここで強調したいのは、「しっかり身につければ、将来、ビジネスシーンでも通用する一生モノの技術となる」という部分です。

大学に現役合格するための勉強法やノート術は、世の中にいくらでも存在します。一方、私たちが塾生たちに伝えているのは、志望校現役合格はもとより、大学生になっても、社会人になっても、社会人をリタイアしても、一生にわたり使える勉強法です。それが、青ペン書きなぐり勉強法なのです。

【現役合格と人生の共通点】
大学受験のための勉強法なんて、ビジネスパーソンになってからは役に立たない。もしかしたらあなたは、こう考えているかもしれません。しかし、それは違います。私たちは、現役合格の法則は、人生成功の法則と「相似形」であると考えています。現役合格も仕事も人生も、すべてが、

●期限がある中で成果を出す

ことの連続です。つまり、現役合格は、「期限がある中で成果を出す」ことが求められる、最初の関門なのです。私たちが、塾生と一緒になって取り組んでいるのは、彼ら・彼女らの人生における目標達成、つまり人生の成功です。それを実現するために、最適な手段として、大学での勉強があり、そのために大学受験があると位置づけています。

人生の成功と現役合格は相似形
人生の成功と現役合格は相似形

だからこそ、青ペン書きなぐり勉強法は、大人になってからも効果を発揮します。多くの早稲田塾生が、現役合格達成後も青ペンを手離しません。彼らは大学での勉強、社会人になってからも、ずっと塾でのガイダンスの内容を、まさに人生の成功のために実践し、社会の各方面で活躍しているのです。

青ペンは、受験生の間に口コミで広まった

青ペン書きなぐり勉強法が生まれたのは、私のこんな発想がきっかけでした。

「青という色は落ち着いた印象を与える。落ち着くということは精神的にも集中を導きやすいだろう。この色で書いたらどうか」と考え、塾生に「青ペン」を使うことを勧めたのです。

そこからは、もう私たちが「青ペン」を広める出番はありませんでした。塾生たちの間で結果が出て、「口コミ」でみるみる広まっていったからです。実は、この勉強法を考案した当時、これほどの成果が上がることは想定していませんでした。

一般的な予備校では、「他人はみんなライバル」かもしれませんが、早稲田塾生には、「現役合格はチーム戦」というマインドがあります。自分が「青ペン」で成績が上がれば、積極的に他の塾生に「青ペンやってみたらいいよ」と伝える。また、塾の自習室で隣に座った塾生が「青ペン」で勉強していたら「効果はどう?」と聞く。まさに口コミにより、青ペン書きなぐり勉強法は広まっていったのです。

当初、塾生たちの間で広まっていた青ペン書きなぐり勉強法は、高校で塾生以外の生徒にも広がっていきました。また、現役合格を果たした卒塾生が大学生になり、大学生にも知られるように。まさに、青ペン書きなぐり勉強法は、鐘が鳴り響くような勢いで、ムーブメントとなって塾生から塾生へ、塾生から高校生へ、高校生から大学生へ、そして社会人へと広がっていったのです。

【司法試験や昇進試験、記憶以外にも使える】
早稲田塾では創業以来、歴代の合格者12万人以上が「現役合格」を果たしてきました。また、2008年には超難関である米国・ハーバード大学に合格者を送ることができました。その他にも、東京大学、京都大学、早慶・上智をはじめ、難関大学に続々と進学しています。彼らの多くが、青ペン書きなぐり勉強法を実践し、合格を実現したのです。

繰り返しますが、青ペン書きなぐり勉強法は、「一生モノ」です。だから、限られた期限の中で成果を出すものであれば、なんでも使えます。たとえば、司法試験などの資格試験、TOEIC、TOEFLなどの語学の勉強、昇進試験、スキルアップの勉強、仕事で出す企画・アイディア用のノートやメモ、会議・ミーティングなどのインプットなどに応用できます。私たちが創業から研究に研究を重ねた一生モノの「現役合格の法則」を、ぜひ人生の成功に使ってみてください。

相川 秀希(早稲田塾創業者)

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】相川 秀希(あいかわ・ひでき)
早稲田塾創業者(ファウンダー)、株式会社アドミッションズオフィスCEO。1958年生まれ。早稲田大学法学部卒業。大学2年生時に、現役合格の専門塾「早稲田塾」を設立。「本物の勉強法」ガイダンスを行う中で、青ペンを使った勉強法を考案。この「青ペン書きなぐり勉強法」が塾内外に広がっていった。グローバル化教育にいち早く取り組み、「英単語道場」の開発を皮切りに、米国『TIME』、英国『nature』と特別ライセンス契約を締結。

【書籍紹介】『頭がよくなる青ペン書きなぐり勉強法』(KADOKAWA)
難しいルールは一切なし。青ペンでノートに書きなぐるだけ。記憶力がアップする。勉強すればするほど、やる気がわいてくる。どの情報を選び、どの情報を捨てるべきかがわかる。コミュニケーション力が底上げされる。何歳からでも、脳が若返る。「青ペン書きなぐり勉強法」が、あなたの潜在能力を解き放つ!

あなたへのオススメ記事

  • 暗記力を向上させるカギはノートの使い方にあった!/青ペン書きなぐり勉強法
  • みるみる効果が出る「青ペン&書きなぐり」のすごい力/青ペン書きなぐり勉強法
  • 記憶力をアップさせたいなら「ゲルインキ」の青ペンがベスト/青ペン書きなぐり勉強法
  • 暗記がやみつきに! 脳に魔法をかける「青ペン記憶術」の始め方/青ペン書きなぐり勉強法
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • 問題集はどんどん書き込んで使い捨てる!/できる人の勉強法⑨

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • シンガポールMBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道

  • 総まとめ! ふつうの会社員がMBA取得を目指す方法/川尻秀道

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る