資格取得

ウェブ解析士の取得に必要な費用は? 会社に負担してもらえる?/峰岡孝平

ウェブ解析士には種類があり、種類ごとに必要な費用が異なります。今回は、上級ウェブ解析士の資格を持つ峰岡孝平さんが、ウェブ解析士資格の3種類を取得するためにかかる費用について紹介します。

ウェブ解析士とは

まず、「ウェブ解析士」について簡単にご説明します。

ウェブ解析士とは、一般社団法人ウェブ解析士協会が運営する資格で、2009年からスタートしています。

当初はウェブから得られるアクセス解析を中心とした内容でしたが、現在では得られるデータの数や種類も増えたことで、ウェブに関わる事業全体を解析の対象とした内容に変更されています。

ウェブ解析士は3つの資格に分かれており、「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」と、後者になるにつれ、より実践的な内容となっていきます。

以下、ウェブ解析士の取得に際しては、3つの資格ごとに費用が異なるため、それぞれに分けて説明していきます。

ウェブ解析士取得にかかる費用

ウェブ解析士の中で初級にあたるウェブ解析士は、2つの受験タイプが選択できます。

①認定講座を受講して学習し受験する場合
②公式教材で独自に学習し受験する場合

ウェブ解析の経験がない場合、①を選択するのがおすすめです。

それぞれの費用内訳は以下の通りとなります。

a)認定講座費用 10,800円(税込)
b)試験費用 17,280円(税込・認定費用含む)
c)公式テキスト 4,320円(税込)

そのため、①の場合であれば、a)b)c)の合計金額が必要となり、②の場合はb)c)の合計金額が必要となります。

上級ウェブ解析士取得にかかる費用

上級ウェブ解析士の場合は、講座受講と受験費用がセットとなっており、一律86,400円(税込)となります。

認定講座は2日間の開催となり、両日とも1日約5時間となっています。2日目の講座受講後、2週間以内に終了レポートの提出が必要です。

ウェブ解析士マスター取得にかかる費用

ウェブ解析士マスターも、上級ウェブ解析士同様に、講座受講と受験費用がセットとなっています。

受講料は324,000円(税込/認定試験費用込)となっており、全6回のコースとボリューム感たっぷりの講座となっています。

2日目、3日目、4日目にそれぞれ試験が用意されており、資格取得のハードルは高めの内容となっています。

費用は会社負担? 個人負担?

会社の業務として資格が活かせるのであれば、会社に一部でも費用負担してもらう方向で考えると良いと思います。

ウェブ解析士は、資格試験に合格すると「ウェブ解析士名簿」に登録されます。その際に、会社名やURL、実務実績などを登録することができ、会社のPRをすることができます。

また、ウェブ解析士名簿サイトから、直接お問い合わせを受け付けることもできるため、この辺りのメリットを利用することで、個人のスキルアップ以外にも、会社への費用負担を検討してもらう材料にすることができると思います。

資格補助の金額が会社によって決まっている場合、ウェブ解析士の資格であれば、テキストは自己負担、試験費用は会社負担など、部分的な負担をお願いすることも可能だと思います。

◇ ◇ ◇

いかがでしたか?

費用の高い・安いについては個人によって見解が異なると思いますが、会社への費用負担を検討してもらうことが不可能なわけではないということがお分かりいただけたかと思います。

失敗を恐れず、まずは資格取得に向けて一歩踏み出すきっかけになれば幸いです。

峰岡 孝平

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】峰岡 孝平(みねおか・こうへい)
1985年生まれ。愛媛県出身。大学卒業後、株式会社アービンズに入社。10年にわたり窓口、開発、ディレクションまで幅広い業務をこなす。動画で人材育成を支援する「MOVE ON」開発責任者。2011年に初級ウェブ解析士(当時)、2012年に上級ウェブ解析士の資格を取得。2017年、株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズによるSmart Communication Award 2017にて「500 Startups Japan」受賞。Googleのクラウドサービス「GCP」のユーザーグループであるGCPUG愛媛の運営、Tableau四国ユーザ会の運営を行い、四国へのサービス普及に努める。Tableau Desktop Qualified Associate。Google Certified Associate G Suite Administrator。松山大学では、特別講師を務める。

※参考リンク
一般社団法人ウェブ解析士協会

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ウェブ解析士の取得方法とは? 学習期間や難易度は?/峰岡孝平
  • 「ウェブ解析士」の資格は仕事のやり方を大きく変えた/峰岡孝平
  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?
  • 中小企業診断士試験の独学合格者が実行していること/杉山友理
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?

  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?

  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る