資格取得

メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

テレビやYouTubeで大人気のメンタリストDaiGoは、勉強家としても知られています。今回は、その勉強の極意をまとめた書籍『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』(学研プラス)を紹介します。

メンタリストDaiGoといえば、テレビでカードゲームをして負けなし、仕草から相手の思考を読み取るプロというイメージがありますが、実は慶應義塾大学卒業という高学歴の持ち主です。

しかも、本を1日20冊読む超読書家。

1ヶ月じゃないですよ? 1日ですよ?

つい「本当に読んでるの?」と疑いたくなってしまうレベルです。

最近では、心理学を応用した仕事、恋愛、生活に役立つ動画を配信し、YouTubeやニコニコ動画でも人気のメンタリストDaiGo。

あのすごすぎる心理学の知識は、どうやって学んだのか?

著書『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』で学んでいきたいと思います。

勉強方法が具体的すぎて素晴らしい

まず読んでいて思ったのは、「超具体的な勉強方法だけが紹介されているな」ということです。

特に面白かったのは、アクティブラーニングの説明です。

アクティブラーニングとは、

“名前が示す通り、積極的(アクティブ)に学習(ラーニング)に取り組んでいく手法のこと。授業を聴きながらノートをとるような受け身の姿勢ではなく、進んで頭を使いながら学ぶ、これがアクティブラーニングの定義”(P.35)

とされています。また、アクティブラーニングの効果として、

“数十年におよぶデータの蓄積があるテクニックであり、多くの実証データでも「効果が高い勉強法はアクティブラーニングの要素を含む」との結論が出ています。”(P.35)

と書かれています。

これらを解説していくのが本書なのですが、特にDaiGoさんがメインで実践している2つのアクティブラーニングについての説明が多めです。

DaiGoさんが実践しているアクティブラーニングは、大きく分けると

・想起
・再言語化

の2つに分類されます。今回は、想起・再言語化から一つずつ簡単にテクニックを紹介します、


【早期のテクニック「インターリービング」】

“インターリービングは、「はさみ込む」や「交互に配置する」といった意味を持つ単語です。ここから転じて、スポーツや音楽などの世界では、一回の練習時間のあいだに複数のスキルを交互に練習する手法を指すようになりました。”(P.64)

異なるジャンルの勉強を交互に行なうことによって、新しい発想も生まれやすくなり、応用力の効く思考が身につきます。


【再言語化のテクニック「ティーチング・テクニック」】

“自分が勉強した内容を他人に説明してみる手法です。”(P.98)

この方法は、確かに非常に効果がありそうだなと思いました。

僕は最近、半年ほど英語学習を行なっているのですが、副詞の理解がどうしても曖昧なんですね。副詞の問題で間違うたびに「はあ、そういうものか」という状態でした。

こういったことは僕だけではなく、「言われれば理解できるけど、毎回間違ってしまう」みたいな状況は、みなさんも多いんじゃないかと思います。

しかし、説明する前提で理解をすれば、この微妙な「わかっているのか、わかっていないのか?」という状況を脱することができそうですよね。

ちなみに、説明する他人がいないという人には、”ラバーダック勉強法”(P.101)という手法もあります。これは、

“モニターの前に置いたアヒルのおもちゃにコンピューター・プログラムを指し示し、「このコードにはこんな意味があって‥‥‥」など一行ずつ説明していきます。”(P.102)

しっかり説明さえすれば、その対象は人ではなく、アヒルのおもちゃでも良いということです。

効率が悪い勉強法を避ける

本書の中では、新しい勉強方法だけではなく、世間で推奨されているが、科学的にみると本当は効率が悪い勉強の事例も紹介されていたりと、目からウロコな学びが多かったです。

効率が悪いと紹介されているのは、

“1. ハイライトまたはアンダーライン
2. 語呂合わせ
3. テキストの要約
4. テキストの再読
5. 集中学習
6. 自分の学習スタイルに合わせる
7. 忘れる前に復習する” (P.17)

の7つ。

多くが、塾や学校で推奨されているものですが、ではなぜこれらがダメなのか?

それぞれがダメな理由についての本書の解説には、「なるほど……!」とうなずかされました。ぜひ本書を読んでみてください。

納得できる勉強方法が必ずみつかる一冊

本書では上級者向けの学習習慣や、DaiGoさんのオリジナルの方法を含め、20以上の具体的な学習習慣が紹介されています。

すべての勉強法を実践できる人は少ないと思いますが、何か1個でも自分にハマる学習方法が見つかれば、学習効率が劇的にアップすることでしょう。

また、とっつきづらい心理学的な要素も図解の使い方が非常に上手でスラスラ頭に入ってくるので、さすがメンタリスト! と言いたくなるような素晴らしい本でした。

精神論に終始せず、科学的根拠・引用元がしっかり書かれているのも嬉しかったです。

現在、大学受験や語学習得、資格試験のために学習している方は、一度この本を読んでみると劇的な効果を得られるかもしれません。

タロログ

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】タロウ
実は零細会社の社長。最近は底辺YouTuberとして積極的に底辺コンテンツを生み出している。漫画は年間100冊ぐらい読むが、ビジネス書は年間10冊ぐらいしか読まないので、ビジネス書をちゃんとレビューできるか不安。暖かい目で見守ってください。
■Blog:タロログ
■YouTube:タロチャンネル

【書籍紹介】『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』(学研プラス)

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 話題のビジネスモデル、あなたはどれぐらい知ってる?/タロログ
  • 米名門大学がガチ調査! 人はマインド次第で成功できるか?/タロログ
  • 共感の声続出! なぜ「バカな人」とつき合ってはいけないのか/タロログ
  • 英語学習の継続も「習慣」が10割/タロログ
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?

  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?

  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る