資格取得

ウェブ解析士の試験は、どんな問題が出るの?/峰岡孝平

「ウェブ解析士」の資格試験には、どんな問題が出るのでしょうか。今回は、上級ウェブ解析士の資格を持つ峰岡孝平さんが、ウェブ解析士資格取得のための試験問題攻略方法について解説します。

ウェブ解析士は、選択形式の問題が基本

今回は、ウェブ解析士の中でも”初級”に相当する「ウェブ解析士」にフォーカスして紹介していきたと思います。

ウェブ解析士の問題は、基本的に選択形式の問題です。問題文章が提示され、正しいものを選択する、間違ったものを選択する、といった形式や、正しいものには○を、間違ったものには×をつけるという形式のものもあります。

選択肢は4つ提示されていることが多いです。問題の7〜8割は知識的な記憶を問われ、残りの2〜3割が計算によって答えを求めるものになっています。

個人的には、知識的な問題を先に回答し、残りの時間で計算問題に取り組むのがおすすめです。

計算問題も選択肢形式ですが、自分が出した計算結果が選択肢にない、なんてことも起こるため、思ったよりも時間がかかることがあります。より確実に回答できる問題から先に解いていくことをおすすめします。

8つの章テーマからまんべんなく出題

続いて、出題内容と計算問題対策について触れておきます。

2019年度版のテキストでは、以下の8章構成となっており、それぞれの章からまんべんなく問題が出題されます。

第1章 ウェブ解析と基本的な指標
第2章 現状分析とKPI
第3章 ウェブ解析の設計
第4章 インプレッションの解析
第5章 エンゲージメント・間接効果の解析
第6章 オウンドメディアの解析
第7章 ビジネス戦略ごとの重要な用語と指標
第8章 レポーティング

計算問題の対象となるのは、「第2章 現状分析とKPI」の部分で、様々な指標を算出する問題となっています。

例えば以下のような問題です。

「現在売上500,000円のウェブサイトがあります。このウェブサイトの売上を600,000円にするためには、流入を何件にしなければならないか答えなさい。」

この問題に対して、現在の流入数や客単価、CVRが示されており、客単価、CVRは変わらない前提で、流入数を計算して求めるような問題です。

計算問題の攻略法

計算問題を確実に解いていくために、2つのポイントがあります。

1つ目は、各用語の意味を理解することです。上記例題の通り、計算問題にはCVRといった3文字の略語が出題に含まれることが多々あります。その単語が何を意味しているのかを理解することが必要です。

CVRはコンバージョンレートの略称で、流入数に対して商品を購入する割合、といった様な感じです。なるべく自分の言葉で説明できる様にしておくと、問題が何を求めようとしているのかをスムーズに理解することができると思います。

2つ目は、解き方(計算式)を理解することです。何を求める必要があるのかが理解できれば、それをどういった計算式で算出するのかを知ることが必要です。

学習の順番としては、このうち用語の理解に多くの時間を割いたほうがいいと思います。

計算問題が解けない理由の多くは、計算式が分からないからではなく、何を求めようとしているのかが理解できないからだと思います。

意味の理解を深めるために、各用語を身近なものに置き換えて理解するやり方もおすすめです。

私の場合はスポーツが好きなので、CVRは野球でいう打率だと理解するようにしています。打席数に対してヒットが打てる割合といった具合に、自分の身近にあるもので置き換えることができれば、たくさん出てくる3文字の略語も理解が進むと思います。

効率的な学習のために

いかがでしたでしょうか? ウェブ解析士の勉強を効率的に学習を進めていくためには、何が理解できていないかを知ることが大切だと思います。

漠然と分からない、難しいと止まったり諦めてしまうのではなく、1つの問題文章のどの部分が理解できて、どの部分が理解できないのかを分解し、整理することが大切だと思います。

その整理整頓ができてしまいさえすれば、問題が解けるようになるまでもうあと少しです。

どんなに難しいことも、きっといつか分かるようになる日がくると思います。自分の思考を整理整頓しながら、学習を進めていきましょう!

峰岡 孝平

カテゴリ:資格取得
【著者紹介】峰岡 孝平(みねおか・こうへい)
1985年生まれ。愛媛県出身。大学卒業後、株式会社アービンズに入社。10年にわたり窓口、開発、ディレクションまで幅広い業務をこなす。動画で人材育成を支援する「MOVE ON」開発責任者。2011年に初級ウェブ解析士(当時)、2012年に上級ウェブ解析士の資格を取得。2017年、株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズによるSmart Communication Award 2017にて「500 Startups Japan」受賞。Googleのクラウドサービス「GCP」のユーザーグループであるGCPUG愛媛の運営、Tableau四国ユーザ会の運営を行い、四国へのサービス普及に努める。Tableau Desktop Qualified Associate。Google Certified Associate G Suite Administrator。松山大学では、特別講師を務める。

※参考リンク
一般社団法人ウェブ解析士協会

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「ウェブ解析士」の資格は仕事のやり方を大きく変えた/峰岡孝平
  • 中小企業診断士試験の独学合格者が実行していること/杉山友理
  • 中小企業診断士を独学する人にオススメ!「過去問研究のコツ」/杉山友理
  • 教えて!「中小企業診断士」って独立後にどうやって稼ぐの?/杉山友理
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 支払いはカードで! の場合の売上げ計上はどうなる? 「クレジット売掛金」/簿記3級新出題区分まとめ(2)

  • お金はどこからやってくる?「株式会社の資本」の成り立ち/簿記3級新出題区分まとめ(1)

  • ウェブ解析士の資格を取得すると、仕事の進め方はどう変わる?/峰岡孝平

  • “過去問だけ”はアウト! 行政書士「民法」で点を取る秘訣/行政書士レジェンドの合格戦略④

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る