資格取得

身近な法律家、行政書士の仕事内容は? 司法書士、弁理士との違い

法律系の資格には、さまざまなものがあります。弁護士や司法書士などがありますが、その中でもおすすめしたいのが行政書士です。行政書士という職業を聞いたことはあっても、どのような仕事か知らない人も多いでしょう。

この記事では、行政書士の仕事内容や同じような士業との違い、行政書士の魅力などについて詳しく解説します。

行政書士は何をする人?

行政書士とは、各種書類の作成・代理と相談を受けることを仕事としています。行政書士が作成や相談などを受ける書類には、3つの書類があります。

まずは、「官公署に提出する書類」です。官公署とは簡単にいえばお役所のことを指します。各省庁や都道府県庁、市区町村の役場、警察署などがこれにあたるでしょう。官公署に提出する書類のほとんどは、許可や認可に関するものだといわれています。

たとえば、飲食店を開きたい人から相談を受けて、飲食業許可申請書などを作成、提出するのです。許認可関係の書類は膨大で、1万種類を超えるともいわれています。また、許認可の際におこなわれる聴聞会や意見陳述のための手続きなどの代理も、行政書士の仕事です。

2つ目は、権利義務に関する書類です。これは、権利があることを主張したり、権利を発生させたりするための書類になります。また、権利の変更や消滅させる場合にも、書類が必要になるのです。具体的な例をあげると、賃貸借契約書や消費貸借契約などの契約関係の書類、遺産分割協議書や内容証明、告発状や嘆願書などになります。

最後は、事実証明に関する書類です。この世に存在している、もしくはしていた事実について、書類を作成します。たとえば、実地調査に基づいて図面を作成する、事実に基づいた議事録の作成、会計帳簿、申述書などがこれに当たるでしょう。

行政書士はさまざまな書類の作成を担当しますが、すべて法律に則った形で作成することが求められます。また、依頼者の主張をしっかりと書類に反映させる、より良い結果に導くために、話をよく聞くことや適切なアドバイスをすることも重要なのです。そのため、書類作成だけでなく人と話すことも多い職業になります。

行政書士に似た法律系の国家資格は?

行政書士は、法律系の国家資格でありながら、受験資格不問の資格です。そのため、どのような人であっても受験することができるのが特徴でしょう。同じように、法律系の国家資格で受験資格不問のものは、司法書士や弁理士といった資格になります。

行政書士と司法書士の違い

司法書士とは、主に裁判所や法務局、検察庁といった公官庁に提出するための書類を作成することになります。具体的には、企業もしくは個人から依頼を受けて、不動産売買などに必要となる各種登記の代行、会社の設立といったことについて、書類を作成します。

また、2004年からは訴訟代理や法律相談などもおこなえるようになりました。ただし、訴訟関連の仕事をするためには、法務大臣指定の法人で研修を受けて認定をもらう必要があるので、注意しましょう。

司法書士は、受験資格は不問ですがその合格率は極めて低くなっています。合格率は3%未満という狭き門なのです。しかし、受験料も高くなくダメもとで受ける人も多いため、合格率が低くなっているという側面もあります。ただし、合格するためには幅広い法律の知識が必要になるため、しっかりと受験対策をおこなって弁業をすることが重要になるでしょう。

同じように、書類を作成したり代行したりする行政書士と司法書士ですが、それぞれに扱う書類が違います。行政書士にしか扱えない書類、司法書士にしか扱えない書類があるのです。

行政書士にしか扱えない書類としてはまず、役所あての認可手続きが挙げられます。建設業許可や飲食業許可、介護事業申請など、なんらかの事業をおこなう際の書類は行政書士が扱います。

次に、外国人関係手続きです。その名の通り、外国人が申請する際に書類になります。在留資格認定証明書交付申請や永住許可申請などがこれに当たるでしょう。

3つ目は、自動車関係の手続きです。自動車登録や車庫証明、運送事業許可といった、自動車に関係する書類の作成や代行は行政書士の仕事になります。

司法書士にしか扱えない書類は、会社設立の登記手続きと相続関係の手続きです。会社設立や相続の場合、途中段階までは行政書士・司法書士双方が対応可能となっています。しかし、登記の段階になると司法書士しか扱えなくなるのです。

行政書士と弁理士の違い

弁理士とは、特許関係の出願手続きやコンサルティングをおこなう職業で、特許関係のスペシャリストともいえるでしょう。新技術や新商品を開発したとき、そのアイディアやデザインが競合他社のものと被っていないか、流用されないかといったことが問題になります。

弁理士は、企業や個人から依頼を受けて、特許申請の手助けをしたり同様のアイディアが考案されたりしていないか、出願することで利益になるかどうかを調べたり検討したりするのです。そのうえで、申請書類を作成して特許庁に出願をおこないます。特許の出願だけでなく、他社の特許権の効力の有無を争う場合に、審判の手続きを代行するのも弁理士の仕事です。

弁理士は誰でも受験することができますが、特許に関する深い知識がなければ合格することはできません。弁理士の試験は、筆記試験と口述試験に大別されます。筆記試験の中でも、論文式は軽い勉強をした程度ではどうにもならないのです。基本から徹底的に学習して土台を固め、知識を増やしていくことが重要になるでしょう。

行政書士と弁理士は、まったく異なる資格です。行政書士は許認可や権利関係などの幅広い書類の作成などをおこないますが、弁理士は産業財産権の専門家となっています。そのため、両者は引き合いに出される資格ではありません。

しかし、弁理士試験を受ける際に、行政書士の資格を持っていると免除制度を利用することができます。行政書士の資格を持っていると、論文式試験は免除対象になるのです。そのため、一般受験者に比べると非常に有利に試験を受けることができるでしょう。

行政書士資格の魅力とやりがい

行政書士の魅力はなんといっても国家資格であり、社会的な信用が得られることが挙げられます。

国家試験は、国が定めた知識やスキルを備えていることを証明するものになります。そのため、社会的な信用が非常に高く、安定した雇用や収入を得られやすくなるのです。行政書士の資格を持っていることで、就職や転職が有利に働く可能性も高いでしょう。

また、行政書士は独立開業する際に役立つ資格です。ビジネスをおこなう場合には、信用が第一になります。行政書士の資格があれば顧客から信用され、ビジネスがうまく進むことも考えられるでしょう。

業務が幅広いため、やりがいがあるのも魅力です。行政書士は、役所関係や権利関係、事実証明に関する書類などの作成・代行をおこなう仕事です。単純な書類仕事のように思えますが、幅広い分野の問題解決に役立てる職業になっています。

さまざまなトラブルに対応して手助けしていくことで、色々な分野を開拓することができますし、経験を積むことで専門分野を確立することもできるでしょう。

幅広いフィールドで活躍できる行政書士

行政書士は、法律に関する書類作成や相談を受けることが仕事です。開業や営業に必要な許認可申請だけでなく、相続や離婚といった個人的な問題に関することなど、扱う分野が幅広いのが特徴です。高齢者が増加している関係で遺産関連の業務も増えていますから、多くの仕事があるでしょう。

誰でも受験ができますので、法律関係の資格を取りたいのなら、まず行政書士にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:資格取得
★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 独学でも合格できる? 行政書士資格試験に向けた学習方法
  • 行政書士の平均年収は約600万円⁉ 収入アップの方法を解説
  • 転職に役立つ? 副業にできる? 行政書士の資格を最大限に活かす方法
  • 行政書士ってどんな仕事?/行政書士 はじめの一歩【TAC】①
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • 問題集はどんどん書き込んで使い捨てる!/できる人の勉強法⑨

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • シンガポールMBAを検討している人が知っておきたい基礎知識/川尻秀道

  • 総まとめ! ふつうの会社員がMBA取得を目指す方法/川尻秀道

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る